†ヽ(-"-;) No matter what may happen,I will beleive my willpower !?ヽ(-"-;)Ω南無南・・ Ωヽ(-"-;)南無南
本日の結果そして戦術について  投資

寄り引けは+110円、レンジは+10円でした。


レンジは従来の戦術ですが馬鹿な売りかたをしたもんだと(^^;
実に勿体無いことをしました。


レンジの決済は基本的に裁量としていますがこの辺り再考の余地が
ありそうです。

マーケットの優位性を考慮した結果、コンセプトは「逆張り」、そして「ボックス」。それらを常に意識してポイントを配分しています。

また今の戦術もその相場観に合わせたものです。
寄り引けとレンジを合わせた戦術というのはナンピンシステムに他ならない
と思っています。

マーケットのトレンドがはっきりするまではしばし有効ではないかと
期待しています。








0

本日の予想レンジ  野球 ボクシングetc

2007/5/2

昨日の結果
寄り引け-140
レンジ+30


NYダウ工業株30種 13,136.14 (+ 73.23) 1日 16:00 終値
S&P500種 1,486.30 (+ 3.93) 1日 16:00 終値
ナスダック 2,531.53 (+ 6.44) 1日 16:00 終値
NY金($/トロイオンス) 677.30 (- 6.20) 1日 16:00 終値
NY原油($/バレル) 64.40 (- 1.31) 1日 16:00 終値


CME17330

サイコロ41.67
MACD-23
STC%K11.67
STC%D27.27
基準線17415
転換線17470
先行1ス1717.50
先行2ス17415.00
騰落82.2
PER21.10
東証イールドスプレッド-2.80
為替119.73
裁定買い残3兆8324億
25日移動平均線乖離-1.0%
NT倍率10.20
HV14.46%
信用評価損率-7.81
-------------------------------------------------------

-5 ― +5にて評価(今の時間帯)


前日の指数の変動率
+1
NYの変動率(寄り着き後に対して)+0.56%
+1(cmeが小甘いため)
NYに対する出遅れ度
+3
為替
+1
NT倍率(ただ銀行などが上昇するとこの値は変化しますので注意)
-2
騰落レシオ
+2
グローベックス
0
裁定買い残
+1
東証新安値97
0
新興株指数
0
短期線の動向
-1
オシレーター(ストキャスなど)
+1
一目均衡表
-1

東証PER
-1

企業業績の動向
アジアマーケットの急変
バスケット取引
(特に800-900億前後の時の優勢度、700億フラットでも大きく動く時がある600億
程度ならば微妙か500億でも売り決めが多ければ影響がある)
SQ値17658.72
外人動向
テクニカル(ストキャス、MCD、一目均衡表、移動平均線。NT倍率 騰落レシオ)
板(4/19記 ここのところ前場の有効度が低下している、後場の有効度は逆に拡大)
個別(新日鉄、ソフトバンク、銀行株、任天堂、トヨタ、半導体製造装置)
マーケットの傾向
(例えばSQ以前は後場持ち直す傾向が続いたがSQ後は変化したとか?)

優先順位を点数化した結果
マイナスポイントは-5p
プラスポイントは+10p
-------------------------------------------------------
本日もプラスポイントが上回りました。
よって寄りつき買い17200円前後があれば買い増しとなります。
昨日のように異様に高く始まらないことを願います。
外人動向が大幅売り越しであればレンジ売買においては
17100前後で買い増しに変更となる可能性があります。

予想レンジ
高値上限17650±50円
高値下限17550±50円

安値上限17200―17250円前後それぞれ±50円
安値下限17000―17100円前後±50円(アジアマーケットで急変があった場合,
企業業績でネガティブサプライズがあっ場合)
0




AutoPage最新お知らせ