†ヽ(-"-;) No matter what may happen,I will beleive my willpower !?ヽ(-"-;)Ω南無南・・ Ωヽ(-"-;)南無南
寄り付き  野球 ボクシングetc

9時40分

寄り付きはイメージよりかなり安く始まりました。
これによりレンジBC両方入る可能性が高まったと見ています。

とりあえずレンジCの買いが入っていますので後はレンジBの売りが入るか
否か?

ただアジアマーケットは注視しないと。
0

本日の予想レンジ  野球 ボクシングetc

5/29
この数日前場段階の指値がことごとく蹴られています、寄り着きで売買していれば良かったと
思うことが多いのですがここは我慢と自分に言い聞かせています。
方向性がでない間はシビアにした方がいいでしょう、焦りは禁物ですから。


サイコロ50.00
MACD+18
STC%K56.25
STC%D47.37
基準線17530
転換線17570
先行1ス17377
先行2ス17415
騰落83.5
PER19.01
東証イールドスプレッド-3.44
為替121.66
裁定買い残3兆7000億
25日移動平均線乖離+0.35%
NT倍率10.20
信用評価損率-9.73
東証新安値44
-------------------------------------------------------

-5 ― +5にて評価(今の時間帯)


前日の指数の変動率
-1
NYの変動率
0
NYに対する出遅れ度
+2
為替
+1
NT倍率(ただ銀行などが上昇するとこの値は変化しますので注意)
0
東証イールドスプレッド-3.522
+2
騰落レシオ
0
グローベックス
0
裁定買い残
+1
東証新安値
0
新興指数
+1
短期線の動向
-1
オシレーター(ストキャスなど)
0
一目均衡表
0
東証PER
-1
セオリー
0
アジアマーケット
-1?

企業業績の動向
バスケット取引
(特に800-900億前後の時の優勢度、700億フラットでも大きく動く時がある600億
程度ならば微妙か500億でも売り決めが多ければ影響がある)
SQ値17611.74
外人動向

個別(新日鉄、ソフトバンク、銀行株、任天堂、トヨタ、半導体製造装置)
マーケットの傾向

優先順位を点数化した結果
マイナスポイントは-4p
プラスポイントは+7p
-------------------------------------------------------

本日もプラスポイントが上まりましたが大きな差がないためレンジに期待したいと思います。
外人動向を注視したいと思います、外人は政変を嫌いますので。


予想レンジ

高値A17750±50円
高値B17600±50円

安値C17500±50円
安値D17400±50円

本日もレンジBCの設定に全てがかかっているような気がします。
本日の実質的な寄り着きは10時半でしょうか、国内に政局不安が芽生えれば
波乱のリスクもあるでしょうがそこまでは想定していません。
昨日開けた17540円の窓はそれほど遠くない日に埋めるのでは?
0

まーレンジ的に言えば  投資

本日は負けでしょう。

CゾーンからBゾーンに行くのはいいのですがそこからAゾーンに
行ったことで本来は負けです。

レンジ売買においては本来AとDはあってはならないゾーンであって
(月に一回かあって2回程度を想定)、そこで張り付いたということは
私の想定の甘さです。


ただ、これでゾーンを甘くする気は毛頭ないです。
何故なら始動をかなりシビアにしているからです。

始動かレンジ、どちらかを甘めにしないとマーケットに参加できる
機会が激減してしまうでしょ?


今は、レンジをやや甘めに設定するべきだと見ています。
今のマーケットは簡単にはレンジをブレイクできないですから。




0

その時代時代の相場師の数  投資

一体どれくらいいるのだろうと考えることがあります。
50人かそれとも100人か?
中国での株式口座は1億もあるそうな、GSなどの外資を含めたり、それを考慮するともっと
果てしなくいるとも思える。

ですが私が思う相場師の数はほんのわずかかでしかないです。
相場に生き相場に殉じる覚悟を持った人達のこと。しかも彼らは
誰にもない才能を持っていなければならない。

私が相場師を名乗る間はそのことに対して・・・・・・
・・・・・今は止めよう、自分がみじめになるだけだ。


今回、月間トータルで500円幅くらいは取れると期待して新たに挑戦してみました。
スタートの月にいきなりずっこけてしまいましたがまだまだ挑戦してみたいと
思います。

今は雌伏の時、私の再挑戦への旅路はこれからです。







0

レンジの弱点  投資

15時5分

レンジの弱点はブレイクされることではなくマーケットが動かない
ことだと思っています、本日後場はまさにその展開でした。

ブレイクされるくらいの変動相場待望!

(笑)

本日はレンジのみ+20円でした。






0

この時間帯  野球 ボクシングetc

13時20分

レンジBで売っていたものの担がれていましたが何とか帰還できて
ほっと一息ついています。

ただこの17600円弱から17550円前後で売りを出すのは中途半端、またレンジの法則に
反するのでしばし様子を見ています。

多少変動があるのを待つのも一興でしょう。
板も17560円以下は今のところやや買い優勢だしね。


0

本日の予想レンジ  野球 ボクシングetc

NYダウ工業株30種 13,507.28 (+ 66.15) 25日 16:00 終値
S&P500種 1,515.73 (+ 8.22) 25日 16:00 終値
ナスダック 2,557.19 (+ 19.27) 25日 16:00 終値
米10年国債 4.867 (+ 0.02) 25日 17:00 終値
米30年国債 5.006 (+ 0.01) 25日 17:00 終値
NY金($/トロイオンス) 655.30 (+ 2.00) 25日 16:00 終値
NY原油($/バレル) 65.20 (+ 1.02) 25日 16:00 終値


CME17545

サイコロ50.00
MACD+66
STC%K23.08
STC%D54.49
基準線17530
転換線17570
先行1ス17377
先行2ス17415
騰落84.4
PER19.01
東証イールドスプレッド-3.522
為替121.76
裁定買い残3兆7000億
25日移動平均線乖離-0.51%
NT倍率10.19
信用評価損率-9.73
東証新安値108
-------------------------------------------------------

-5 ― +5にて評価(今の時間帯)


前日の指数の変動率
+3
NYの変動率
-2
NYに対する出遅れ度
+2
為替
+1
NT倍率(ただ銀行などが上昇するとこの値は変化しますので注意)
0
東証イールドスプレッド-3.522
+2
騰落レシオ
0
グローベックス
0
裁定買い残
+1
東証新安値
0
新興指数
+1
短期線の動向
-1
オシレーター(ストキャスなど)
0
一目均衡表
-2
東証PER
-1
セオリー
0
アジアマーケット
-1?

企業業績の動向
バスケット取引
(特に800-900億前後の時の優勢度、700億フラットでも大きく動く時がある600億
程度ならば微妙か500億でも売り決めが多ければ影響がある)
SQ値17611.74
外人動向

個別(新日鉄、ソフトバンク、銀行株、任天堂、トヨタ、半導体製造装置)
マーケットの傾向

優先順位を点数化した結果
マイナスポイントは-7p
プラスポイントは+10p
-------------------------------------------------------

本日もプラスポイントが上まりましたが大きな差がないためレンジに期待したいと思います。


予想レンジ

高値A17750±50円
高値B17600±50円

安値C17450±50円
安値D17350±50円

本日はレンジBCの設定に全てがかかっているような気がします。
一旦は17610円の窓を埋めるかも知れませんがその状況での板に注目したいのと
アジアマーケットの動向が引き続いて気がかりです。
NYも金利がじわじわと上昇しており今週末の雇用統計次第では波乱の可能性が
あると思いますので注意が必要でしょう。

ただ、感覚的なものですが、アジアマーケットが落ち着いた展開であれば本日くらいは堅調であってもいいのかな?とも思えます。
寄り引けには参加しませんが本日は前場の早い段階では基本的に買いバイアスで
臨みます、外人動向次第ですができればCME以下17500円に近いところが
狙い目でしょうか?


0

優位性順位を変更しました  野球 ボクシングetc

1企業業績の動向
2バスケット取引(特に800-900億前後の時の優勢度)
3前日の指数の変動率
4NYの変動率
5為替
6アジアマーケットの急変動
7板
8テクニカル(ストキャス、MCD、一目均衡表、などからチョイス)
9NT倍率
10騰落レシオ
11個別(新日鉄、ソフトバンク、銀行株、任天堂、トヨタ、半導体製造装置)
12グローベックス
13マーケットの傾向(例えばSQ以前は後場持ち直す傾向が続いたがSQ後は変化したとか?)
14SQ値17611.74
15外人動向
16新興株指数
17東証新安値数
18需給
19一目均衡表
20東証PER



1アジアマーケットの急変動
2バスケット取引(特に800-900億前後の時の優勢度)
3前日の指数の変動率
4NYの変動率
5為替
6個別(新日鉄、ソフトバンク、銀行株、任天堂、トヨタ、半導体製造装置)
7板
8テクニカル(ストキャス、MCD、一目均衡表、などからチョイス)
9NT倍率
10騰落レシオ
11企業業績の動向
12グローベックス
13マーケットの傾向(例えばSQ以前は後場持ち直す傾向が続いたがSQ後は変化したとか?)
14SQ値17611.74
15外人動向
16新興株指数
17東証新安値数
18需給
19一目均衡表
20東証PER


多少入れ替えました。
アジアマーケットの動向を1位に持ってきて企業業績の動向を11位に下げ、6位に個別を持ってきました。
それくらいアジアマーケットの動向から目を離せなくなってきたとことを意識しています。
またこれからは連動性の有無を影響度を考慮しなければならないです。
例えばナスダックの上昇率、日柄はジャスダックなどの新興指数にほぼ一致した時期がありました。
それと同様なことが果たして起こるのか否か?ということ、起こるとすれば国内のどの指標に影響を与えるのか見極める必要がありそうです。



0
タグ: 先物 

まだまだだね  投資

寄り前17520円で指値売りをしていましたが同値で入らず
残念無念(涙)、でもそれはいい。

問題は後場の見通しを誤ったことに尽きます、戻すと思ったんですが
予想以上に板が重かったです。
アジアマーケットに追随できない異様な重さでした。重いと感じた後に
修正できなかったことを反省したいと思います。

本日は後場リスクを取りに行ってレンジ+20のみでした。

まだまだ思考錯誤が続きます。
0

レンジCゾーン  野球 ボクシングetc

11時4分

前場ほとんどの時間帯で入っているのですがまだ手を出して
いないです。
レンジDまで下がる可能性と下に張り付くリスクを感じています。

ただ後場はリスクを取ることになりそうです。

0




AutoPage最新お知らせ