2009/1/4

忙中閑あり 第2回  投稿ストーリー

「古川、古屋。お前らもう呑まんのか」
後部デッキの方からスルメをくわえ、バーボンか何かの入ったボトルを片手に海軍中尉があらわれた。足もとがおぼつかない様子だ。
「だれかさんほどではありませんが・・・・」
「古屋上級海軍曹長どの。わたしはまだそれほどいただいておりませんが?」
「ダメですよ中尉。足もとがふらついているじゃありませんか」
「古川准尉どのまでそんな事をいうのでありますか?。わたしはきちんと立っております。揺れているのはこの船ですよ」
「このベタ凪によく言うよ」
この日の湖上に風は無く、湖面は一枚の鏡のように春の日差しを反射させていた。
「艦長にとってはこの凪は何よりでしたね」
「ああ。しかし、俺なんかはこう波が穏やか過ぎるといま一つ船に乗ってるって気がしないがね」
吉川中尉が二人の間に割って入りながら言った。
その彼に古川が訪ねた。
「ときに中尉。艦長がこんどの『戸隠』に乗るのを辞退したってのは本当ですか?」
「早耳だなあ。まぁ、俺も詳しい事は聞いちゃいないんだがね。どうやら本当らしいな。それで、デスクワークの方に回されそうになったらしい」
「理由はやっぱりアレですか」
古屋曹長が新しい酒を中尉に注ぎながら尋ねる。
クリックすると元のサイズで表示します
彼らの前上官は、日本列島防衛海軍始まって以来の士官であった。
なにせ海軍に席を置きながら、まったく船という乗りものが苦手なのである。
CODE1995時、観艦式中にただ一人船酔いで医務室に運ばれたというエピソードも伝わっている。
その際に艦隊司令より皮肉とも叱責ともとれる言葉を賜った時、
「私は海中艦の指揮官です。海の中はあんなに揺れませんから」
と答えたというオチまで付いている。
「その件については一度副長が話をしたことがあるそうだ。船酔いするのに何で海軍に留まるのかって、な」
「宇宙や空じゃ自力で飛べないから落ちたら怖いし、銃やらなんやらを担いで走りまわるにゃ元気がない。おおかたそんなところでしょう」
「だいたいそんな所だ。お前、上官をよ〜く把握してるじゃないか」
2人の冷やかな目線が中尉に注がれる。
「・・・本当ですか」
「あ〜、でも船は沈みますよ」
古川准尉が笑いながら聞く。
「艦長は泳ぎだけは得意なんだそうだ」
「数百メートルの海中でも?」
三人は笑い出してしまった。

<つづく>
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ