2017/8/28

ペリーの犬と感激の対面💛  

日本との開国に成功し、海外に狆を持ち帰ったとされるペリー。

残されている各資料で、その数には微妙な誤差が生じ

   本当に持ち帰った数は何匹でしょう



      時はさかのぼり


万延元年(1860年)4月

日米修好通商条約の批准書交換を終えた

新見豊前守(しんみぶぜんのかみ)・村垣淡路守(むらがきあわじのかみ)らは

5月9日表敬のためにペリー宅を訪問


     その部屋から出て来たのは



柳川当清(やなぎかわまさきよ)の「航海日記」より

今日は天気も良く午後からペリーの家に行った。
ペリーはすでに病死していないが、家は大変美しく(4階建て)、多数の日本の器物や滞在中の写真が飾ってあった。

お酒や菓子などもご馳走になる。

そこへ2匹の狆が来て、衣類の匂いを嗅ぎ、日本人である事がわかるのか
大変喜んで、飛び回ったり、膝に乗ったり、袂に入ったり、側から離れなかった。

かつてペリーが狆を持ち帰り、今なおこの家に暮らし、日本人を見て喜んでいるのであろう。

帰る事がわかると、別れを惜しみ、後を慕うその様子は、言葉が話せないだけで人間の様であった。

その様子は実にふびんに思え、未亡人や娘さんだけでなく私達に至るまで涙を流してその家を出たのである。



当時海を渡ってアメリカに到着した狆の数は正確にはわからないものの・・・

ペリー家の1狆は「エド」と言う名前が付いていた様です。(ペリーの孫の回顧談より)


まさかペリーの家で日本から海を渡った犬達に会えるとは、この遣米使節団の皆さんも思ってもいなかった事だったでしょう。

鎖国をしていた日本で育ち、唯一世界の方々から注目された犬達のたどった運命は

開国により世界に羽ばたく扉が開いた瞬間でもあった様です


今日も平成のお部屋の中でお気楽に暮らしていた「チーちゃん」のお顔で

   さようなら〜


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


ママの一句

    犬の名に 名誉の証 江戸と付け



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ