2017/3/31

繋ぐ命の重さ♡  

本日肌寒い 曇り曜日

外は今にも泣きだしそうな空模様に

(とうとう降り出しました


 以前からママが不思議に思っていたことの一つが

日本の狆が海外に渡ったお話はよく聞くものの

 
海外から狆を逆輸入された方はいなかったのかしら

(勿論日本の狆をより良くするためにチャレンジされたとは思いますが)

何冊か本を読んでいるうちにそのページに出会いました


昭和33年ころ

アメリカイギリスの「エボット系」と「リュウグウ系」の組み合わせによる 「ブソー・ブシ」と「リリー」を

イギリス「リュウグウ系」を輸入して血液の更新を考え実行されたようですが

いずれも成功しなかったようです。


    どのような結果になったかというと

 「スピッツ」の様な子が出来たり

 「コッカー・スパニエル」の様な子が出来たり

 「ポメラニアン」の様な子が出来たり


「輸入犬」どうしの狆の場合は小型で顔型も整った子が誕生するのに

日本の狆と組み合わせるとどうもうまくいかない様子


日本の狆の「アウトクロス」(異血統な組み合わせ)でもなく

異種交配(他の犬種と狆の組み合わせ)でもなく


 の中間的な結果を示した様です。

平成に生きる狆達に至るまでには様々な歴史があるものですね

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

昨年生まれのメンバーも一人前になりましたが

「日本の狆のご先祖様」が繋いできてくださった

    「日本狆の遺伝子」があればこそ


海外でも今は素晴らしい狆が多数活躍しています


しかし日本で受け継がれてきたこの遺伝子の重みを感じた

     雨の一日になりました


ママの一句

     春の雨 遠き昔に 思いはせ







トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ