2017/7/11

女三人旅(*^-^*)  

クリックすると元のサイズで表示します

    木々の緑・空の青・雲の白

この3色があれば絵が描けそうな 大自然

昨日は子供達が幼い頃からの数十年来の親友と

    年に一度の女三人プチ旅行

今回ママの脳裏にピンと来たのが 奥秩父

毎日忙しい生活を送っているそれぞれが

  「ホツと出来る場所」を選んでみました

ドッグショーに行くようになってからそれなりに体が高速も慣れて来た

  ママが運転手


圏央道鶴ヶ島経由関越花園インター下車


ここからが下道で秩父の奥へ奥へ

   途中ナビが完全に宇宙をさまよっている状態に

まだ新しいナビが読み取れないほど開通したばかりの道のはず


グネグネ山道覚悟のはずが・・・

真直ぐ快適な新しい道をビュンビュン


無事に予定通り「小鹿野町」到着

まだ7月だというのにセミの大合唱


クリックすると元のサイズで表示します

すでに秋の花「リンドウ」が花盛り


ここは女三人旅、まずは道の駅でお買い物

地元の野菜・果物・名産品等が中央道の道の駅のお値段から比較すると

   リーズナブルなお値段

品物を預かってもらい、お隣の温泉へ


大自然を眺めながら、少しぬるめのツルツルの優しいお湯

ジャフカードを見せたので1割引きの

   一人540円

中では地元の方らしい女性がお一人だけ

まるで貸し切り状態の様な温泉を楽しんだ後は


ここならではの名水を使った

打ちたてのそば粉100%の「天ざる」(700円)の食券を買って注文

(コロッケが名物と書いてあったので「コロッケ」の食券もかってみた)


のどごしの良いそばに、地元野菜の揚げたてサクサクの天ぷら

千切りキャベツに明らかにジャガイモから丁寧に作られた

     想像をはるかに超えたコロッケ(120円)

素朴な雰囲気の食堂ではあっても

  出てくるお料理は愛情一杯で優しい味に心から大満足


デザートは名水の天然氷で作られる「かき氷」がどうしても食べたい


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

お土産に買った「ブルーベリー」の産地

様々な種類の中から「ブルーベリー」の食券をチョイス


フワフワの真綿の様なきめの細かいかき氷が器からはみ出しそうな高さでやって来た

予想通り、みつは生のブルーベリーから作られている粒々入りのブルーベリーソース

何も言わなくても、きっと三人が一つの器から食べる事を予想されたのでしょう


お皿の上には3本のスプーンがそれとなく置かれていました


ソースの分量も十分で氷にかけては三人で食べ

白い氷が出てきたらまたソースをかけて3本のスプーンで氷の山を崩し


冷たすぎず、このかき氷がまたまた絶品

お休み処でゆっくりさせていただいてから

   それぞれのお家に帰りますか


往復200キロ以上は走った様でしたが、帰りに花園インター手前でまたまた楽しいお買い物もでき

   丁度良い時間には各自の家に


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

エアコンの部屋でゆっくり過ごしていたであろう

  狆族の皆様


     どこ行ってたの


これでまたこのトリオも介護あり・商売あり・レッスンあり・・・

今日から「三人三様」の現実の世界でまた来年まで頑張りましょう


ママの一句

     スパイスの 時間をもらい 再始動



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ