2017/1/12

食事の大切さ(^^)v  

   
    本日晴天 

クリックすると元のサイズで表示します

昼の散歩道には今年の「サクラソウ」もお出ましに


クリックすると元のサイズで表示します

これは去年早春の「スズ君」

白黒コートでわかりにくいかもしれませんが

年齢的にも1歳とまだ若く「やせっぽちさん」

この頃の父ワン「フジ君」の厚みには到底かなわない

   「貧弱ボーイ」でした


 「運動+タンパク質強化」の食事でどこまで変われるか

秋を目標に「食事の見直し」が始まりました


我が家は「ドッグフードオンリー派」ではなく

食べ物+ドッグフードの「混合派」


基礎的なバランスのとれた栄養素はドッグフードから

しかし強化するタンパク質やその他の栄養素はあくまで「肉・乳製品・魚・野菜等」から

(穀類は増やしませんでした)


クリックすると元のサイズで表示します

    あれから年を越し

リードの手ごたえも少し強まり、胸幅も厚くなりました


クリックすると元のサイズで表示します

(照れ屋さんは変わりませんが


クリックすると元のサイズで表示します

    ぜい肉をつけさせないで胸幅を増す

今回「スズ君」に試してみた「食事効果」はそれなりの結果が出たようにママは感じています。



   話はず〜と昔の江戸時代にさかのぼり

綱吉時代増えに増えた江戸の犬達を一定の場所に移す計画が進められ

1695年10月には「中野犬小屋」完成

野犬ではなくその地域や町で飼っていた「町犬」が集められました

   記録によると8万2千余匹


中では「男の子・女の子」がきっちり分けられ


今まで「町犬」として町内の魚のあらや野菜くずの残飯を食べ自由に動いていた犬達は

人間からしたら手厚く美味しい物を与えたつもりの状況下で

運動不足

白米・味噌等摂取

この2つの条件が重なり合って翌年にはかなり命を落とした犬達が多かったと


生き物の体は食べ物から出来ている事を改めて痛感しました

    どんな時に どんな食べ物が良いのか

今年はR・ウォルター先生の

「犬と猫の栄養学」をもう一度細かく読み直してみる事に致しましょう

(中身が難しいので 眠くない時限定


ママの一句

     健康な 体作りは 食事から




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ