2015/4/16

セピア色のアルバム(^^)/~~~  

今日はママの回目のお誕生日

20代で52歳の母を送り出して以来、ママの中で母とは永遠の52歳のまま・・・

自分が母の年齢を越えて、それ以上の年齢になることが出来るのだろうか
体や見た目はどうなって行くんだろうか

自分の前を走ってくれる人のいない「未知の年齢の世界」に突入してから、数回目のお誕生日

滅多に開けないアルバムの入っている扉を久しぶりに開けてみると

クリックすると元のサイズで表示します

母が1枚1枚大切にコメントを書きながら残した写真が一杯

    まん丸 3ヶ月元気に大きくなりました

母の筆跡でこんなコメントが添えられていました

クリックすると元のサイズで表示します

6ヶ月 「お食い初め」両親が富山県出身なので向かって左手前大きな蒲鉾が富山らしい

それから父は仕事の関係で転勤の多い人生を歩むことになりました

クリックすると元のサイズで表示します

初めての転勤地は名古屋、当時は千種区と言って名古屋の住宅街でした。
向かって右に母、こてこて名古屋弁のご近所さんからいただいたワンコと一緒に撮った写真
ママ3歳、この地で様々な犬種と出会い、ママのワンコ人生スタート

それからどこに行っても必ずワンコとの暮らしをしてきたママ

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

多くのワンコの中で母の最期の犬となったのが「狆族」
今までのどんな犬にも感じ得なかった「人間との共生」の達人
そんな「狆」に母は最上級の愛情を注いで育てました

その「狆」はママと一緒に母を送り出し・・・

クリックすると元のサイズで表示します

ママが長女を出産し母になってからは、子育てまでも手伝ってくれたのでした。

クリックすると元のサイズで表示します

17歳が近づこうとする年齢では自分の事をするだけでも大変だったと思うのですが

クリックすると元のサイズで表示します

次女が遊んでいる時もこうして必ずお子守役のようについてくれていました。

ママにとって「狆族」は母の残した宝物のような存在なのです。

今日誕生日を迎えたママは母が繋いでくれた「狆族」とのご縁を大切に、これからも「狆族」のために残された時間を使ってあげたいと改めて思うのでした

ママの一句

     人変わり 時流れても 狆繋ぐ




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ