TSR2スウィングウイング型  航空・宇宙機

ちょっとツイッターの方で思いついたネタを
手持ちの完成見本写真からでっち上げてみた。
TSR2スウィングウイング型つーか海軍型?。
クリックすると元のサイズで表示します
画像が荒いのが幸いして
違和感が仕事してなくってありがたいわ。
主翼をサンダーバード1号とライトニングを
混ぜた感じにしてみたんですが
どんなもんでしょうか。
0

SKY−0  航空・宇宙機

クリックすると元のサイズで表示します
SKY−0は元々SHADOがSKY-1開発のために作った
ロケットエンジン実験機である。
地球大気圏での洋上迎撃任務の中核となるスカイ1は
海中遊弋式迎撃待機という特殊な運用形態のため
長期間メンテナンスを行えない為に
複雑な仕組みの通常のジェットエンジンは装備できなかった。
その為にロケットエンジンを装備することとなったのだが
やはり試験が必要なために
SHADO開発部は形状と機体規模が似ていた
アメリカ軍の余剰戦闘機スカイレイに目をつけた。
この機体なら本来のジェットエンジンも持っているため、
非常時にはロケットエンジンを切り離して
帰投することも可能であると思われたのだ。
そして、存在しない機体という意味も込めて
軍用コードでは普通は使われることのない
「0」を用いて「SKY−0」と名付けられた。
しかし、思った以上にこの組み合わせは良好で
トラブルもなく開発は進行した。
そして、スカイ1配備までの繋ぎとして
モスポールされていたスカイレイを使って2ケタほど生産され、
密かに世界各国の基地に配備されることとなった。
本来はスカイゼロと呼称されるのだが
開発に関わった日系技術者が「ゼロ」を「レイ」と読んでいたために
原型機同様に「スカイレイ」と呼ぶ部隊もあった。

以前から暖めていたネタなんですが、
本来は自社製の1/144スカイレイと
食玩のスカイ1のロケットをくっつけて
製作予定だったんですが
パーツが見当たらなくなってしまい
ひとまずフォトショでごにょごにょと。
まあ、カラーリングテストも兼ねて。
1

宇宙戦闘機への道  航空・宇宙機

宇宙空母ARMDシリーズに搭載された
ロッキーSF−3AランサーUは、
統合宇宙軍の2代目の宇宙戦闘機である。
その開発にはやはり新機軸の兵器としての紆余曲折が存在した。

宇宙戦闘機の開発は20世紀末より行われていたが
ASS−1(後のマクロス)落着以降に本格化した。
統合軍では敵宇宙戦力とその運用を想定した際に、
地球人から見てあまりにも巨大なASS-1を
標準的なサイズの戦闘艦であろうと仮定し、
このサイズの戦闘艦数隻による艦隊と、
その搭載戦闘機に対しての有効な打撃力を備えるべく
兵器体系を組み上げていったのだが、
実際に現れた敵艦隊の規模がその数十倍であったことを
目算が甘いと攻めるのは酷と言うものである。
大雑把な戦術としては、
宇宙戦闘機による対機動兵器攻撃後に
宇宙艦隊による対艦戦闘という
地球上の戦術と変わらない
2段構えで敵に臨むことが検討されていた。
その為、宇宙空間での攻撃の中心は
精密誘導兵器ではなく
大規模反応弾や核弾頭などの
広域破壊兵器を主体とする事が決定された。
そこで制作されたのがSF-1Aスターダガーである。
設計初期段階では
コクピットと推進器と姿勢制御装置で構成された本体と
その先端に装備された反応弾/核ミサイルという
シンプルなものだったが、
主武装を大規模反応弾とした場合、
場合によっては効果領域外へ退避出来ない場合があると言うことで
破壊力を少し落としたものとすることになりそうだったのだが、
それは本末転倒である事と
途中で新規に開発された発電用の反応炉搭載の目処が立ち、
単装だがビーム砲の搭載が決まった。
試作機の性能は上々であり、
建造中のARMD−01用に30機の生産が決まり、
配備時には大々的なセレモニーも行われた。
しかし、宇宙駆逐艦を敵艦隊に見立てた演習では、
なかなか思ったようにはいかず運用の再検討と
新型の設計案の検討が行われることとなった。
 
クリックすると元のサイズで表示します

今回発見された写真はSF−3Aの本体に
大型対艦反応弾頭ミサイルを装備したものであり、
ゼントラーディ艦隊襲来以降に攻撃力強化を目論んで
試作された実験機ではないかと思われる。
初期の宇宙戦闘機の構想に戻った形だが、
反応兵器の爆発に巻き込まれないようにする
何らかの解決策を見いだせたのかもしれない。
複数機を使用した攻撃次第では敵の標準型戦艦を
撃沈することが可能であるが、
対ボドルザー基幹艦隊戦では
その能力を発揮するまもなく消滅したと思われる。
2

更にマイナーなところへ  航空・宇宙機

さーて、更新がおもいっきり滞っていました。
なにせ新原型がなかなか進まないもんで…。
ちょっとスランプ気味ですかねえ。
そんな中、ひさびさに造りたいマクロスメカ発掘ですよ。
クリックすると元のサイズで表示します
初代マクロスのイメージボードに描かれていた
「FL−200 ミストラル」という機体。
けっこーきちんと描かれていた割に
クリーンナップされた画稿は見当たらず
本編未登場だと思っていたのですが
ツイッターで1話に出ていると言う話を聞いて
確認したら本当に出ていましたよ。
進宙式のシーンで、セルで1カット。
それにファンレーサーから降りてフォッカーと歩く輝の
背景にも描かれていましたよ。
このマイナーさに惹かれる憧れる。
という訳で作ろうと思います。
でも、ワンフェスには出さない予定。
今までの機体より更にマイナーなんだもの。
0

新型機の開発  航空・宇宙機

NHKのニュースで言っていたが
インドとロシアが共同でステルス機の開発をするそうな。
最近のインドはやる気に溢れてるね。
小型多用途機のテジャスも開発中だというのに
一気にステルスですか。
…おーい、日本の機体はどうなってんですか〜。
0

アメリカの民間宇宙機  航空・宇宙機

http://www.nhk.or.jp/news/html/20101209/t10015732851000.html
アメリカでは宇宙開発も民間企業が頑張り始めてるようで
ベンチャー企業の無人宇宙機が行って帰ってきたらしい。
スペースシップ2が件の事故以来
あまり進展した話を聞かなかったけれど
確実に動いてるのがウラヤマしい。
0

復刻版がやってくる  航空・宇宙機

「ミス・ビードル号」って飛行機知ってますか?。
80年ほど前に世界で初めて無着陸で太平洋を横断した機体です。
どうしても知名度ではリンドバーグの
「スピリット オブ セントルイス」に負けてしまうんですが
まあ、歴史的な機体ではあるわけです。
この機体は青森の海岸から飛び立ったという事で
青森ではちょっと知名度があります。
実機は横断飛行後売却され
大西洋上で消息を絶ったそうなのですが
アメリカで市民団体がレプリカを作成したんfだそうですよ。
どうやらそれが三沢の基地祭に来るらしいんですね。
その後2年ぐらい借りられるらしく
三沢基地横の博物館で展示って事になるようです。
楽しみですね。
3

「IKAROS」セイル展開成功!  航空・宇宙機

世間では「はやぶさ」帰還で盛り上がっておりますが
個人的にはコッチのほうが好みのニュースです。
http://www.jaxa.jp/
だって、ソーラーセイルですよ、宇宙ヨットですよ。
クラークの「太陽からの風」だよ。
個人的にツボです。
1

うちのゴースト  航空・宇宙機

先日発売の「マクロスクロニクル」のゴーストの欄には
全長20数メートルなどと記載がありましたが
TACでは9.5メートル説を採用しています。
これには幾つかの理由があります。
1つは、何度か書いていますが
「マクロスパーフェクトメモリー」のラフ画のページの
「宇宙戦闘機等」の欄に9.5メートルとの記載があること。
この文章をその表記の位置からランサーUについての記述と
思っている人も多いようなのですが、
大気圏内外用と書かれていますし
バルキリーに先んじてなどの記述は
ランサーUではなくゴーストについての物とみるべきでしょう。

もうひとつは腹部のベントラルフィン。
ゴーストの動翼はみな1枚板としてデザインされていますが
この腹部のフィンのみ分割線が入っています。
クリックすると元のサイズで表示します
さて、この形状VF−1の脚部スタビライズフィンと
同じ形してると思いませんか?。
サイズ不詳のこの機体にメインメカと同じ形状のパーツを
付けることで大きさを実感させるためだとしたら?。
その理屈で図面を引いてみると
なんと、全長9.5メートルになっちまうんですね。
嘘だと思ったら、うちのゴーストと
やまとさんのVF−1を比べてみる事をお勧めします。
このフィンのパーツ、おんなじ大きさですから。
3

今週の「れでぃ×ばと!」  航空・宇宙機

今週の「れでぃ×ばと!」。
本編はおおむねいつものアレなんですが
体育祭の開会式でデモフライトしていたのが
F−22のアクロチーム。
塗装はサンダーバーズ風。
F−35じゃないところがなにげに好感度高し。

深閑センセのブルマがなんだか嬉しかった。
0




AutoPage最新お知らせ