VF-X-4 組立手順 その1  模型

さて、今回から組立を始めていきますが
まずはパーツの確認から。

本体部
クリックすると元のサイズで表示します
機体前部と後部は一体パーツでも問題なかったのですが
あえてこうしてあります。
これにあとヒートプレスのキャノピーパーツがあります。
着陸状態で制作する際には
前脚ドアを0.5ミリプラ板と0.3ミリ、
それに1ミリプラ板から自作します。
寸法その他は製作時に。

左右エンジン部
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
エンジンナセルは左右共通パーツです。
可変ノズルはちょっと難しいかもしれませんが
キャストの流れ方で見分けて下さい。
今回は着陸状態で制作を進めますので
主脚ドアも自作となります。
幾つかの方法を提示しますので
自分に合ったものを選んで下さい。

パーツが確認できたら
まずは気泡埋めです。
ドリルやピンで穴を広げて
アルテコSSP などで埋めていって下さい。
その際、モールドが潰れる場合がありますが
その再生は次の手順で。
では次回。
0




AutoPage最新お知らせ