良いオマケ  TOY

バンダイのロボット魂のエヴァ2号機ザ・ビーストに
ビルディング型のブロックが付属することが判明。
ワシは初号機購入したときにウルトラ怪獣ソフビ用の
簡易ビルセットを購入して楽しんでいたので
今回のオマケは大歓迎ですよ。
なおかつキャンペーンの景品として
ロボット魂2個購入で台座と追加のビルも付くそうなので
ちょっと楽しみ。
0
タグ: TOY

ドツボ  原型製作

1/144シーヴィクセン、
ちょっと直そうと思ったら、あちこちイジるハメになって
修正のドツボに落ちています。
0

あとはアレを  模型

いやあ、数日遅れで青森にも模型誌入荷。
個人的に一番のネタは
バンダイより旧イマイマクロスキット4点再販
でしょう。
1/72のディフェンダーとスパルタンにリガード。
それに1/200のモンスターの4点ですよ。
おりしもウェーブから1/72でトマホークが出たばかり。
これで初期マクロス防衛隊が組めるというものですよ。
あとはウェーブさんがファランクスを1/72で開発してくれれば
27話の決戦バリエーションも組めるというもの。
なんとかおねがいしますよ〜。
0

ぼーっとしました  

納品とWFの版権申請の大忙しが終わって
この2日ほど、ぼーっとしつつ部屋の片付けをしていました。
まあ、下手に片付け上手なおかげで
綺麗にまとめあげちゃうものの
どこに何を置いたかを忘れてしまうのはいかがなものかと。
整理&掃除していたら最近見かけなかったコミックスやら
探していたシリコン型まで出てきちゃいましたよ。
その失敗に懲りて、今回からは箱に名前を書く事にしました。
あまぞんの箱が結構便利に使われてます。
0

ほどよい大きさ  原型製作

クリックすると元のサイズで表示します

ワンフェスの版権申請用にひとまず形にしたVF−9。
各部のディティール入れはこれからだが組むだけ組んでみた。
VF−1より小型の機体だけどなんだかほどよく持ちやすい大きさ。
ちょっと嬉しい。
ディティール入ると、
たぶん大笑いしちゃうくらい嬉しくなるんだろうな。
この後は更にマイナーなゴーストバルキリーやってみたいんだけど
版権は降りなそうだからワンオフでやろう。
3

VF−1Jヘッド  

クリックすると元のサイズで表示します
左は1/72のVF−1Jのヘッドなんだけど、
右は中央部がくさび形に出っ張っていて
一見マクロスエース版のアレンジ版1Jに見えるんだけど
実は昔バンダイから発売されたSDのアーマードバルキリーの付録の
さらにちっちゃいバルキリーのヘッドなのだ。
レーザーは紛失していたので旧イマイの1/72の物を流用。
コミックス用新デザインと言うことになっているのだけれど、
ほとんど同じものが既に出ていたのだ。
このアレンジが誰によって行わたものかは分からないが
先見の明な感じ。
0

ロボット魂EVA零号機(改)  TOY

魂ウェブで受注販売された
「ロボット魂エヴァンゲリオン零号機(改)」が
本日到着した。

基本プロポーションと可動範囲は既発売の2号機などと同じだが
劇中の包帯特攻を再現するために
両腕と右足の付け根が差し込み式になっている。
また、付属の手もオプションの関係で少し多い。

そのオプションは、交換用の腕と脚にN2航空誘導弾と
「序」で初号機が使用したガトリング砲が付属している。
それにN2航空誘導弾を抱えるための
専用の手が新規で付属している。

しっかし、新劇場版「破」の零号機はちょっと不憫。
リボルテックでもこっちでも一般商品じゃないんだものな。
肩のパーツは外す事が出来るので、
リボルテックの盾がなんとなく使える感じ。
クリックすると元のサイズで表示します
追記
写真追加しました。
ATフィールドは初号機付属のもの。何かと便利。
0
タグ: TOY

まあ、いろいろあるよね  

型抜き中。
そんな時、急にぶっ壊れる型とかあるんだよね。
今日も2個作り直し中。
1

かなりの度合いで  模型

前にも書いた気もしますが
ワシ、かなりの度合いでダメモデラーなんです。
実はプラモデル作るの苦手なんです。
バキュームキットは組めません。

普通のプラモデルは、まあ最近のパチ組みガンプラぐらいなら
パチパチ組めないこともないんですが
それでも改造とか始めたらだいたい未完となります。
それこそ飛行機だと大変です。
最近のタミヤやハセガワならばいいのですが、
それ以外だと納得出来るまで修正しようとして
だいたい未完となります。

バキュームは論外です。
なんといってもバキュームの基礎である桁が組めません。
めんどうなので水平取ってキャスト流しちゃいます。

あと、人様の原型のキャストキットも、そこそこ苦手です。
分割が違う〜とかいってなかなか完成しません。

そういう訳で結構なレベルでダメモデラーなんですよ。
1

まだ理解出来ていない  原型製作

クリックすると元のサイズで表示します
ひとまずキャノピーも付いて
背部バーニアユニットも左右そろって
飛行機っぽい形になった。
やっぱり前進翼はいいねエ。
21世紀にはいってもメカマニアの夢だもんなあ。
特にこの機体はX−29のアーリーデザインみたいで好き。
この後エンジン周りなのだが
今ひとつノズル部分への繋がりが理解出来ていない感じ。
他のVFはたいてい足となるノズル部分が完全に別パーツなのだが
この機体は外装と一体型なので
どう分割したものか…。
また、かかとにあたるノズルも強度のない可動するので
困りもんなんだよなあ。
まあ、ひとまず手を動かして形にしていくしかないみたい。
0




AutoPage最新お知らせ