濃霧  

クリックすると元のサイズで表示します
昨日「ゴラス」のDVDを買った帰り、
そのままおかずの買出しに行ったのだが
視界が妙に煙たい。
日中は晴れていたのだが夕方になって急に霧が出たようだ。
市街地ではあまり気にならないのだが
ちょうど海のそばの道だったので影響が強かったようで
50m先の海が見えないくらいの濃霧。
何かがぬうっと出てきそうな濃霧。
ちょっとわくわく。
0

妖星ゴラス  

我慢出来なくって今週のディアゴの東宝特撮DVD
「妖星ゴラス」を買いに行ってきた。
早速鑑賞。
先月末以来エヴァの「序」「破」ばっかし見ていたので
ここは一つ特撮で箸休めと思って見たのだが
逆にDVDならではの解像度に思わず見入ってしまった。
LDの時は右側に出る字幕が切れてしまっていたりしたが
そんなことも無く大画面で堪能。
なんといっても「ゴラス」の1番の売りは
南極大陸に超大型核融合ロケット噴射施設を建設する場面。
世界各国から投入された砕氷船が南極大陸へと進出し
高さ500mもある噴射口をわずか1年半で数百基も建設するのだ。
この建設シーンのミニチュアの建込みは
東宝特撮随一と言っても良いほどのもので何度見ても発見がある。
建設作業で地ならしをするブルドーザー、
実物のカットがあるもんだと思っていたのだが
全部ミニチュアなのが確認できてちょっと驚き。
すンごい自然な光のあたりかたなんだもの。

それにしても、なんでエヴァの兵装ビルとか
ヤシマ作戦が好きかってのがよ〜くわかった。
同じものがここにあるんだもの。
1

動くぞ!ガメラ  TOY

クリックすると元のサイズで表示します
リボのエヴァ2号機ザ・ビーストといっしょに
特撮リボルテックのガメラを購入しました。
さすが劇場公開当時からガメラを作り続けてきた海洋堂。
関節部にリボ球が入っているのに違和感ないです。
残念なことにガメラの命である甲羅の塗装がイマイチだったので
速攻リペイントしてしまいました。
もとの商品はもっと体色とおんなじ様な感じです。
クリックすると元のサイズで表示します
オプションパーツはプラズマ火球と握り手、
飛行用下半身とそれに付けられるエフェクトパーツ。
プラズマ火球はいいんですけど
可動範囲確保のために複数ちっこいリボ球で構成されている
首〜頭部で支えきれません。
撮影時はバランスを取りとり位置を決めました。
クリックすると元のサイズで表示します
脚部はそんなに可動範囲は広くありませんが
腕はやたらと良く動きます。
やはり可動モデルは楽しいですね。

怪獣ソフビ流行から40年。
様々な可動モデルが模索されてきました。
GIジョーに軟質ソフビをかぶせたり、
環着を増やして可動するように見せかけたり
中にアーマチュア仕込んだほとんど撮影用モデルとか
色々ありましたが
最近ではバンダイでもゴモラの可動化商品などを
開発するようになり、にわかに可動ブームです。
その中でもこれはひとつの到達点かもしれません。

この調子で早く「3」のガメラが欲しいものです。
1
タグ: TOY

ディティール入れてます  原型製作

クリックすると元のサイズで表示します
そこそこ改修が進みましたのでご報告です。
この状態で接着しているパーツはありません。
すべてはめ込んでいるだけです。
もっとも、他のパーツも含めて
組むときは接着せんといかんのですがね。
1

リボルテック エヴァ2号機“ザ・ビースト”  TOY

クリックすると元のサイズで表示します
評判が良いのでリボのエヴァ2号機“ザ・ビースト”を購入。
話に聞いたとおり極端な体型で
変なエフェクトパーツがいっぱい付いた
ナカナカ凶悪なTOYであります。
その体型のおかげで可動範囲もかなり広く
劇中のアクションが難なく再現出来ます。
で、ロボ魂初号機のオマケのATフィールドと組んで
撮影してみました。
あんまし役に立たないと思っていたATフィールドですが
こうやって使うとすっごく嬉しげ。
こうなると早いところ零号機にも来ていただいて
第10使徒も自作したいところですね。
0
タグ: TOY

「帰りマン」鑑賞  

最近繰り返し「破」を見ていた流れで、
何となくダイコンフィルム版の「帰ってきたウルトラマン」が
見たくなったので久々に鑑賞。
・・・。
これもまた、確実に原点の一つだなあと再認識。
特撮パートは赤井孝美さんとなってはいるが
やはり帰りマンを演じているのが庵野監督本人なのだから
色々と共通点を見出しちゃうのはしょうがないかな。
建物の飾り付けた感じとか
執拗なまでの電柱の作り込みは当然ながら
ウルトラマンのジャンプなんかヱヴェの疾走シーンだし、。
極めつけは怪獣にキックするシーンが3号機のキックのまんまだよ。
別の意味で笑かしていただきました。
1

簡易ストラクチュア  TOY

クリックすると元のサイズで表示します
ウチからそう遠くないショッピングセンターが
改装オープンだったので、ついでに久しぶりにトイザらスへ。
最近はプラモとかマニア向けの商品の揃えが悪いので
あんまし行っていなかったのだが
なんだかワクワクする物を見つけた。
バンダイのウルトラ怪獣ソフビ用の簡易ストラクチュアセット、
「ウルトラシティビルセット」である。
上の写真のような簡単な造形のブロック状のおもちゃである。
既発売の橋とか塔の拡張部品らしく
縦横と組み合わせて、それっぽい建築物を作る物なのだが
ブロックの合わせ目のディティールが何となくそれっぽい。
先日「破」のついでに「序」を見たら
なんだかビル街が作りたくなったのだが
本格的なのは組む暇が無いので
鉄道模型のストラクチュアかペーパークラフトでもと考えていたので
丁度ヨサゲと買ってみました。
ちなみに以前は建築模型屋にいた事もあるくらいの変な建物好き。
クリックすると元のサイズで表示します
まあ、こんな感じ。
少し手を入れて塗装してやればそれっぽくなるんじゃないかと思う。
ブロックって言ってもガシッと組合うわけじゃなく
積み重ねるためのガイドがある程度なので
押すとすぐに倒れちゃうんだけど、それがまた良い感じ。
特撮っぽい破壊のカタルシスがなんとなく楽しめます。
1
タグ: TOY

作業中  原型製作

ずーっとゴーストの原型の改修をしております。
本体の形状の修正がようやく終わり、
メインノズルのディティールの入れ方も
何度かめどが立ったので現在は本体のスジ彫り中です。
左右の補助エンジンの整流板がめんどいです。
分割が大変そうです。
後の追加パーツのことを考えると頭痛い今日この頃。
0




AutoPage最新お知らせ