さよなら「なっちゃん」  

東日本フェリーが燃料高騰を理由に
青森〜北海道航路から撤退を決めた。
新しく投入された双胴高速船「なっちゃん」は
10月で終わりらしい。
さよならなっちゃん。
まだ乗って無かったのに・・・。
0

打ち合わせ  模型

午前中に電話をもらって
山の中まで打ち合わせに行った。
近々発表。
0

ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一髪  映画(ネタバレ御免)

今頃だが「ギララの逆襲」を見て来た。
川崎監督の劇場作品は「日本以外全部沈没」以来だが
キャストが似ているために「続きか?」と思ってしまった。

ストーリーは洞爺湖サミット中に中国の宇宙船にくっついて
落ちて来たギララを神頼みで倒すというもの。

オープニングから「バラン」やら「モスラ」みたいな
洞爺湖の原住民の踊りから入るあたり強烈である。
アイヌでも古参の開拓民でもなさそうな
「バラン」の時の山奥の人たちみたいな方々が
謎の神社前で「タケ魔神」にささげる踊りを踊るのである。
全編に流れるBGMは東宝特撮調で
マニア心をくすぐるが、なんといっても川崎監督である。
特撮がチープ。
昭和のウルトラあたり、
そうだねえタロウとかファイヤーマンぐらいの
ノスタルジックな着ぐるみと吊りの
TVシリーズレベルの特撮を見せてくれる。
G8首脳が繰り出す作戦もガメラやゴジラで
さんざん使われたガスとか落とし穴作戦の
ちょっと危ない各国アレンジ版である。
そこに登場する北の首領様と
奇声を上げる喜び組の美女戦闘員。
このパターンは既に押井守の革命ネタ並であろう。
そして昭和の特撮ならば
未来を夢見る科学の時代の象徴たる
超科学兵器で怪獣をやっつけるところなのだが、
さすがに科学で夢が見られる時代が終わり
明るい未来が遠ざかった21世紀、
謎の「タケ魔神」に祈りを捧げて助けてもらうのだ。
この踊りのシーンがちょっと長すぎかな。
流石に飽きてしまったよ。

まあ、前作の「日本以外全部沈没」よりは
面白かったです。
あ、あとギララの頭、エヴァ初号機に似ているのね。

0




AutoPage最新お知らせ