今年最後は  原型製作

クリックすると元のサイズで表示します
















今年最後はやっぱりコレ。
あとちょっとだったけど終われなかった。
あと3日工程ぐらい。
まあ、スジ彫りうまくいかなくって
直しまくってるからなあ。
まあ、また明日もたぶんコレの続き。
来年は新作ガンガン作りたいのう。

0

この1年を振り返って  

blogとは言っても日記をつけていると
1年何をやったかが振り返りやすい。
まあ、何言っても今年1年は
「病気」ばかりの1年であった。
6月と8月、9月に入院して
退院後もちょいと不調がつづいているので
来年はなんとかしたいところ。
おかげでここ20年で
はじめてワンフェスを休んでしまった。
ゲキレンジャーと電王の劇場版も行けなかったのが
悔しいです。
まあ、健康に勝るものなしということで。
0

正月映画3本目「魍魎の匣」  映画(ネタバレ御免)

映画の日にしたんでもう1本、「魍魎の匣」。
原作シリーズの中でも1番猟奇っぽい1本で
大好きな話なんで、どんな風に作ってこられるのか
ちょっと身構えていました。
…だって監督/脚本がガンヘッドの人なんだもん…。
…だって前作は実相時監督だったし…。
それで不安を覚えない方が変でしょう。

あ、でもいっぱい削り落して再構築してあったんで
面白く見れましたよ。
中盤以降舞台となる美馬坂研究所がすっげ〜変。
予想以上に変。
岩山の上に立つ匣。
その最上階にいる犯人目指して
主人公たちが階段を駆け上がっていく。
…あ、ガンヘッドまんまやんか…。
対決のさなか崩れていく研究所。
すっかり変な特撮シリーズと化しているなあ。

一番期待していた「ほうっ」は最後に。
0

正月映画2本目「Yes!プリキュア5」  映画(ネタバレ御免)

12月も終わりだというのに朝から雨。
おかげでほとんど雪は解けてしまいました。
あったかくていい日だねえ…とか思っていたら
昼過ぎに晴れた。
これはチャ〜ンス。
天気予報で明日からは荒れるって言ってたから
これを逃すと自転車でラクラク移動ができなくなる。
ってんで、今日は映画の日に決定〜!。

そんな訳で正月映画2本目は「プリキュア5」。
他の地区ではとうに終了していますが
青森市はワーナーマイカルが無いんで
ちょっと時期がずれました。

ダメです。こんな映画を作ってはダメです。
うっかり泣かされてしまいました。
この歳になってプリキュアで泣くとは…。
今回は敵の使い方がとっても上手いです。
敵側のダークプリキュアは悪という事もあり、
ちょっぴりキツめな所為か
微妙にお姉さんな感じのデザインがよいです。
TV本編でもあったように
5人の精神的不安要素をつっついてきます。
それに対してそれぞれがその思いの丈を込めて
ぶつかっていくのですが、
それは「鏡の国」というネタだけあって
自分自身との戦いなんですが
それがまた彼女たちらしい感じなんですよ。
ドリームは友達になっちゃうし
ミントはやさしく包みこんじゃうし、
アクアはばっさりやっちゃうし。
このあたりは去年の「スプラッシュスター」の
薫と満でうまく回らなかった所が
上手く生かされているように思います。
なんといってもダークドリームが萌え。
ありがちなパターンと言えばそうなんですが
「楽しいことを何も知らずに、仲間と笑う
のぞみの笑顔に嫉妬する」んですが、
キャラデザインがちょっとツリ目な彼女が
泣きの表情をするとゾクゾクッとするくらい
可愛いんですよ。
これが見られただけでも
目の手術受けた甲斐があったと思うくらい
よかったですよ。
0

今月のミチアキ師匠(臨時)  

新金型の1/144F−22が付録に付くっていうんで
アマに頼んであった「電撃スケールモデラー」
(略称は・・・「電スケ」でいいことにしよう)
が今日届いた。
ん?…表紙の感じはモグラっぽいデザインだなあ。
中身は…おおっ、ミチアキ師匠のF−22ピンナップ!。
裏はイラストのラフとちょこっとコラム。
「海溝要塞」ん時のあとがきのような話だ。
やはりステルス機は描きづらいようで。
「電スケ」自体は内容の薄いモグラかスケビって感じで。
あ、でも付録のF−22はいい出来じゃないでしょうか。
もう1機欲しいです。
0

正月映画1本目 劇場版ブリーチ 第2作  映画(ネタバレ御免)

今日は朝から病院。
5週間ぶりの眼科。
ちょっと眼圧が高いのが気になるが、
最近、血圧とか高いし…。
きをつけないとな。

終了後、病院の近所のショッピングモールの映画館へ、
劇場版ブリーチ第2作
「ザ・ダイヤモンドダスト・リべリオン」を
見にいってきましたよ。

去年の1本目よか面白かったですよ。
1作目は主人公である一護ちゃんを
本当に主人公にしようとしたために
イマイチ煮え切らない作りだったのですが
今回はどちらかというと番外編的な作りで
死神人気ナンバーの冬獅朗きゅんが主人公ですよ。
このあいだジャンプ本誌で
彼の死神になるきっかけの
番外編をやったばかりなので
見ている方も感情移入度高い感じで良いです。

今回も事件の発端はソウルソサエティの
古臭い体制つーか因習が作り出した歪みが
原因だったりして、
魂の安息の場所って割に
人間の業が深く渦巻いているなあと
思ってしまいます。

最終決戦では人気上位の方々が大暴れなんですが
剣八っつあんの暴れっぷりはまるで怪獣王の様でした。

それにしても正月に特撮が無くなって
ずいぶんになる気がしますが
いいトシのオジサンとしては
早く怪獣王に帰ってきてほしいですね。


0

ようやく終わる  

クリックすると元のサイズで表示します














今日は暖かい様で朝から雨。
なんのかんのやっていた
年賀状がようやく終わった。
この画像に文字が入っているのが完成品。
昔作った画像と同じ構図だ。

つーか、また槍空である。
いいかげん他ので画像作れって気もするが
この画になるまえに幾つか作ってみたのだが
どうもしっくり来なくって。
試しに三菱F-2改とスーパーファントムで
クルーズしている画を作ってみたのだが
こいつら制空迷彩なんでイマイチ目立たないのだ。
過去のTACのパッケージの画の場合は
どの機体もハイビジ時代の機体なんで
青空に映えるのだ。
それと同様に槍空は形の面白さから画が作りやすいのだ。
これに似たレイアウトの機体が
OVA「戦闘妖精雪風」のメイヴであるが
そっちは自作じゃないんで…。


0

まだおわりませんことよ  

年賀状作成中。
今年は宛名も印刷って事で
入力していたんですが
ファイルのセーブ間違えて
消えてしまい滝涙。
まあ、入力方法覚えたんで
再入力は速かったんですが、
消さなきゃそんな手間は
なかったんですよね。
0

年賀状作成中  

ここ何年かいろいろあったんで
年賀状出していなかったのを思い出し
年賀状を作ることにしたのが昨日。
コンビニに買い出しに行った帰りのこと。
その足で郵便局まで行って年賀葉書を購入して、
本日から年賀状作成…なんだけど
ネタが出ません。
まあ、ぼちぼちと何とかしなくってはって、
のんびりしてられないのに。
0

寒いです  

今日はやたら冷え込んで
この冬はじめて水道が凍った。
いくらストーブを焚いても
部屋の温度が上がらず
仕事になりません。
しょうがないんで年末のご挨拶に
不動産屋さんまで行ってきましたよ。
新しい防寒ブーツ買っておいてよかった・・・。
0




AutoPage最新お知らせ