飾り台の話  模型

最近、イロイロなメーカーの飾り台を買っている。
それもアーム付きの飛行状態で展示できるやつ。
ワンフェスや自宅でも飾る際に
平面だけでなく上下にも使えて
見た目にも変化があって便利だっからだ。
特にウチの商品は大抵がパイロットフィギュア付きなので
飛行状態や発進シーンの演出などには
飾り台があると非常によろしい。

各メーカーそれぞれに特徴があり、
なかなか面白い。

バンダイの飾り台は大と小があるが
元々ロボ用に開発されたものなので
大の表面にパイプやパネル状のモールドがある。
アームがスライドするなど、
いろんなサイズの物に対応させる設計は見事だし、
なんといっても安いのも魅力。
アームにささえがあり、そこそこ重い物まで
なんとか対応できる。TOYはきついな。
食玩のスーパーバルキリーとかなら合いそう。

ハセガワも幾つかあるが、今流通しているのは
シンプルな構成のもの。
丸い透明アクリル台座で
ボールジョイント付きのアームの基本部分は共通で
粘着パッド付きの航空機用と
延長パーツと接続パーツを加えたロボ用がある。
アームというかポールが長いので
変な角度で飾ろうとすると少し安定に問題あり。
航空機用の粘着パッドの使用は
塗装面に穴をあけたりしなくてよいが
大半の航空機は機体下面にイロイロ積むので
ちょっと考えオチ。
航空機飾るなら以前発売されていた
マクロスディスプレイスタンドの方がいい。

ウエーブはバンダイと似たコンセプトの
ロボ用だが台座部分がちょっと小さめで
飾るポーズを選ぶ?かな。

TACオススメなのがコトブキヤのメカニカルベース。
それも「フライング2」。
飛行状態向けの「フライング」は「無印」と「2」があるが、
「無印」は固定アームに
ボールジョイントの取り付け部が着いたもの。
「フライング2」は可動部の付いたアーム2本と
取り付け部から成るが、
このロボ用の取り付け部は
実は144の飛行機の増槽に
だいたいぴったりな幅で
挟むだけで簡単に飾りつけが可能だ。
発進をイメージした機首上げの姿勢で飾ると
なんだかやたらカッコいい。
コトブキヤ メカニカルベースフライング2
0

今日も病院経由模型屋行き(5月)  

連休明けで妙に込んでいる病院。
早く行ったのに午後までかかった。
内科だけでちょっと助かったが
眼科もいっしょだとどんな事になっていたか。
帰りにラーメンが食いたくってちょっと遠出したら
いつのまにか潰れているという罠。
模型屋では飾り台を1つ購入。
0




AutoPage最新お知らせ