8月終わり  模型

気温は25度前後までしか上がらず
過ごし易いはずだけど
やはり暑い。
そりゃ、朝からオーブンで粘土暖めてるからだ。
型取りに使う粘土は冷えると伸びないんで
暖めなきゃならんのだ。
暖めた粘土を麺棒で叩き伸ばしてパーツを埋める。
追加した分の粘土が以前と別メーカーだったようで
微妙にマーブル。
午後までかかって片面分流した。
新しいシリコンは流動性がよくって
嬉しいくらいに流れる。
型取ってるブツはワンフェス前からのお約束、
「クルセイダーV」改め「スーパー・クルセイダー」。
明日もう半面流すけど今日の深夜にでも
通販案内を更新予定。
0

北海道ホワイトカレー  食べ物

珍しい物好きでレトルトカレー食いの
ワシとしてはさっそく食べてみた。
・・・んん?これってカレー?。
スパイシーなシチューだと思うんですけど。
美味しいシチューですけど
カレーじゃないですよ、これ。
プリキュアカレーの方が確実にカレーですよ。
0

不摂生のツケ  病気/健康

4週間ぶりに内科で病院に。
早起きして行ったよ。
朝方大雨だったんで自転車では無理かなって
寝ぼけ眼で思っていたけど
降るだけ降ったんで晴れた。
でもいやな予感。
ワンフェス前の無茶な不摂生で
体重増えるし血圧上がったしで
ろくな状況じゃない。
案の定検査結果は思わしくない。
ただ1点、ヘモグロビンA1cの値だけが
先生も驚くほど下がっていた。
夏バテの影響で
毎日トコロテンばっかり食べていたせいらしい。
ううん、盲点。
0

東映特撮2本立て  映画(ネタバレ御免)

さすがにもう終わりそうだったんで
急いでいって見ました。

「ボウケンジャー」は
TV本編にあってもよさげなエピソードながら
特撮部分が劇場版って事でパワーアップされており
なかなかに満足。
TVレギュラーの敵方も皆さん登場し、
劇場版らしく再生怪人も出てきて
枯れ木に花の賑わい。
隠してあった真2号ロボ
「ダイタンケン」のお披露目もカッコよく
「ダイボウケン、コレを使え!」とかいって
腕パーツを渡すシーンは
「オマエはグレートマジンガーかいっ」って
突っ込んでしまいましたよ。

「仮面ライダーカブト」は
平成ライダー劇場版の一つのパターンである
出て来る人はいっしょだけど別の話、ってヤツで
一瞬何がなにやら。
隕石が落ちて海が干上がった世界で
お互い戦うライダーさんたちには
ちょっと北斗の拳な匂いも・・・。
軌道塔を駆け上がるバイクとか
時をかけるライダーとか
イメージはカッコいいんですが
こなれてないですね。
3人の新ライダーもそんなにカッコよくなく
全体に間延びしたって言うか
いらなく長い感じです。
でも、時をかけちゃった事で
ちょっと話が変わって
TVシリーズに続く?てな感じなのは
いいかも。
0

これっ・・・?  航空・宇宙機

期待高まるPSP「ACECOMBAT X」なんですが。
公式サイトの自機見ると
ベルクトの試作型って名目の「S−32」が
架空機体じゃない方に。
これって実機存在してないと思うんですが。
0

新作準備  原型製作

ワンフェスが終わって、商品見本を送って、
通販商品を送ったら、あっという間に一週間。
新作の準備をせねば。
版権モノはひとまず置いておいて、
スーパークルセイダー再販。
リフティングボディセット原型。
パンサー・クーガー原型。
ビゲン原型。
ってなところが順当か。
再販モノは来週アタマから作業開始。
グリペンは思いのほか評判良かったので
通常商品に繰り上げ予定。
一部シリコン型を作り直し。

それにしても昨今の144ブームのおかげで
かなりの数の新作144航空機が
いろんな形で流通するようになったが
あいかわらずウチのラインナップは穴場である。
それでこそ隙間産業たるガレージキットの王道なのだが
改めて自分の嗜好の特殊さを感じる。
0

夏バテ  

ワンフェス終了時の体力消耗がMAXで
なかなか回復しない。
食欲もあまりなく眠りも浅い。
なんでかな〜とか思ったら
ベッドのマットを使っていた所為ではないかと。
深夜にマットを外して布団のみに。
なんだか硬い気がするが、腰が沈まずよく眠れた。
やはり体力回復の基本は寝ることと実感。
0

さよなら冥王星  

降格されちゃった冥王星。
もともと、惑星があるだろうと予測される軌道上で
発見された小天体なので
惑星になったわけで。
「キャプテン・フューチャー」の
エドモンド・ハミルトンが小説を書いていた時期が
この発見の前後であり
翻訳本の中には訳注で発見された時期が
記されているものもある。
「ヤマト」ではガミラスの基地があったし。
20世紀後半の宇宙物には欠かせない惑星であったが
降格。
結構残念。
0

冥王星最後の日  

こんな50年代SFっぽいタイトルがつけられるのは
今後しばらくは無いだろう。

全くの余談だが、
この手のタイトルに目覚めたのは
小学校の図書室にあった「地球最後の日」。
ブロンソンαとβがやってくるアレだ。
ある意味SF原体験。
その後、映画版「地球最後の日」「妖星ゴラス」
「メテオ」「さよならジュピター」を経て
「ディープインパクト」とか「アルマゲドン」
とかに行くのは別の話。

ほんと冥王星、どうなっちゃうんだろう。
結果は今夜判明。
0

回想・印刷物  ワンフェス

準備作業でなかなか進まなかったのが
パッケージや組み立て図などの印刷物。
パッケージは文字のみの物もあるからいいとして
問題は組み立て図。
製作参考用に写真を載せるので完成品が必要なので
どうしても後になってしまう。
まずは組み立て概念画を描く。
作った本人が描いているで今ひとつ不親切気味な気が。
さらに問題なのは製作環境。
実はデカール作成のからみで
いまだにMacの5500が現役で稼動中。
CPUもメモリもHD容量も全然無いけど現役機。
気分としては未だファントムUで飛んでる感じ。
これにデジカメのメモリーから
FD型のアタプタを使ってデータを写すのだが
コレの電池が切れるというアクシデント。
すぐに100円ショップへ走ります。
用意が出来て完成品の撮影を・・・
とか思ったらオプションの接写レンズが無い。
すぐに家捜しですよ。
なんとか発見、撮影。
ようやく製作開始。ココからは順調。
でも気がつくと深夜をまわり
一部の製作と印刷は次の日へまわるのでした。
0




AutoPage最新お知らせ