VF-X-4 組立手順 その4  模型

すいません。予告と違います。
@修正前にエンジンやります。
ここにも@入るのでその流れと思っていただきたいな。
クリックすると元のサイズで表示します
インテークパーツを薄刃ノコで切り出します。
本体との接合部はVF−4っぽく段をつけてありますが
今見たらよれていたので修正します。
いっそ埋めてしまってもいいですし
トースカンで並行出してチョイ削ってもいいです。
ワシは切り出す時に失敗してしまったので
段を丸々削りとって1.5ミリ厚の積層プラ板で再生しました。

そして、エンジンナセル本体ですが
今回着陸姿勢で制作するので軽量化のために削りこみます。
リューターなんかなくったってOKです。
彫刻刀で削りましょう。
クリックすると元のサイズで表示します
加減をしながら削っていくと結構深くまで削れました。
クリックすると元のサイズで表示します
ここはどうせ上にバーニアパックが付くのでそのまんまです。
がんばって左右削ってください。

次こそ@修正だといいな。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ