VF-X-4 組立手順 その2  模型

さて、VF−X−4の組立ですが
いきなりですがディティールアップをします。
本体に続く内側の主翼にある大きなライト。
これを透明パーツ化したいと思います。
透明キャストなんかを使う方法もなくはないんですが
ウチでのテストでは扱いに慣れてないせいか
気泡が多かったり変色するのでイマイチでした。
そこで失敗の少な気な方法を書きます。
必要な物はタミヤから新発売された透明L字材3ミリと瞬着です。
クリックすると元のサイズで表示します
これを10センチほどにカットします。
この内側部分に瞬着を流して埋めます。
一度に流すと流れだしちゃったりするし
硬化が遅いので数度に分けて盛りつけていきます。
流す前に内側には600番以上のペーパーを掛けておいて下さい。
袋から出したままだと、非常にツルツルしていて
瞬着がくっつかずに剥がれることがあります。
クリックすると元のサイズで表示します
写真のように溢れるくらいまで流して
しっかり固まったら瞬着にヤスリがけして平にして下さい。
やすった面に銀色を塗装して準備終了です。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ