2010/7/23

『仕事に役立つ文具術』C〜筆入れ  文具・道具・器具


 先生方は筆入れの中に何を入れているのでしょうか? 私はけっこうあれこれ入れ替えているうちに、だいたい決まった形に落ち着いています。
 これがベスト・チョイスだというわけではありませんが、何かの参考になるかもしれないので紹介します。


クリックすると元のサイズで表示します
  

 まず筆入れ本体ですが、これにはあまりこだわりがありませんので、かつての同僚が退職記念にプレゼントしてくれたビニル製のものを使っています。壊れたらもっと良いものを探して買おうと思っていたのですが、そのまま15年も経ってしまいました。ビニル製筆入れ、なかなか侮れません。

 写真の上の方にあるのは1GのUSBメモリです。これを100円ショップで買ってきたばね状のビニル紐でつなげています。意識の上では「筆入れにUSBメモリをつけている」のではなく、「USBメモリに巨大なキーホルダをつけている」感じです。

 もちろんメモリの中身に秘密に属するものはありませんが、紛失したときに中身が安全なファイルだけであることを証明するのは(発見されない限り)不可能ですから、絶対に亡くしたくないのです。これだけ大きなキーホルダだと、うっかり落とすということはそうはありません。ばね状のビニル紐ですのでコンピュータに差し込むときも楽です。

 さて、筆入れの中身をひっくり返すと下のようになります。

クリックすると元のサイズで表示します
 

左上から
 @シャチハタ・タイプの印  A付箋紙(印鑑を買ったときのケースに入っています)  
 Bスティックのり    Cガチャック(小)   D消しゴム(TOMBO社の「MONO」)
 E修正液

 右上に行って
 F指サック      Gカッター    Hボールペン 赤黒2本(ペンテル社 Hybrid)
 I蛍光ペン(黄色:ペンテル社 Handy−line)  J12cmのものさし

 中にはこだわりの逸品もあり、何の変哲もないものもあります。その一つひとつについては、改めてご紹介しましょう。


0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ