2006/4/21

「夜の地球」  教育・学校・教師


 職員室前の廊下の壁に「夜の地球」という有名な写真が貼ってあります。夜の宇宙から見た地球の光の様子をあらわしたものですが、灯りの偏在は一目瞭然です。

 電力の偏りは、そのまま経済力の偏りを示します。どこに人々が集まり豊かな生活をしているのか、それがわかるのです。
 だいたいの位置を知っていれば、上海や香港、北京がどこにあるかはすぐに分かります。ナイル川やインダス川沿いに町が密集していること、台湾は西側に人々が暮らしていることなどは、普通の地図では分からないことでしょう。韓国の明るさに対して北朝鮮の暗さはやはり目を引きます。

 韓国の東側の日本海の中に、強い光の密集地域があります。アメリカはこれに気づいた時、日韓両国に緊急の問い合わせを入れたと言われています。「日本あるいは韓国は日本海上で何をしているのか?」
・・・その答えは本当に意外なものでした。(答えは来週)。

 面白い写真なので、児童にも紹介してください。 


0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ