2016/5/31

「ソシオグラムの話」  教育・学校・教師


 組織運営というのは詰まるところ予算と人事です。
 例えば国家について、この国を軍事大国にしようと思ったら国防予算を増大させ、大臣以下に政府の言うことをよくきく優秀な人材を当てていけばよいのです。逆にもう国防は十分だと思えば予算も人事もほどほどにということになります。予算は国家方針そのものですから国会の予算委員会は最重要とされ、各会派も最も優秀なメンバーを送り込みます。委員会でありとあらゆることが質問されるのもそのためです。

 学校も組織ですからその意味では同じなのですが、現在の校長先生には学級担任を決める程度の人事権しかありません。予算もほとんど自由にならないのです。口頭の職員指導だけで運営していこうというのですからなかなか大変です。
 学級も同じで、学級費と言ってもせいぜいがドリル帳をA社にしようかB社にしようかといった程度で運営方針を左右するほどのものではありません。人事と言ってもクラスの係など勝手に決めることはできません。しかし昔の教師はそうではなかったのです。

 私が教員になったころ、クラスの班づくりは当然担任教師が行うものでした。生徒に任せたりくじ引きで決めたりしたら学級経営なんてできるはずがないと教師は考えていたのです。
 どんな企業だって団体だって、部長や課長、部や課の職員をくじ引きやジャンケンで決めることはないだろうというのが彼らの言い分です。くじ引きで決めてしまったらとんでもなく弱小な班ができてしまい班のまとまりどころではないだろう、班競争などさせたら連戦連敗ですっかりやる気をなくしてしまうじゃないか、それでは生徒がかわいそうだ……と、彼らは考えます。
 そこでテーブルにクラス全員の名札を並べ、誰を班長にしてどういう組み合わせにするかを考えます。そのとき使うのがソシオグラムです。
 映画のパンフレットやテレビドラマのウェブサイトを見ると、しばしば「登場人物の人間関係図」というのが出てきます。誰と誰が恋人同士で誰と誰が反目しているとかを矢印で示したあれです。ソシオグラムはそれとよく似ています。

 作成に当たってはまず生徒のアンケートを取ります(これをソシオメトリックス・テストと言います)。
「同じ班になりたい人となりたくない人を男女それぞれ三人ずつ書きなさい。三人というのは『最大三人』という意味で、どうしても思いつかない場合は一人でも二人でも、あるいはゼロでも構いません」
 そういって始めるのです。
 ソシオグラムはそれを図にするだけですが、これが案外難しい。
 それぞれ一人から好き嫌い6本の矢が出ていくわけですからB4程度の紙(当時はB版でした)を使てもあっという間にごちゃごちゃになってしまいます。
 とりあえず男女間の好き嫌いは学級運営にあまり影響なさそうですから、これは別にする。それから人気のありそうな子を最初から中央付近に散らばらせ、誰にも選んでもらえそうにない子は用紙の端に仮置きします。そして「同じ班になりたい(選択)」を実線、「同じ班になりたくない(拒否)」を破線の矢印で結んでいくのです。

 始めのうちはフリーハンドで繋げていきますが、生徒の名前を避けて線が何本も大きく迂回しているようでは一目瞭然というわけにはいきません。最終的な仕上げは直線で引かねばなりません。そのために図は何回も書き直し、そのたびに生徒の位置を替えて考え直します。
 そうしてできあがると、図(ソシオグラム)の中にクラスの人間関係は鮮やかに浮かび上がってきます。

 相思相愛のような微笑ましい関係もあれば互いに拒否の危険な関係もあります。しかし何といっても目立つのは誰からも選んでもらえない子、好きとも嫌いとも言ってもらえない子です。
 ソシオグラムでほんとうに炙り出したいのはそういう子たちです。皆から好かれる子、みんなから嫌われている子なんて何もしなくても普段の生活ですぐに見えてきますが、孤立している子はうっかりすると見過ごしてしまうのです。そういう子には特に気にかけてやらなくてはなりません。
 ソシオグラムの中にはみんなから好かれているのに「一緒の班になりたい人」を一人上げただけで「なりたくない人」は一人もいないといった人格者がいます。何人かいます。孤立している子、孤立しがちな子はその人格者と同じ班にしておけば何かと便利です。担任が何も言わなくてもその子を助けてくれます。
 もちろん互いに「なりたくない」同士はやはり一応避けておきます。しかし「一緒の班になりたい」者同士を同じ班にする必要はありません。してもいいのですが班づくりの要素は複雑ですから、そこまで配慮することはなかなかできないのです。人気者がひと班に固まるのも何かと不便ですし、嫌われ者がひと班に二人もいるとかないませんから避けます。
 班同士は学力も運動能力も平準化されるべきです。リーダーシップのある子も一人は入れておかなければなりません。
 そんなふうに夜通し考えながら行うのが昔の班づくりです。それがうまく行けば次の班替えまで学級は安泰ですし、班ごと競って学力を上げたり特別活動に取り組んだりしてくれるので、学校でつけるべき力が生徒同士の切磋琢磨によって果たされるようになるのです。

 そんな便利なソシオグラムや担任主導の班づくりはいつごろからなくなったのか――。
 私の地方で、それはもう30年近く以前のことだと記憶しています。「私の地方では」と断ったのは平成10年(1998年)、北海道の小学校でソシオメトリックテストが行われそれが大きな問題となったと記録にあるからです。「一緒に遊びたくない子」の実名を書かせたことに配慮が足りなかったというのです。
 学校は人権教育の砦ですので「人権侵害」を訴えられると引き下がらざるを得なません。実態は知りませんがもはや学級で「一緒に遊びたい子(同じ班になりたい子)」を書かせることすらできないでしょう。

 ソシオグラムは孤立児や憎しみの関係を炙り出して担任の注意を喚起し、指導の方向性を示す有力な道具でした。担任による班づくりと競争は児童生徒の自主的な成長を促す、これも非常に有効な方法でした。しかしどちらも子どもの人権を守るためのものだったのに「人権尊重」の名の下に奪われてしまったのです。
 その子の将来の人権を守る活動が “目の前のその子の苦痛を取り去る”という人権尊重のために消えて行った例は枚挙にいとまがありません。

 そこに私は不毛な問答を思い浮かべます。
「そんなやり方でなくても、子どもの力は伸ばせるだろう」
「どうやって?」
「そんなことプロなんだから自分で考えろよ」



4

2016/5/30

「眩しい人々」  政治・社会


 舛添知事の定例記者会見が金曜日のため3週に渡って土日の報道番組・バラエティは同じ人の顔を映し出します。気分の悪いことこの上ありません。
 先週あたりから「第三者の公正な目で見てもらうことにした」と言う話になっていますが、テレビや雑誌に出てくるどの専門家も口をそろえて言うのは「法律違反とは言えない、ただし道義的問題はある」。だったら「第三者の公正な目で見て」も結果は同じになるに決まっています。結局決定的な問題は出てこないのですから多少疑問の残る例については「申し訳ありませんでした。お金を返します」と言ってあとは逃げ切れる――そんなふうに本気で考えているのかもしれません。

 しかしこの国で仁義を欠いて生きていくのはたやすいことではありません。“たかが不倫”で国会議員を辞めた人もいれば、とんでもない違約金を抱え込んだ芸能人もいるのです。都民の税金を使っての不道徳となればなおさら人々が引き下がるとも思えません。
 毎日大量の苦情に翻弄されている東京都職員はうんざりしていますし、議会もいつまでも知事の味方でいるわけもありません。このまま炎上・再炎上を繰り返し、結局むかしの映画の「座頭市」みたいに“いやなトセイだなァ”といって辞任するしかなくなります。早く辞めればいいのになぜこうもみっともなくしがみつくのか・・・
「昔の武士ならとうに腹を切っとるわ!」
と私でさえ時代錯誤の説教もしたくなります。

 ところが私の妻は今でもピンと来ていないようで、
「だってあの『遠距離介護』の舛添さんでしょ? そんな人が不誠実なことなんて・・・」
 聞けば、厚労大臣になる前に毎週遠距離介護のために帰省し、痴呆症の母親の面倒を見続けたとか。その介護を題材にして2冊も本を書いていますし「介護の舛添」のキャッチフレーズで厚労大臣になったともいわれています。
 妻はその姿に当時一筋の光明を見つけたような気がしたと言います。
「こうした有名人、立派な人が介護に必死になっている姿を見せることによって、日本人の介護に対する認識は変わるのかもしれない」

 ただしつい最近になって、その介護も、
「1か月に1回来るか来ないか。それも母親の顔を見て帰る程度でした」(スポーツ報知
という話が出てきており、かなり眉唾となってきています。
 どちらが事実を言っているのかわかりませんが、本人が「私は年間約500万円の足代がかかる遠距離介護を選んだ」PRESIDENT Online 201.01.17)と言っていますからむしろ怪しい。自分のためでなく、誰かのために500万円も出す人だとはとても思えないからです。
 ただし同じ文のあとの方で、「また精神的な負担になる可能性があるのが親族との関係。(中略)特に金銭が絡むと話がややこしくなる。これを解決する1つの方法は介護を親のお金ですること」と言っていますから、ケチでも毎週行くことはできたのかもしれません。
 しかし「毎週末」がほんとうだったとしても、それで「介護」はないでしょう。他の五日間は誰が面倒を見ていたのか――。

 ところで、
「1か月に1回来るか来ないか。それも母親の顔を見て帰る程度でした」
 そんな証言がいつでも出てきそうな状況にありながら、舛添要一氏は本を2冊も書き、厚労大臣になりました、そして介護問題も中心公約にして都知事にも立候補する――私は呆れるというよりはむしろ眩しい想いで仰ぎ見ます。
 私には絶対できない――。

 話は変わりますが、同じような想いにさせられるニュースがもう一つありました。
 それは今月12日、神奈川県の墓地で女性の遺体が発見された事件の裁判で、被告の女性が「北川景子に負けたくなかった」と証言したことです。
 それによると主犯とされる男は、「お前がやらなければ北川景子と撚りを戻して手伝ってもらう」、そう言われて協力する道を選ばざるを得なかったというのです。男はそれまでも何度も北川景子の名をあげており、相武紗季に迫られて困っているといった話もしていました。
 それが信じられてしまう。
 もっとも路上で電話をかけるふりをして、「私としてはここはエグザイル押しで行こうと思います」と見知らぬ人にまで芸能関係者を装うような男ですから、芸能人の名前などいくらでも口にできたのかもしれません。
 しかし厚顔!しかし無恥!

 そう言えば昔、女性銀行員から億単位の金を引き出させた結婚詐欺師は“自分はCIAの諜報員だ”とか名乗ってしばしばデートの最中に東京中を逃げ回っていたそうです。
 ショーンKはアラバマ大学大学院くらいにしておけばよかったものを「ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得、パリ第一パンテオン・ソルボンヌ大学に留学」でした。
 佐村河内守に至っては「日本のベートーベン」です。
 芸能人の年齢詐称や出身地詐称(東京出身の歌手がデビュー曲に合わせて熊本出身とか)には枚挙にいとまがありません。
 事実真実を知るかつての同級生や親せきや友人かつての仲間がこの世にいていつ発言するか分からないというのに、この人たちはなぜ怯えなかったのか、平気でいられたのか――。

 私は彼らを眩しい気持ちで見るとともに、妻についた小さなウソにも戦々恐々と怯える自分の小ささにもウンザリしています。


4

2016/5/27

「距離の問題」b  教育・学校・教師


 球形の地球を二次元の用紙に正確に写すことはできない、だからすべての地図は不正確である――中学校の地理で最初に学ぶ内容のひとつです(今でもそうかな?)。そしてそのために様々な世界地図、メルカトル図法だのモルワイデ図法などを学ばなくてはいけなくなるのですが、中でも馴染みにくいのが正距方位図法です。
 なぜ馴染みにくいのかというと、それぞれの大陸や国の形がこれまで見慣れていたものとまったく違い南アメリカ大陸などそれと言われても分からない、ユーラシア大陸やアメリカ大陸が妙に小さく南極大陸が島の形をしている、それが第一。
 第二は中学校や高校の地理の時間に勉強したきり二度とお目にかからない、使ったことがない、なんのためにあるのかわからない、そういった事情があります。
 それはこの図法が航空機専用だからです。

クリックすると元のサイズで表示します

 正距方位図法の名のごとく、距離と方位だけが「正」であとは全部(面積や形)でたらめなのです。しかも図の中心にある都市から見て正しい距離と正しい方位を示しているだけで、同じものは他の都市からは使えません。それぞれの都市で違う地図ができてしまうのです。
 外国までの距離と方位ですから基本的には国際空港のある都市でしか必要はありません。しかしもしかしたら大陸間弾道ミサイルの秘密サイロのある町では作ってあるのかもしれません。

 航空機やミサイルは飛んでいく方向と航続距離さえわかればいいので、形はどうでもよくなります。上の地図は東京を中心としたもので、オリンピックの開かれるリオデジャネイロはほぼ真東で、ニューヨークは北北東、パリは北北西に位置することがわかります。南アメリカ大陸がほぼ円弧に沿ってあるのは、この大陸のほとんどの都市と東京はほぼ等距離にあることを示しています。それで全部です。

 ところで同じ発想で、“ひとの心の距離の正距方位図”をつくったらどうなるでしょう?
 例えば今日の私にとって三重県の賢島はかなり近い距離にあります。関心がありますから。長崎は私の隣の県です。ネット上の友だちがいますから。しかし大分や宮崎は長崎よりずっと西にあります。友だちも親戚もいませんので。そんなふうな地図です。
 北朝鮮のピョンヤンは韓国のソウルよりずっと手前にあります。ペキンもかなり近いです。リオデジャネイロはじわじわと近づきつつあります。三か月もしないうちに隣町くらいになってしまうかもしれません。
 そう考えると心の正距方位図は刻々と変化することがわかります。
 小金井のアイドル刺傷事件の容疑者にとって、東京は京都に隣接するくらい近かったはずです。勤務する会社はそれよりずっと遠くにあったのかもしれません。

 話は変わるみたいですが、私が子どものころ、世界は私の自宅の周辺、半径100m以内程度の広さしかありませんでした。正確に言えば通学路と小学校の敷地も「私の世界」でしたがそれ以上ではありません。
 私は好むと好まざるとによらず、その世界で生きていくしかありませんでした。
 いいヤツもいましたが嫌なヤツもいっぱいいて、「半径100mの世界」の辺境に住む“ヒロシ”などはいわば性質の悪いジャイアンで、私たちはしょっちゅう逃げ回っていました(「ワー! ヒロシが来たー!」)。関わりたくないのですが、とにかく向こうが近所をウロウロしているから困るのです。

 ところが今の子どもたちは違います。
 今の子どもたちは嫌なら自転車で隣町へ行ってしまえばいいのです。嫌なヤツとは関わらず好きな友だちとだけ交わっていればいいのです。
 考えてみると赤ん坊の時からそうでした。現在の母親は私の母親たちと違って地域に縛られません。その気になったら自家用車か電車か電動アシスト自転車に乗って気の合う人とだけ会っていればいいのです。向こう三軒両隣の人よりも数キロ先の友だちのことの方がよく理解できています。
 あるいは半径10q以内に知己がなく、ネットを通して何百qも先にたくさんの友だちがいるという人だってあるかもしれません。
 心の正距方位図、描いてみると自分の意外な面も見えてくるのかもしれません。

(と、ここまで書いてそう言えば昔、「心の正距方位図」を一生懸命に描いていたことを思い出しました。そのころは「心の正距方位図」などと言わず、「ソシオグラム」と言っていました。来週はそのこと書いてみたいと思います)


2

2016/5/27

「更新しました」  教育・学校・教師

 
「キース・アウト」

2016.05.27
運動会で暴れ出す「モンスター保護者」 校庭でバーベキュー、徒競走に「ビデオ判定」




0

2016/5/26

「距離の問題」a  教育・学校・教師


 主要7カ国首脳会議(伊勢志摩サミット)が始まりました。ニュースを見るとテロ対策の話題ばかりで、ぼーっとしていると会議でどんなことが話し合われるのかなかなか頭に入ってきません。言ってみれば、
「何も決まらなくていいから無事終わってほしい」
そんな気さえしてきます。しかし何はともあれ、無事を祈るとともに実り多い成果を期待したいところです。

 ところで、東京の小金井で起きたアイドル刺傷事件、これがサミット前の忙しい時期でなかったら警察はもっとキメの細かな対応をしていただろうか、そんなこと考えながらニュースを見ていているうちに、私は妙なことに気づきました――と言うか、おそらく多くの人たちは気づいていただろうに私がまったく気づいていなかった、そういう事実があったことに気づいたのです。
 文が変で何のことかわかりませんよね。
 要するにこれが「京都に住む男が東京の片隅(小金井といえば都心から見ると田舎でしょう)で活動する、一般的にはほとんど無名のアイドルに恋をして起こした事件」だということに今さらながら驚かされたのです。
 しかも容疑者は社会人で被害者は学生。言ってよければ高校中退と現役女子大生、さらに言ってよければ風采の上がらない男とアイドルと呼ばれるほどの美人、およそ接点らしいところの見つからない二人の間で事件が起こったのです。
 私が若かったころは――と息巻くまでもなくほんの十数年前まで、こうした二人が言葉を交わし疑似的にしろ交際する可能性はほとんどなかったはずです。

 もちろんファンによる襲撃という点では美空ひばりの硫酸事件(このときの加害者は女性)まで遡れますが、それでも加害者と被害者の間には距離があった、芸能人から声をかけるということはなかった、CD(昔はレコード)を買えばスターと握手できるということもなかった、そもそも1m以内といった近距離に近づくこともできなかった。文字通り“スター”は天空に輝き“アイドル”は偶像であり崇拝物だったのです。
 ところが現代のアイドルは手が届く――。

 Twitterに残されたやり取りの中にはこんな一説がありました。
「腕時計をプレゼントする意味を知っていますか? 大切に 使ってくださいね」
 私は意味を知らなかったのでネット検索にかけると、同様に理解できない人がたくさんいてあちこちで質問しています。答えは基本的にどれもこれも同じで、「同じ時を歩んでいこう」だそうです。
 ところで容疑者の男は、同じことを高校時代同級生に、社会人になってから同僚に、あるいは友だちに、あるいは知り合った女性したのだろうか――。
 推測で申し訳ないのですが、おそらくそれはできなかった、できなかったからこそ被害者女性に執着した、そう思えるのです。目の前の女性を口説くのに忙しいようでは、アイドルどころではないからです。

 遠い――地理的にも環境的にも属性も、すべてにおいて遠いアイドルが心理的には近く、目の前の生身の女性は声もかけられないほど心理的に遠い――こうした逆転(ないし混乱)はなぜ起こるのでしょう。

 一時期「リアルとバーチャルの混乱」という言い方が流行りましたが、アイドルとファンの関係もリアルです。自分が生きる現実世界とネットを通して存在するもう一つの現実世界が併存して進む、いわばパラレルワールドなのです(ただしルールが違う)。

 先日あつかったロシアとウクライナの場合(「そしてテレビは戦争を煽った」)もそうでしたが、メディアを通すと別のリアル(=現実)が発生してしまう。
 匂うはずのない火焔瓶や硝煙や同胞の血の匂いをマスメディアの映像を通して嗅ぎ、感じるはずのない肌のぬくもりを感じる、そしてその温かみが消えていく――。
 ネットワークメディアの文章や画像を通して相手の体温を感じ息を感じる――地理的には数百kmの、そして人間関係としてはさらに数倍の距離があるにもかかわらず、です。
                                         (この稿、続く)


4

2016/5/25

「キミは必ず戦争に行く」b  教育・学校・教師


 先週土曜日にNHKで放送した「そしてテレビは“戦争”を煽った〜ロシア・ウクライナ2年の記録」を中心に、“自分の国が戦争の当事者であるとき、客観的であることはとても難しい”、そういったジャーナリストの立場について紹介しました。
 70数年前あるいは80数年前の日本も同じで、大手メディアはこぞって政府を翼賛し戦争に加担していったのです。学校の教師も多くが教え子を開拓地や戦地に送り出すことをためらいませんでした。
 日本の戦後はその反省の上に立って成り立っています。しかしそれにもかかわらず、戦争が始まったら日本でもウクライナやロシアと同じことが起きます。自国民が大量に殺されることに、私たちは黙っていられないからです。
 国民が怒ればメディアも沿った記事を書かざるをえません。無碍に反対して購読者や視聴者を減らせば経営自体が成り立っていかないからです。その記事や映像にに煽られ、私たちはさらに激高していきます。「そしてテレビは“戦争”を煽った〜」で見た通りのことが始まります。
 日本はウクライナやロシアのような民主主義の歴史の浅い国とは違う、というのは幻想です。日本よりはるかに民主主義の歴史が長くネットも含めて多様なメディアが発達しているアメリカでさえ、時には万雷の拍手をもって兵士を送り出すからです。“テロとの戦い”の始まりはまさにそうでした。

 そうした状況にあって、私たち個人はどのうに振舞えるでしょう。
 話を最初に戻して(戦争が始まったら)「山の中に逃げる。戦争が終わるまでじっと我慢して頑張る」と発言した愚かな子どもたち(それはさらに昔の私たちでもあるのですが)、彼らに向かって私は自信を持ってこう言うことができます。

「キミたちは必ず戦争に行く。山の中に逃げて籠ったりしない。なぜなら友だちが何人も戦争に行って、そこで何人もが死んで、それでもキミたちが平気で山の中に籠っているなど、とても信じられないからだ。キミの仲間、つまり日本人があちこちで殺され、将来はキミの家族も友だちも殺されるかも知れないと感じながらなおかつノウノウと山の中で生きられる、キミたちはそんな卑怯者ではない。
 山に逃げたキミたちの妹や弟は学校に行っていじめられる。いじめる子たちのうちの何人かは戦争に家族を送り出しているからだ。それなのにキミの妹や弟の“お兄ちゃん”つまりキミは山の中で怠け暮らしている。そんなことはありえない。
 お父さんもお母さんもお祖母ちゃんもお祖父ちゃんもみんな肩身が狭い。だって同僚や友だちは戦争で子や孫を亡くしているのだ。亡くさないまでも死ぬのじゃないかと毎日心を凍らせている、それなのにキミだけが安全なところで生きている、そんなことはありえない。
 家族全員が卑怯者だと責められ、キミ自身も友の霊や無言のまなざしに悩まされる、罪の意識に苛まれる、そんなことにキミたちは耐えていけない、キミはそんな情けない子ではない。
 だからキミは必ず戦争に行く、もしかしたら勇んで行く。

 戦争が近づいたり始まってしまうと他に道はないのだ。好むと好まざるとによらず、キミは銃を担いで戦場に行かざるを得ない。それはもう間違いない。
 だからできることはただ一つだ。
 戦争が近づく前にそのずっと手前の方で、意を強くしてこの国と世界を平和に向けさせるしかないのだ。そちらに大きく舵をきるしかない。この国が戦争に向かわないように、わずかでも可能性があるならその道をこじ開ける、それがキミたちにできることで、同時にしなければならないことだ」

2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ