2016/4/29

「更新しました」  教育・学校・教師




「キース・アウト」

2016.04.23
小学校でのプログラミング教育必修化を検討 文科省


2016.04.25
中学校の部活動、教員は現状どう考えている?


2016.04.28
菊池桃子さん「PTAは任意」 発言に広がる共感なぜ?




0

2016/4/28

「はじめの一歩」  教育・学校・教師


 娘のシーナが引っ越しをするので東京まで手伝いに行ってきました。
 引っ越し自体は業者に頼んでしまったので大した仕事はなかったのですが、婿のエージュが休めなかったので赤ん坊の世話をする人間が必要だったのです。ハーヴと会うのは2か月ぶりでした。
 生後十か月になりますが、今回は特別に違ったことがありました。寝返りをうちズリバイ(ズルズルと腕だけで這う)もするようになったのです。もっともズリバイは後退のみでそれもたいへんゆっくりとしたものですが、これができれば一か月後くらいにはハイハイも夢ではありません。たいぶんそうなるでしょう。

 2月4日のブログにも書きましたが、生後7か月で体重が9kgもあったハーヴはその重さのせいもあるのか、いつまでたっても寝返りもしなければハイハイの予兆すらもありませんでした。8か月になっても9か月になっても、そして生後十か月の日を迎えてもダメでシーナは腹を決めつつありました。この子は寝返りもハイハイもしないままなのかもしれないということです。

 寝返り・ハイハイは発達課題ではなく、両方ともしないまま大きくなる子はいくらでもいます。ですから大した問題ではないのですが、それでもシーナの心の隅にはシコリとなって引っかかっていたようです。普通の意味で「寝返りもハイハイもしなまま大きくなる」ならいいのですが、別の意味でやらないとしたら、それはそれなりに覚悟が必要だからです。普段は忘れたように振舞っていますが出産時のトラブルは忘れられないようで、一般的な(あるいは一般的と信じられているような)成長の過程を経ないと落ち着かないのです。

 首が座ること、お座りができることそして笑うことは(決定的ではありませんが)それぞれ発達課題です。それができないと何か重大な問題が隠されている可能性があります。ですからハーヴの首が座り、お座りができるようになり、声を立てて笑うようになると、シーナはそのたびに大きな階段を登ったようで大きく胸をなでおろしていました。
 ですから苦にしなくてもいい、寝返りもハイハイもしない子はいくらでもいると頭ではわかっていても、やはり引っかかっていたのだなと、最近気づきました。

 ハーヴがどういうきっかけで「寝返り」を覚えたのかわかりませんが、先週の木曜日、それは突然やってきました。シーナの目の前で突然グルッと回って見せたのです。シーナは手を打って喜んだようですがハーヴ自身は驚いた上に困り果てたみたいです。うつ伏せなんて大嫌いだったからです。
「何がいけなかったの分からないけど、気がついたら不本意にもうつ伏せになってしまった」そんな感じです。しかしクルクル転がることには魅力があったのかもしれません。ここに子どもの成長の不思議があります。

 私がハーヴに再会して寝返りを見たのは、初めての寝返りからわずか五日目のことです。たった五日なのに、ハーブは私たちの目の前で何度も何度もゴロンゴロンと回って見せるのです。あれほど嫌がっていたうつ伏せも苦にせず、しばらくすると腕で強く床を突き放し、ゆさゆさと体をゆすってゆっくり後ろに移動していきます。私がハーヴの背後に移動すると、その姿を目で追いながら180度回転することもできます。驚くほどの変化です。

 はじめの一歩。それが大切なのです。
 寝返りは最初の1回ができればいい。2回目・3回目はすぐにできるようになる。
 ズリバイも最初の1回ができればいい。それが可能だとわかると人間は必ずするようになる。
 逆上がりも最初の1回ができればいい、
 自転車も支えなしで1回だけ走れればいい、
 走高跳も、例えば1m20pをまず1回跳べることが必要、
 1回できればあとは必ずできる。

 もしかしたら私の年齢になってもそういうことはあるのかもしれません。
 ハーヴの姿を見て、私も自分の「はじめの一歩」を探してみようという気になりました。


5

2016/4/27

「熊本城と日本の城」b  知識


 なぜ戦国武将たちは城をつくり、最後には籠城しようと考えたのか。別の言い方をすると、自国領内深く攻め込まれ城に籠った人々はその先どうするつもりだったのか――。
 答えは簡単です、待っていればよかったのです。

 敵が本気で城を攻め落としにかかるならむしろ目っけものです。
 城はそれ自体が巨大な迷路、繰り返す罠ですから来る敵、来る敵、面白いように倒せるはずです。石垣を登って来る者があれば石でも煮えたぎった油でも糞尿でも何でも落とせます。そこまでしなくてもそもそも登るために両手の塞がった兵ですから倒すなど簡単なのです。
 城内にはいたるところに鍵の手(直角に曲がった道)があり、乗り越えるべき塀があり、堀があり橋があります。そのすべてが守る側に有利につくられています。侵入者に都合よくなんかできていません。
 つい先日のNHKテレビ「真田丸」でやっていた第一次上田合戦は、上田城に籠った真田勢2000を徳川方7800が力ずくで潰そうとしたものですが、真田の死者が20〜40名だったのに対して徳川方は1300も失い、ほうほうの体で引き返していきます。
 こんなふうに城をめぐる攻防戦というのは圧倒的に防御有利で、攻撃側は相当な覚悟と兵力がないと踏み切ることができないのです。
 こちらが籠城したらあちらはそう簡単には攻めてきません。

 それでは持久戦。城の中の兵糧がなくなるまでじっくり待ちましょうということになりますがそれも簡単にいかない。
 とりあえず兵の大部分は半農ですから田植えだの稲刈りだのといった農繁期になると地元へ帰らざるをえません。越後のような雪国だと早めに帰国しないと領国から雪によって締め出されます。つまり半年も一年も包囲を続けるわけにはいかないのです。
 これは籠城側から見ると期限があるということです。いつまで我慢すればいいのか見通しがもてる、包囲は必ず解けるということになります。籠城もし甲斐があります。
 さらに籠城戦には経済的な問題もからみます。

 先の第一次上田合戦を例に、史実とは異なり兵糧攻めになったと仮定しましょう。
 外の徳川勢は城を二重三重に取り囲んでコメの一粒も入らないようにして待ちます。城内の2000人に対して7800で完全に封鎖できるかどうかは疑問ですが、仮にできたとしてどちらが有利か。

 もちろん城内では備蓄米を食いつぶして生きるしかありません。しかし中の2000が食つなぐのも大変ですが、外の7800を食わせるのも容易ではありません。一食を現代の学校給食並みの300円と仮定して一日5000円ほどの日当をつけてひとり6000円かかるとしましょう。7800人で日に4680万円。それが3か月(90日)に及ぶチキンレースをしたとすると、ざっと42億1200万円もかかるのです。
 城内に籠る側は(防衛戦ですから)日当を払う必要はなく、食料も最低で済ませますので日に600円として2000人90日、ざっと1億800万円ほどです。しかも備蓄米ですから年に換算するとさらに少ない計算になります。7800人分を自国から運搬したり現地調達しなければならない侵略軍に比べたらずっと楽なものです。

 城を巡る攻防戦というのは攻める側に相当な負担をかけます。したがって侵略軍が意図を放棄して自国に帰ればその戦いは籠城側の勝ちです。人的損失はそこそこでも経済的には大打撃を与えて撤退させるわけですから、引き返させるだけも圧勝ということになります。
 ベトナム戦争において「北ベトナムが勝ってアメリカが負けた」というのもそういう意味で、アメリカはたいへんな軍事費を使い、時間を使い、5万8千人の死者と33万人に及ぶ負傷者を出しながら何ひとつ手に入れることなくかの地を離れることになりました。まさに惨敗でしょう。

(日本の戦国時代にもどって)しかし籠城戦は守る側が圧倒的に有利という時代はやがて終わります。
 ひとつには兵農分離が進んで職業軍人の数がどんどん増えたことです。特に織田信長軍において顕著でした。職業軍人が主力になると農期に関係なく戦争が継続できます。城の包囲が長引いても領国に帰る必要がないのです。

 第二の理由は戦国時代の最終盤に起った圧倒的な経済格差です。
 籠城側が次々と敗れた豊臣秀吉の中国遠征、このときの秀吉が用いた兵力は2万です。それだけの人数を秀吉はいくらでも食わせることができた、食わせるだけの財力が信長から渡されていたのです。
 何か月チキンレースを続けてもまったく困らない――そういう勢力を相手にすると籠城作戦は完全に効果がなくなります。その意味でも信長は歴史を変えたのです。

 そして最後に、戦場に大砲が持ち出され、兵力を失わず城の本体を破壊することができるようになったこと。
 大阪夏の陣が終わると、たとえ天災で天守閣を焼失しても再建しない例が増えます。平和な時代が来たからとも言えますが、大砲の圧倒的な破壊力を見た後では籠城の可能性はほとんど論議されなかったのではないかと思います。
 これも信長の敷いたレール上に起きたできごとです。

 ちなみに「真田丸」の六文銭は死出の意で、決して真田が金の亡者だったことを示すものではありません。しかし信長の旗印の永楽通宝からは守銭奴の匂いがします。
 全国有数の穀倉地帯である尾張に生まれ、美濃・越前と米どころを次々と押さえ、当時の経済の中核都市堺を飛び地のように制圧してしまう織田信長。永楽通宝の旗印はそんな戦国屈指の経済通の面目躍如といったところかも知れません。

クリックすると元のサイズで表示します






4

2016/4/26

「熊本城と日本の城」a  知識


 地震のおかげで熊本城というものを知ることができました。
 九州は長崎県以外に行ったことがなく、失礼ながら熊本城は国宝でもないし鉄筋コンクリート造りなので興味もなかったのです。しかし今回、地震報道ととともに熊本城についても多少の紹介があり、そして何よりヘリコプターやドローンによって全体の様子を見ることができたのです。なるほど三名城と言われるだけの素晴らしい構えです。修復に10年以上の歳月と100億円を替える資金が必要だとか言われいますが、それだけの価値はありそうです。そして何より熊本復興の象徴として、今後も注目されるに違いありません。

 三名城というのはWikipediaによれば、規模において「江戸城・名古屋城・大阪城」、設計者によって「名古屋城・大阪城・熊本城」、江戸時代に存在した巨大天守閣として「名古屋城・姫路城・熊本城」(名古屋城は第二次世界大戦で、熊本城は西南戦争でそれぞれ焼失)ということになるのだそうです。しかしやはり「名城」と言うからには武力装置として完成度を考えるのが適当で、「名古屋城・大阪城・熊本城」の三城で決まり、と私は思います。

 城郭については大昔(といっても20年ほど以前)社会科の授業で扱うためにかなり突っ込んで調べたことがあります。調べたうえで結局授業には乗らなかったのですが、やはり勉強すると興味はわいてきます。以後、職員旅行などで城のある町に行くと城郭には必ず寄ってみることにしています。
 本来の城は敵に攻められた時にいかに撃退するかという、ただひとつの目的のためにつくられたものですから、びっくり箱のような仕掛けに満ちていてとても面白いのです。
 石垣を登ってくる敵をここまで引き寄せて石をゴロゴロ落とすとか、天守閣の中に入り込んだ敵はこの位置で待ち伏せし、そこも撃破されたらこの場所で再度挑戦する、そんなことを考えながら見学するのはなかなかワクワクする体験です。
 熊本城がそれほどの名城なら、復興の暁には私も行って見てみよう。今回の震災でたくさんの映像を見せられ、今はそんなふうに思っています(10年後も生きていればですが)。

 ところで城郭について勉強するさらに以前、自分が勤務するのとは別の学校の研究授業で戦国時代の戦闘のことが話題になり、そのとき一人の先生が、
「籠城という絶望的な戦いに追い込まれた城主が・・・」
という話を始めて心に引っかかったことがりました。まだ教員になったばかりで勉強の行き届いていない時期のことです。
 何が引っ掛かったのかわからないのですが何か違和感がある――。

 話はそのまま進んでしまい結局ひとつの発言もしないまま戻ってきたのですが、家に帰ってからその引っかかりの意味が分かりました。籠城戦が絶望的な戦いなら、なぜ外に出て野戦を行わなかったのか、いやそもそもそんな「絶望に備えて城郭を整える」ということ自体が変じゃないかい、ということです。
 ああ、援軍を待っていたのかもしれない、逆転の可能性があるから城にこもったのかもしれない、そこまで突っ込んで質問をすればよかった、もしくは私自身が調べてみればよかった、そんなふうに考えてホゾを噛んだのです。
 しかしよく考えればそれも変です。
 敵に攻められて劣勢に追い込まれ、しかし援軍の来る可能性があるから頑張る、そういったかなり特殊な状況に備えて城を設けるというのもやはり変なのです。

                            (この稿、続く)

3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ