2014/8/25

「役に立つ人々とそうでない人々」  政治・社会・文化


 広島の被災地では日々行方不明者が増えるという残酷な逆転はなくなったものの一貫して天候が悪く、発見される行方不明者も日に一人、二人と、遅々として進みません。昨日は天候の不順を理由にボランティア活動も中止となり、多くの人々が空しく被災の地を去る姿が報道されていました。一刻も早い天候の回復と復興を祈るばかりです。

 しかしそれにしても東日本大震災以来、国内のどこかで災害があれば当然のごとく休暇を取り、リュックを背負ってスコップを手に、ボランティア活動に励もうとする誠意の人々がものすごく増えた気がします。そして無数のボランティアを差配する組織やマニュアルも非常に整った感じがします。本当に真面目な国民です。

 かく言う私も3年前、東日本大震災の際にはいち早くボランティアに出ることを考え、しかし被災地に十分な受け入れ態勢がないので3月の後半と4月の大部分をむだに過ごし、そしてゴールデンウィークになっても出番がないので仕方なく裏の小さな畑作りに勤しんでいるうちに、ハタと気づいたのです。
私なんか全く役に立たない。

 わずか半日の畑仕事で疲れ果ててしまうのです。そんな私が被災地に行って丸一日瓦礫を掘り起こすなど、とてもではありませんができるはずがありません。よせばいいのに見栄を張って能力以上に体を動かし、挙句の果てに現地の病院のお世話になって迷惑をかける、そんなところがオチです。
私はないか本当にがっかりしました。

 秋葉原の無差別殺人事件の際、直後の街に象徴的な風景が広がりました。それは直接役に立つ人間としおいうでない人間のあざやかな対比です。
救急車の駆け付けるまでのわずかな時間に、周辺にいた医師や看護師、その他医療関係者は被害者に取りついて心肺蘇生を始めます。ひとりでも助けようと皆必死なのです。その一方で他の人々――そのうちの多くが携帯電話を持ち出して写真撮影を始めたのです。

 こちらで面白おかしく写真を撮っている者たちとあちらで直接的に命を掘り起こそうとしている人々――願わくば私も“あちら側”の人間でありたいものだと、そんなふうに思わせる構図です。

 シャベルを担いで広島に行って働くだけの力はありません。もちろん募金には応じるとして、それ以外に何ができるか。
 今回は間に合わないにしても本気で考えておこうと思います。



1

2014/8/22

「忘れてはいけない」  親子・家族


 広島が大変なことになっています。
 被災後、二日たっても三日たっても行方不明者が増え続けるという異常事態は、阪神淡路や東日本の大震災以外に絶えてなかったことのように思います。天気図を見ると繰り返し繰り返し第一級の雨雲が広島にかぶさって行き、まるでいじめているがごとく――。
 一刻も早い天候の回復が望まれます。

 さて、今回の災害については様々に悲しい逸話が伝えられていますが、なかでも私の心に暗く覆いかぶさってきたのは最初に報道された二人の被害者、2歳と11歳の兄弟に関わる物語です。8月20日の朝、「午前3時20分ごろ広島市安佐南区山本の住宅で裏山が崩れ、この家に住む2歳と11歳の男の子2人の行方が分からなくなりました。消防が捜索した結果、午前5時15分ごろ、このうち2歳の男の子が見つかりましたが心肺停止の状態だということです(NHK 8月20日 6時25分)」と報道されたあの子たちです。

 NHKでは映像だけでしたが民放では音声も流され、中で母親とおぼしき人が叫んでいます。
「どこにいるの!」「答えないさい!」
「『助けて』って声を出しなさい!」
 それは本当に悲痛な叫び声で、静かな被災地に大きく響き渡ります。もう消防が入っていましたから相当な時間が経っていたはずです。しかしそれでも叫ぶのをやめない――。私はテレビの音に耳を傾けながら、よく似た叫び声に記憶のあることを思い出しました。それもやはりテレビの中で聞いた声です。

 4〜5年前のことです。やはり民放の特番で、小児がんの4歳ほどの男の子とその家族を追ったドキュメンタリーの中に、その声はありました。
 抗がん剤の影響で髪を失ったその子は、すっかり痩せ細ってまるで老人のように見えます。すでに回復の見込みはなく、家族はその命を誕生日まで長らえさせようと、必死の思いで戦いを続けているのです。
 そしてようやくその望みが達成され迎えた誕生日の朝、テレビクルーがお宅を訪ねると家の前に救急車が泊まっていたのです。聞くとその朝、急に容態が変わったというのです。
 カメラはそのまま救急車を追い、救急診療の場に侵入します。そしてあの声が響いたのです。
「ダメよ〇〇(子どもの名)! 死んじゃだめ」「目を開けなさい!」
「今日はダメ、今日はダメなの! 今日は死んじゃいけないの!」

 子どもが死ぬのに今日も明日もないはずです。しかしその家族にとって「今日はダメ」なのです。

 私は基本的に信仰心の篤い人間です。しかし神意や神慮が分からなくなるのはこういうときです。なぜその一日が待てないのか。“その日”、家族から子どもを奪うことにどういう意味があるのか――。
 
 私たちは初めてわが子にあった日のことをすぐに忘れてしまいます。その日3sほどの小さな命の塊を抱きしめながら、ただひとつ願ったことは「健やかに育て」、それだけでした。
 そうした素直な感情は、子を失いそうにならなければ思い出せない、それほどもろいものだったのでしょうか。


3

2014/8/6

「期待と逡巡」〜一手の遅れ  教育・学校・教師


 佐世保での不幸な事件は一般化できないものでだからこそ特殊な情報(この事件に関する具体的な詳報)を持たない私などは安易に語るべきではない、そんなふうに思っています。ですから前回記述したのみで終わらせようと思ったのですが、どうにも気になることがあります。それは弁護士を通じて世間に伝わってくる加害者の父親の発言に対する、マスコミの反応です。

「言い訳に終始している」「他人のせいにしている」「不可抗力を強調しようとしている」「被害者の家族の心情にまったく配慮していない」等々。

 しかし私は父親のもっと誠実なものを感じています。それはこの事件を学び、この事件から教訓を得ようとする人たちがミスリードされないよう、その時々で正確な情報を出して行こうという真摯な態度です。子がこれほどまでに大きな事件を起こしてしまうと父親として社会に対してできることはほとんどありません。そうだとしたらせめて、情報はだけはきちんと出しておこう、そんなふうに感じるのです。

 例えば、「実母が死んで間もないというのに若い後妻を迎えた父親、その無神経が加害少女の心を狂わせた」というストーリーはあまりにも単純です。そうしたありきたりの、一般化できる感じ方はこの娘にはふさわしくありません。むしろ後から報道に現れた、「お母さんが死んで寂しかったから、新しいお母さんが来てくれたのはうれしかった」――こういった、いかにもこの娘にふさわしいような気がします。そうした特異な情報を積み上げて、初めてその心の在り方に近づくことができるのです。父親はそこに力を尽くそうとしています。

 もうひとつ。
 危機が目の前に迫っている状況でいちいち対応が後手に回った問題について。これは結局、生徒指導の場に常に存在するジレンマです。非行にしても不登校にしても、最悪の状況になると確実に分っていれば、手を打つのに躊躇はありませんしおそらくもっとも適切な対応がとられるはずです。しかし実際にはそうはならない。なぜならそこに期待や逡巡があるからです。悪い兆候ばかりではなく明日になればよい兆しが見えるかもしれない、明後日には別の動きがあるかもしれない、そうした親の期待や逡巡を一概に責めることはできません。何かがあればすぐに司直や関係者に我が子を引き渡すような親では困るのです。
 明後日、娘が友だちを惨殺すると分っていれば仕事をすべて投げ捨てて警察に駆け込んだことでしょう。しかし危機感はあってもそこまで切迫しているとは“思いたくなかった”、その思いが、一手遅らせました。時間外に病院や児童相談所に電話を入れるという愚かさは、そこから産まれます。しかし今後社会制度を整える上では、この“親の期待と逡巡”は織り込んでおかなければならない重要な要素です。


 理化学研究所の発生・再生科学総合研究センターの笹井副センター長が亡くなりました。すでにノーベル賞を取っていて不思議のない人、日本の宝とまで呼ばれた天才です。理研の内部あるいは周辺に、この人が自殺する予見や不安はまったくなかったのでしょうか。
 小保方晴子さんの方には人が着いていました。しかし笹井氏の「(研究の)ディスカッションができない」という異常な状況に誰も手を出さなかったとうのは、どうにも解せないことです。

 大人の社会における一手の遅れについては、これはまた別に考えてみたいことです。


1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ