2014/1/31

「明日、ママが・・・」A  教育・学校・教師


「明日、ママがいない」に関わって、マス・メディアは面白ければそれで構わない何でもやると書きました。しかも困ったことに自分たちの作品の影響力について、まったく頓着していません。

 よく番組の最後に「この物語はフィクションであり、実在の人物・団体とは一切関係ありません」といったテロップが流され「明日ママ〜」でも当然出てきますが、それで免罪されると考えるなら、あまりにも無知です。
「視聴者もドラマを真に受けるほど馬鹿じゃない」という言い方もありますがそれは卑怯でしょう。裏返せば「悪影響を心配する人は視聴者を馬鹿にしている人だ」という罠です。もしテレビ局が本気で影響を信じないなら、スポンサーに向かってそう言えばいいのです。
「視聴者は馬鹿じゃない、CMで何を言おうと影響を受けて買う人なんかいません」
しかしそんなことをする人はひとりもいないでしょう。制作者もスポンサーも、テレビに一定の影響力があると信じるから番組をつくりCMを流しているのです。選択的にこちらはあるがあちらはない、というのはご都合主義です。

 たしかに視聴者としての私たちはドラマを鵜呑みにはしません。“どうせテレビのことだから”と話半分に感じていたりします。しかし実際は話半分どころではなく、話(創作)9割ということはいくらでもあります。

 かつて、私は保護者と厳しく対立した席でこんなことを言われたことがあります。
「先生は映画の『学校』を見たことがありますか? 『金八先生』は見ましたか? あれはドラマだと思うかもしれませんが武田鉄矢さんは教育大学を出ていて、番組の中でいくらでもアドリブでしゃべっているんです。だから生徒は言うことを聞く。プロではない武田鉄矢さんにできることが、なぜ先生にはできない」
 そんなものです。
『ごくせん』や『GTO』ほどに荒唐無稽ならまだいいのですが、中途半端に真面目だと迷惑です。あのとき口には出しませんでしたが、心の中ではこんなふうに思っていました。
「生徒が違う。『金八』の生徒たちは『自分の気持ちを適格に表現できる』『悪いと思えば反省できる』、そしてなによりも『反省したらそれを生かせる』、そういう子たちだ。しかし大人である私も、私の教え子たちもそうではない。自分の気持ちなんてはっきりと捕まえられない、反省しても生かせない、分かっちゃいるけどやめられない、それが人間でしょ? だからたいへんなのでしょ?」
 適格な自己表現ができて反省ができ、それが生かせる子どもたち。そんな子どもはめったにいるものではありません。ましてやそんな生徒ばかりの金八先生のクラスは“話9割”の世界です。それをもとに現実の教師が非難されてはかないません。

 今回の騒動に対して慈恵病院(熊本)はサイトに次のような説明を掲げました。
「今、私たちが問題にしているのは一般家庭のお子さんだけではなく、児童養護施設へ入所する前に家庭で虐待を受けたお子さんの、傷ついた心のケアの問題です。虐待を受けた中には、トラウマ(心的外傷)の影響から脱却できないケースがあります。友達が冗談で投げかけた『ポスト』『ロッカー』『ドンキ』などの言葉も、虐待を受けた子どもの心には刃物のように突き刺さり、フラッシュバックの引き金になりかねません」
 これが大げさでも杞憂でもないことは、児童養護施設の実態をほんのわずかでも取材すればすぐにわかることです。そのくらい神経質で危険な世界なのです。

 児童虐待で子どもが殺されると、それに関わっていた児童相談所が厳しく非難され土下座に近い謝罪をさせられます。そのときの前に並ぶカメラの砲列には日本テレビのものもあったに違いありません。しかしその日本テレビの別な現場では、「虐待されたって子どもは元気さ」「親が『赤ちゃんポスト』に子どもを投げ込もうが、鈍器で愛人を殴ろうが、そんなことはたいした問題じゃない」というメッセージを流し続けているのです。
 そんなバカな話はないでしょう。


2

2014/1/30

「明日、ママが・・・」@  政治・社会


 児童養護施設を舞台にした日本テレビ系の連続ドラマ「明日、ママがいない」が話題になっています。児童養護施設の実態をまったく反映していない、偏見を助長するといった内容で病院や施設から放送中止の要望書が出されているというのです。

 私はドラマを見ていませんからとやかく言える筋合いではないと思いながら、しかし芦田愛菜ちゃんが演じる“「赤ちゃんポスト」に預けられていた過去を持つ子どもが「ポスト」というあだ名で呼ばれている”と聞いただけで“これはアウトだな”と思ったりしていました。その上でドラマも見るつもりはなかったのですが、昨夜、何の気なしにつけたテレビがちょうど「明日、ママがいない」で、そのまま見るともなく見てしまいました。

 見終わって感じたことは、「他愛もない」。
 その程度のドラマです。
出てくるキャラクターはポスト以外に「ボンビ(貧乏だから)」「オツボネ(歳が行っているから)」「魔王」、昨日新たに加わった人物が「家政婦の三田村」となればその基本的姿勢は自ずと分かってこようというものです。そもそも「明日、ママがいない(芦田愛菜がいない)」という題名を思いついた時点から不真面目でした。

 第3回の昨日を見ると、悪魔のような「魔王」にもそれなりの事情がありドラマの進展とともにその深い愛情が明らかになることが予告されています。子どもたちは過酷な状況でも明るく前向きに生きており、そのたくましさが人々に勇気を与える、そういった内容です。「他愛もない」と同時に「問題もない」印象も与えます。。
 したがって「明日ママ」を支持する人々は番組を訴えた熊本慈恵病院に抗議の電話やメールを入れ、日本テレビの社長も記者会見で「最後まで見ていただければ制作意図はわかってもらえる」と戸惑ったようなコメントを出したりします。
 彼らは分からないのです。なぜ、これほど素直で前向きな、そして他愛もない物語がこうも激しく非難されなければならないのか。他愛なく、悪意もないから問題なのだということがまったく理解できません。

 慈恵病院のいわゆる「赤ちゃんポスト」は、軽々しく取り上げていい問題ではありません。それを開設し維持するためにどれほど深刻な状況があったのか、ドラマは一切顧慮しません。いま社会問題の最前線で厳しい戦いを強いられている児童相談所や児童養護施設の、いばらの道を子どもとともに手探りで歩く深刻さにも、まったく配慮できていません。

 子どもはポストに投げ込まれたってけっこう元気に生きていけるものだ、親に捨てられたって仲間がいればみなたくましく生きていくものだ、そうした軽さしかないのです。

思うに制作者たちは、病院や施設の状況などどうでもよかったのです。必要なのは不幸な子どもが集まる場、そして個性的で面白いキャラクターたち。場と人間がそろいさえすればドラマは自然と動いていきます。

「オツボネ」だの「ドンキ」だのはかつての「太陽にほえろ!」の“ジーパン刑事”や“殿下”と同じで、現実に存在するかどうかはまったく問題になりません。真昼の市街地で私服の刑事たちがバンバン拳銃を撃ちまくるのも、施設の子どもを救った男性に児童相談所の女性がキスでお礼をするという荒唐無稽も、面白ければそれでかまわない、それがメディアの一貫した姿勢です。

 しかしそれでは私たちがたまったものではありません。
                                 (この稿、続く)



3

2014/1/29



 やや気の早い話ですがまもなく1月が終わり、3日たつと節分です。豆を撒いて邪を払い、やり直す日です。新年の誓いが三日坊主になっている人も、もう一度挑戦してみるといいのかもしれません。

平安時代には追儺(ついな)といって大晦日の行事でした。一寸法師や酒天童子に見られるように、当時の都はそれこそ百鬼の夜行する場所で、豆も撒きがいがあったはずです。私たちの良く知る「鬼」のほかに死霊・生霊の類もいて、ずいぶん賑やかだったのかもしれません。源氏物語や安倍晴明の物語にも、怨霊・悪霊の話はたくさん出てきます。

「東山三十六峰、草木も眠る丑三つ時・・・」というのは魑魅魍魎の出現する前触れのような台詞ですが、時刻で言えば「丑三つ時(午前2時ごろか?)」、方角で言えば北東が鬼の出没するところです。鬼門といい、入ってこられてはかないませんから普通はこの方角に玄関を造ったりしません。北東は昔の言い方で言えば「丑寅(うしとら)」の方角で、だから鬼は牛の角を生やし、トラのパンツをはいているといわれています。鬼門の反対側の南西(未申《ひつじさる》の方角)も裏鬼門といわれ、諸事避けられる方角です。

 逆に好まれるのは南東と北西。主だった城郭はみな、この二方向に門を持っています。
普通は南東が正門。辰巳(たつみ)の方角ですので「巽門(たつみもん)」と言います。裏門は戌亥(いぬい)の方角で「乾門(いぬいもん)」。ですからひとの名前にも「辰巳さん」や「乾さん」がいますが、丑寅さんや未申さんはいません。
 喜撰法師が「我が庵は 都のたつみ・・・」と詠む時、そこにはなんとなしに良き方角に住む満足感があったのかもしれません。

 平安時代の追難は大げさな行事で、20人も役人が鬼を払う役目を負って大内裏を大声で回ったり、殿上人は鬼に向かって弓を射ったりでんでん太鼓を鳴らして払ったりしたようです。
 なにしろ平安貴族は“朝廷”と言うくらいですから政治(と言っても農民の収奪)を朝のうちに済ませるとあとは遊んでいるしかありません。暇に任せて次から次へと行事を導入し、複雑化と様式化を進めます。
 
 着る物やら所作やらを事細かに決め事にし、そうしたことに知識がないと教養がないと見なされ出世の道を閉ざされることになります。そこでは翌年に生かすべく、儀式をしっかりと観察し、記憶しておくことが重要な仕事になります。
 当時の教育ママたちは必死に覚えて帰り、家に着くとさっそく紙と筆を用意して一日の様子を書き残す、息子がやがて困らないように今から書き溜めておく、そんなことをしたから日記文学が発達したのだと私は勝手に想像しています。彼女たちが書いていたのは純粋な日記ではなく息子のための参考書だったのです。
 記憶の新鮮なうちに全部書いてしまわないといけないから字も乱れ、どんどん流れる書体になってついには“ひら仮名”を発明したと、そんなふうにも考えています。もちろん私の勝手な思い込みですが。

 さてそんな風に考えながら――平安貴族もやったことです、恥ずかしがらず、今年も大声で豆を撒いてみましょう。

「鬼は〜〜〜〜外ッ! 福は〜〜〜〜内ッ!」

1

2014/1/28

「家庭訪問のことA」  教育・学校・教師


 私は家庭訪問が好きです。いろいろ珍しいものが食べられるからではなく、その子の育った環境やその子そのものが感じられること、そして春の家庭訪問・二学期末の懇談会と、メリハリのある保護者との対話が好きなのです。
 昨日お話しした「シーツの家」もそうですが、あれこれ推量するより家に行けば「百聞は一見に如かず」なのです。

 おっとり刀で出かけた家は正面に「○○興業」というドでかい金看板があり、家構えも何となく城郭を思わせる重苦しさですぐにそれと分かるものでした。毛足が長すぎて躓きそうな絨毯を歩いて畳の部屋に入ると、ものごく長い座卓が置いてあって片方の長辺に一族郎党が並んでいます。といっても両親と祖母、二人の姉と弟、反対側に私の席。まるで査問か組員審査でも受けているような感じです。正面に絵に描いたようなその筋のお父さん、もちろん家庭訪問につきあってくれるくらいですから悪い人であるはずはないのですが・・・。その子はとてもよい子でした。しかしのちに学校生活に躓き、しばらく登校できない日が続きました。もっとも事態をどう考えたらよいか、私には大筋で見当がつきました。どんな環境でどのように成長してきたか、肌で感じてきたからです。
 やくざの家がいけないというのではありません。その家の子で一番成績の良いスーパーエースだったのです。ほんとうはそこまでの力はなかったのに・・・。

 別の家では当然出てくるだろうと思っていた保護者が母親ではなく、父親がお茶を入れてくれてくれたことがあります。びっくりしていると、
「実は年明け早々に妻が家を出してまって・・・」
 子どもの姿からはそんな事情は微塵も感じられませんでした。もしあの時家庭訪問がなかったら、私はその子の窮状にいつまでも気がつかなかったのかもしれません。

 教え子の中でもっとも兄弟の多かったのは8人兄弟の4番目の女の子です。なにしろ末っ子の生まれた翌日の日記が「今度は男の子でした」という素っ気なさ。もしかしたら年中行事のようになっていたのかもしれません。家庭訪問で驚いたのは居間の広さでした。8人も兄弟がいるので「一人ひとりに子ども部屋」というわけにはいきません。その代わり大きな居間があっていつも兄弟たちが生活しているのです。必ずそばに誰かがいて言葉をかけ合う。これでいい子が育たないわけがありません。

 春、家庭訪問までの短い間に一人ひとりを観察し、当日は保護者と一緒に一年間の予定を立てます。この子はこんないいところがあるのでこの点を伸ばしましょうとか、お家の方のご心配事についてはこんなふうに対処しましょうとかいった話です。それを相手のフィールド、家庭教育と家庭学習の場で行い、それを基礎として、12月までがんばり、がんばらせます。
 12月の保護者懇談会は中間決算です。4月に立てた目標について、「ここまでできました」「こんなふうに成長しました」と報告するわけです。その上で残された課題について「冬休みや3学期にこんなふうに対処しましょう」、そんなことを話すのです。それはこちらのフィールドで行います。
一年間の総決算は3学期の通知票の上で行います。こうすると一年間は着々と進行することになります。

 しかしそんな可能性豊かな家庭訪問も、すっかり流行遅れになってしまいました。

 家の中を見せるなんて真っ平だという保護者がいます。たった20分間のために掃除をしたりお菓子を用意したりするのはたまらないという人たちです。人数は多くありませんが声の大きな人たちです。それに対して積極的に答えていこうとする学校や行政のトップもいます。彼らは「教師はサービス業だ」といった言い方をします。
 サービス業である以上、「お客様にはできるだけ少ないご負担で最高の商品を提供します」が基本方針です。当然「お客様」の要求はどんどんエスカレートしていき、学校はできもしないことまで約束し始めます。
 しかしそれも消費社会ではしかたないことなのかもしれません。



0

2014/1/27

「家庭訪問のこと@」  教育・学校・教師


 時期はずれですが思い出したので書いておきます。それは家庭訪問のことです。家庭訪問もずいぶん様変わりしました。

 昔は子どもを持つ家の春の一大イベントで、朝から準備に余念のない家がいくらでもありました。タラノメの天ぷらというのを知ったのも家庭訪問の席でした。教え子のお祖母ちゃんが「先生に食べてもらいたい」というので、朝から熱心に作っていたといいます。私はあまり土産を持ち帰らないようにしていましたが、このときはありがたくいただいて帰りました。私というではなく“先生”というものがそれだけで尊敬された時代です。

 春だというのにマツタケ尽くしの家がありました。どうやって保存していたものか、テーブルの上がマツタケだらけなのです。私は毎年土瓶蒸しだけいただくようにしました。このお宅は兄妹を続けて担任したので都合6年間、“マツタケ尽くし”の前に座ったことになります。

 別な家では毎年、当時としては非常に珍しいケーキが出るのが常でした。しかし私はついに3年間食べることはありませんでした。生徒が睨むのです。私が母親と話している間中、ジーッとケーキを睨みつけて“誰にも食べられちゃいけないよ。私のところに来るんだよ”と言っている感じです。おかげで母親が熱心に勧めてくれても手も出せず、土産として包んでもらうこともできませんでした。
 勧められるままに何でも食べたり飲んだりしていては、話もできません。そこで少量しかいただけないのですが、それでも保護者は用意をしてくれる、そんな形で教師に感謝の気持ちを表してくれたものです。

 それが何となく雰囲気が変わってきたのは20年ほど前からです。家庭訪問の通知に「湯茶等の接待はけっこうです」と書いたらほんとうに何もない家がありました。別に悪くはないのですが、この手持ち無沙汰は何とかならないものかと思ったりもしました。茶を入れているだけでも何とか間が持ちそうなものを。

 計画通りに家に着いたら鍵が閉まっていて、呼び出しにも出てこないお宅もありました。留守宅の前でフラフラしているわけにも行かないので車に戻って待っていたら10分も送れて母親が駆け戻り、家に飛び込んでいきます。そこからさらに5分待って、「すみません、遅れました」と言うと母親は澄ました顔で「お待ちしていました・・・」。パート勤務の途中で抜けてくるのはなかなか大変だったのでしょう。

 玄関に入ったらそこから砂漠のような風景が広がっている、というお宅もありました。おそらく普段はごみ屋敷のようになっているのでしょう。家中の散らかしたものを隠そうと、すべてのものに白いシーツがかかっているのです。一軒の家によくこれだけの白布があったものだと感心するほどです。
 その白布の間を抜けて一番奥の部屋の行くと、窓際に畳一枚ほどの空間があり、小さなテーブルが窓にくっついています。そこが懇談の席で、お母さんと並んでお隣の家の庭を見ながら話すのです。とんだ借景です。

 できる範囲でというのは悪いことではありません。しかし何となくピンとこない面もありました。
 家庭訪問はそれからさらに変化してきます。

                                      (この稿続く)

1

2014/1/24

「教えてくれればよかったのにA」  教育・学校・教師


3 英語の「a」は「エイ」だよ。
 以前も紹介しましたが、英語の難しさのひとつは、発音と文字との対応の悪さによります。なにしろ同じ『ea』という綴りでも「eagle」「ear」「heart」「early」「ready」「tear」は全部発音が違うのだそうです。

 日本語だと「みゃ」「みゅ」「みょ」といった拗音も含め、発音できる音は全部で140種類くらい。それに対応する表記も140ほどです。「あ」と発音すればすべての日本人が『あ』と書きますし、『あ』と書いてあれば全員が「あ」と読みます(例外は『を』『は』『へ』の三つだけ)。

 しかし英語は母音だけでも27種類(日本語は五つ)、発音する音は全部で1050種類もあると言われています。それにもかかわらず使える文字はアルファベット26文字だけ。1050音を26文字で表現するわけですから、単純に行くわけがありません。これでは英米に識字障害が多いというのもよく分かります。幼年教育のハードルが滅茶苦茶高いのです。
 しかしそのハードルの高さは、日本人が英語を学ぶ時も全く同じで、最初のうちは「アイ レアド ア ボオク(I read a book.)」とか盛んにやったものです。“I say”などは「愛妻」です。
 しかしあとから考えると『a』は「エイ」と覚えた方が有利だったのかもしれません。ローマ字で「ア」と覚えさせられましたから単語の中に『a』が出てくるとつい「ア」と読みたくなります。しかし『a』は圧倒的に「エイ」と発音することが多いのです(たぶん。少なくとも、迷ったら「エイ」と読んでおけば当たる確率が高い)。

 このような「英語において綴り字と発音との間に規則性を明示し、正しい読み方の学習を容易にさせる方法」の一つがフォニックスです。私は英語教育特区の小学校で初めてこれに会い、びっくりしました。授業の導入場面で毎回、
『a(エイ)』「ェア」、『b(ビー)』「ブ」、『c(シー)』「ク」、『d(ディー)』「ドゥッ」、『e(イー)』「エ」、『f(エフ)』、「フ」『g(ジー)』「グ」などと大合唱しているのです。『u(ユー)』なんて「ア」です。

 これを中学校に入ったときにやっておけば、英語の世界はずいぶん違ったものになっていたのではないかと思いました。もちろん、そんなことは「たいていの子は自分で気づいているよ」といった類の話ですが、そこが分からないのが“できない子”の特徴です。

4 その他
 大憲章とマグナカルタは同じもの、肉眼で見える天体の中で燃えていない星は月と五つの惑星だけ、「午前・正午・午後」は「午の刻(12時)の前・ちょうど・後ろ」、目玉焼きは火を落としたあとの余熱で固さを決める、冬の灌水は(植物にもよるが)週に1回、鉢の下から水が漏れるほどたっぷりと行う(間違っても可愛そうだからとお湯をかけてはいけない)。

 いずれも私が失敗したり恥をかいたり戸惑ったりしたことですが、その程度のことは知らない方がおかしいとか、普通そんなことをするかとか、学校が教えることではないだろうとかいったこともたくさんあります。しかし子どもの分からなさを見抜くのも教師の仕事、私のような困った子を生み出さないためにも、注意深い教師でありたいものです。




1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ