2012/5/31

「生徒に試される教師たち」  教育・学校・教師


【第一話】
(昨日までの話とは別の、中2の女の子について)

 ある日一人の女子生徒が私のところにやってきて、「先生、Aちゃんに嫌われていると思う?」と尋ねます。Aとその子は“親友”とかで、とにかく年がら年中問題を起こす困った二人でした。ただしAに嫌われているという感じもなかったので、
「いや、嫌われているとも思わないが・・・」と答えるとその子が、
「Aちゃんは先生のこと大好きなんだよ。だから嫌われてるなんて思わないで・・・」

・・・大好きなら私にもっと優しくしてくれればいいものを、しょっちゅう悪さをして怒らせ、年中対決させられています。しかしなぜそんなふうなのか、そしてなぜ“親友”がわざわざそんなことを言いに来たのか、私にはよくわかりました。

 Aは私を試しているのです。多くの友だちにも親にも見放されたような子です。私がほんとうに見放さないのか不安なのです。そこで「ここまでやっても見放さない?」「こんな私でも大丈夫?」ということになるのですが、それは表面上、どんどん悪くなっているのと同じです。そんなことから“親友”も私が見放さないか、心配になってやってきたのです。

 教師として頑張れば頑張るほど悪くなっていくのですから、私としてもたまったものではありません。
「もういい加減にしろ。これ以上やったら私も知らないから」と喉元まで出かかるのですが、絶対に言ってはいけない言葉と分かっているので、いつも呑み込んでいました。
 しかし何と言えばよかったのか。Aの指導は最後までうまくいきませんでした。

 今なら分かります。正直にこう言えばよかったのです。
「もういい加減にしろ。オレは絶対に見放さないから、これ以上悪くなるのはやめろ。自分を捨てるな」
 それでよかったのです。


【第二話】
 若い女性の講師がチンピラ女子と教員住宅で飲酒をするという事件がありました。もう20年以上前の話です。保護者からその話を聞いたのも“事件”からずっと後のことだったので問題にもしませんでした。しかしひとこと言っておいた方がいいと思ってその講師と話をしました。

 聞くと突然数人が遊びに来て、部屋に入れるといきなり缶ビールを開け始めた。自分も勧められたが飲まなかった。何か怖くて注意できなかった、というのです。

 彼女は学校中で一番難しいこの子たちと、自分は繋がっているという喜びと、この細い糸を切ってはいけないという強い思いがあったのです。ここで自分までも離れてしまったら、誰も話ができなくなる、話ができなければ指導もできない、そこで飲酒を遮ることができなくなったのです。

 その話を聞いた時も、私は言葉を失いました。その感じが良く分かったからです。

 しかし今なら言えます。
「けれどそれでも叱らなければならなかった、怒鳴り上げてビールを取り上げ、住宅から追い出さなければならなかった」
と。

 その子たちも教師を試しに来たのです。意識するとしないとに関らず、自然に試しにかかったのです。
「この教師は、ほんとうに自分たちにとって“いい人”なのか、自分たちと対決し、自分たちを悪いことから守ろうとしてくれる人なのか」ということをです。

 ですから怒鳴り上げて一瞬険悪になったとしても、大した問題ではありませんでした。それよりは悪を見過ごし、対決を回避したことこそ大問題です。ほどなく彼女は‘彼女たち’から見捨てられます。真剣に対峙してくれない教師なんていらないのです。


2

2012/5/30

生徒に騙された話A  教育・学校・教師


 昨日は、朝帰りした女生徒の「一晩中、公園で話をしていた」という説明を真に受けてまんまとだまされた話をしました。二人は同級生の男の子の部屋に入り込んで一晩中話し込んでいたのです(それ以上のことがあったかどうかは分からない)。

 なぜその嘘がばれたのかというと、事件から3か月も後になって本人たちが話しに来たからです。
「私たち、先生に話さなくてはいけないことがある」とか言って。

 話を聞いて、私は3か月前のことを思い出し「ああ、この子たちを信じて良かったな」と思いました。大真面目で信じたからこそ、この子たちは三月も嘘の重荷を背負ってきたからです。

 あの時「一晩中、公園で話をしていた」という証言を覆すだけの材料は全くありませんでした。もちろん信じる材料もないのですが“嘘だ”と極めつけるには何らかの強い証拠が必要です。それがない状態で父親がやったように「そんなはずはない」と叫んでも、それは単に「お前は信じられない子だ」とか「俺はお前を信用していない」というメッセージを送るだけのことです。ところが子どもの方は、実際に嘘をついているにもかかわらず、嘘つきというメッセージに傷つきます。

 自分が嘘をついているかどうかなどということは大した問題ではありません(と子どもは考える)。しかし証拠もないのに信じてもらえないということ、そして頭ごなしにはっきり宣言されてしまうということは、ほんとうに切ないことなのです。
 そして疑われた瞬間、子どもはさらに一歩、心理的に遠ざかります。

 自分が嘘をついていても信じてほしかった――無償の愛とか無条件の愛とかいったものの一面はそうです――論理や理屈ではなく、無条件で信じてもらいたい、そういうものなのです。もちろん年中そうした態度で接せられてもそれはそれでたまりませんが、いきなり「お前を信じとらん」はないだろうというのです。

 私があの子たちを信じたのは、そうした深謀遠慮があってのことではありません。単純に騙されただけのことです。しかしそのために子どもたちは重荷を背負うことになりました。騙した者が常に腹の中でせせら笑っているとは限りません。人は、本当は嘘などつきたくはないのです。

 皆、まっとうに生きることがどんなに幸せかは、よくわかっているのです。



1

2012/5/29

生徒に騙された話@  教育・学校・教師


 先週テレビでやっていた推理ドラマで、万引きを疑われた生徒を引き取りに行った高校教師が、生徒の「やっていない」という言葉を信じたばかりに結局だまされる、という場面がありました。なかなかよくできた場面でした。

 私もまんまと完全にだまされたことがあります。それは中学校2年生まで荒れに荒れまくったクラスを、3年生から担任したときのことです。
 こういう担任は案外やりやすいもので、「前の(担任)よりはマシ」ということで、生徒も保護者も大目に見てくれるのです。もちろん年中問題を抱えていましたが、追い詰められるということはありませんでした。

 さて、そんなこんなでいろいろやり続けて数ヶ月たった秋口の日曜日こと、朝6時のテレビニュースのスイッチを入れようとした瞬間に電話が鳴って、出ると常に何かやらかしてくれる女の子の父親からでした。
 娘とその友だちが昨夜から帰らず、一晩中探していたところ4時過ぎに屋根伝いに自室に戻ったところを取り押さえた、というのです。早速その家に伺うと私のクラスの女の子2人と、その親が3人(夫婦一組と一人の母親)がメチャクチャ辛気臭い顔で座っていました。

 事情を聞くと、
―いやな予感がして夜中に部屋をのぞくと娘がいない、これはきっと親友の家に行ったに違いないと思って連絡するとそちらもいない。そこで両家で集まって一晩中探し回った挙句、明け方家に戻ったら今まさに二階の部屋に入ろうとしているところだった、というのです。もちろんそのころにはもう一方も家に帰っていました。そこでまた全員で集まって、今、問い詰めていたところだと言うのです。
「娘たちは一晩中遠く離れたところの公園で話をしていたとかいうが、そんなはずはない。わざわざそんなところまで行く必要がない」

 こういうとき、親のいる前で指導をしてもろくなことはありません。子どもには死んでも親には知られたくない、といったことがある場合もあるからです。そうなると絶対に口を割りません。そこで、
「こういうことの指導は時間もかかりますし、この子たちも寝ていません。ひとまず私に預からせてください。午後には報告できるようにします」とか言って、二人を自宅に連れ帰ったのです。

 聞くと何も食べていないというので家内を急がせて食事を作らせ、客用の布団を敷いて眠らせました(このときの一宿一飯の恩義は今日に至るまで返してもらってありません)。午後2時過ぎまで昏々と寝られたのには呆れました。
 そしてまた飯を食べさせ、そこから学校に移動して尋問。

 ところが「公園で話をしていた」という証言を覆す材料がまったくないのです。別々に話を聞いても、公園にいたる道筋など細かなことを話させても、どこにも食い違いはありません。そこで彼女たちの話を信じることにして親たちにも来てもらい、事情を説明して引き取ってもらいました。「この子たちの言うとおりです。信じてやってください」などというお土産まで持たせて。

 ところがその話のすべてはウソだったのです。

                              (この稿、続く)


0

2012/5/28

ちり紙交換はなぜ潰れたのか  知識


 資源回収ご苦労様でした。
 天気が良かったので紙類も濡れなくて助かりました。
 この行事もPTA活動としてすっかり定着しました。バザーもいいですが、資源回収に積極的に関わることで、児童生徒が環境問題に触れ、学習の糧となればよいと思います。

 しかし資源回収というものは環境問題など起こるずっと前からあるもので、紙の回収などは江戸時代から続いていたと聞きます。
 現在の日本の古紙回収率は80%以上、資源回収の優等生です。

 ところで20〜30年前まで「毎度おなじみのちり紙交換車でございます。古新聞、古雑誌、ぼろ切れ、ダンボールなどがございましたら・・・」とか言って町をぐるぐると回っていたあのトラック、どこへ行ってしまったのでしょう。同じ時期に町を回っていた「たけや〜、さおだけ〜」のさおだけ屋は潰れない(詳しくは「さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学」光文社新書)のに、ちり紙交換はなぜか潰れてしまったようです。

 ちり紙交換自体は歴史ある職業です。ところが70年代に入ってからとんでもない参入者がありました。行政です。
 オイルショック以来の節約ムードの中で、1973年、当時の通産省は全国に古紙回収のモデル都市を指定しました。それを機に国中の自治体・地区・学校・老人会などが資源回収を始めるのです。
 行政は回収した資源の代わりに奨励金(報奨金)を税金から出しましたので、地区や学校にとってはけっこうな収入になったのです。

 しかしちり紙交換屋さんの方はたまりません。
 この方たちはガソリン代を使った上に自腹でトイレットペーパーを買ってそれで古紙を集めていたのに、自治体は無料のボランティアで集めてしまうのです。しかも必要経費(奨励金)は税金から出しますから少しも懐が痛まない。これでは勝負になりません。しばらくはがんばりましたが、1990年代に古紙の相場が崩れると、このちり紙交換はもう成り立たなくなります。
 かくして古紙の回収は行政とその指定業者に独占されることになります。

 さてこの一連のできごとの結果、損をしたのはちり紙交換屋さんです。それは確実です。
 集めた新聞紙でトイレットペーパーをもらっていた私たちも、ただで持って行かれるという点では損をした口かもしれません。しかしそれは環境問題に協力しているという満足感と相殺しましょう(あれ? ちり紙交換屋さんが持って行った新聞紙はリサイクルと関係ない?)。

 地区や学校や老人会は収入ができたので儲けた口ですが、その収入はもとを質すと税金ですから納税者は損をしたことになるかもしれません。
 買い取り業者の中には得をした人も損をした人もいます。指定業者になった人は得をしましたがなれなかった業者は損をしました。しかしそれはこの制度そのものとは関係ありません。

 実はこのできごとの背後には、目に見えない最大の受益者がいます。それは製紙会社です。
 90年代になるまで、製紙会社は古紙の価格変動に苦しんでいました。しかしこの「行政の作り上げた古紙回収システム」のおかげで安値で安定を確保できたのです。そうなると73年の通産省の指定というのも、かなり怪しくなってきます。

 なお、では今でも行政は大量の税金を使ってこのシステムを維持しているのかというと、そうでもありません。2000年代に入ると有効な古紙回収システムを持たない中国からの需要が高まり、古紙市場は急激に値上がりしたからです。
 行政は細かく奨励金を調整していますが、もしかしたら売値の一部をピンはねしているのかもしれません。しかし個人の懐に入っているわけではなさそうですから、それはそれで悪いことではありません。

 みんながいいことをしているつもりでいる背後で、誰かが儲けているというお話でした。

20



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ