2012/4/27

知の霊媒師  教育・学校・教師


 デイ・バイ・デイも8年目となると、そろそろ話題にも事欠くことになります。読み手は代わっても使い回しはしたくないと意地になっても、結局は同じ人間の頭の中から出てくることですから、まったく同じ内容をただ書き直しただけ、といった場合も少なくありません。
 しかも困ったことに、書き直した方がむしろ良くないというケースもあるのです。

 今日は、先日ちょっと話題にした「なぜ毎時間毎時間、授業のたびに始まりと終わりの挨拶をするのか」について書こう思ったのですが、書き上げた文を読み直したら昔の方が良かったので、いったん全部捨て、4年前の文に多少手を入れて再録します。

 授業の始まりと終わりのあいさつを、しっかりしましょう。

 ところで、勉強を教わるキミたちが私に向かって「お願いします」「ありがとうございます」というのは当然だとしても、私も一緒になって「お願いします」「ありがとうございます」言うのは何故か、考えたことがありますか?
 それは実は、この教室の中にたくさんの神様がいて、その神様に対して、「お願いします」「ありがとうございます」と言わねばならないからです。

 例えば、古代ギリシアのアルキメデスは、戦乱の最中にも地面に図形を書いて研究しているような人でした。その図形を敵国の兵士に踏み潰されたために「私の円を崩すな」と叫んで逆に殺されてしまいます。

 中世ヨーロッパにいた錬金術師たちは、「金以外のものから純金を生み出す」というその本来の意味ではまったく目的を果たせず、生涯を馬鹿なことに費やした人たちです。しかし彼らは金以外のたくさんのものを生み出し現代の科学に寄与しました。その意味では科学の神様たちなのです。

 19世紀に生きたエヴァリスト・ガロアという青年は、つまらない決闘のために20歳で命を落とした人です。しかし死ぬ直前に書いた数学の論文は「ガロア理論」として今日も大変な力を持っています。

 カール・マルクスは何人もの子どもを死なせながら「資本論」を書きましたし、血を吐きながら歌を詠んだ正岡子規、身を削って絵を描いたゴッホ、ロートレック、ムンク、自らのレクイエムを完成できずに死んだモーツァルト・・・
たくさんの人が学問のために身を奉げました。大変な貧乏をしたり家族を死なせたりしながら学問を続けてきたのです。

 私がキミたちの教えることの大部分は、そういう人たちが発明したり発見したりしたことです。私自身が見つけ出したことは、ほとんどありません。 その意味では私たちは一種の「知の霊媒師」なのです。
ですから私を尊敬したり、私を素晴らしいと思う必要はありませんが、私の後ろにいる多くのの神様のことは、尊敬し信頼を寄せなければなりません。

 キリスト教を信じる人は、十字架の向こうに神様を感じるから拝むのです。十字架という金属の固まりが大切だからではありません。仏像を拝む人も木の像を拝んでいるのではなく、仏像を通してその先にいる仏様を拝んでいるのです。同じようにキミたちは、私を通して私の後ろにいる神様たちを拝む必要があるのです。私たちはそうした神様に囲まれながら勉強しているのですから。

 それではみなさん、起立! 礼!

 「お願いします」



1

2012/4/26

私には、わからない・・・  政治・社会


 昨日のニュースの次のようなものがありました。

 経済産業省の有識者会議「調達価格等算定委員会」(委員長=植田和弘・京大大学院教授)は25日の会合で、7月に導入する「再生可能エネルギーの全量固定 価格買い取り制度」の原案をまとめた。次回会合で正式決定する。焦点の電力会社が発電事業者から買い取る際の価格は、太陽光発電が1キロワット時当たり42円、風力発電が同23.1〜57.75円など。買い取り期間は15〜20年とした。発電事業者の要望に近い価格水準とすることで、再生エネの普及を目指す。(中略)委員会では、発電所の建設費や運転維持費に利益率6〜8%を上乗せする形を基本に価格や買い取り期間を算定した。(中略)住宅での太陽光発電は全量買い取りとせず、居住者が使う分を除いた余剰発電分を電力会社に買い取らせる現行制度を10年間維持する。電力会社が買い取った分は電気料金に上乗せされるため、買い取り価格が高くなれば、利用者には負担増となる。


 これによって現在総発電量の1%しかない再生可能エネルギーは、2020年までに最大24%になるといいうのです。けれどそれが望ましい方向だとは、どうしても思えないのです。

「発電所の建設費や運転維持費に利益率6〜8%を上乗せする形を基本に価格や買い取り期間を算定した」
 これは何百億円も使って施設をつくり、何億円もの資金を運転維持費に当てても、その全額は必ず返ってくるということです。その上6〜8%の利益も保障してくれるですからこれは100%完全に儲かる、安定した投資ということになります。ソフトバンクの孫社長のように裕福な企業家が飛びつかないはずはありません。

 私たちの使う電力は普通(基本料金を除くと)1kwあたり17円〜22円ですから、太陽光発電の1kw42円というのがいかに高いか一目瞭然です。その差額は「電力会社が買い取った分は電気料金に上乗せされる」ということから利用者が支払うことになります。孫社長の儲けは、私たちが強制的に払わされるから保障されているのです。

 もちろんそれがいやだったら自らソーラーパネルを屋根に上げて売電の側に回ればいいのですが、誰もがパネルを設置するだけの屋根と資金を持っているわけではありません。
「補助金があるじゃないか」という言い方もありますが、補助金をもらってパネルを上げられる人はまだしも、それもできない人は二重の損です。なぜなら誰かがもらったその補助金は、もとを質せば私たちの税金だからです。

 結局、金も屋根もない人は、孫社長や屋根持ちに電気料というかたちで金を渡した上に、補助金というかたちで設置資金まで差し出しているのです。そんなことが「夢物語」のように明るく語られていいのでしょうか?

 しかもそうやって生み出した24%の発電量(それでも原発分を10%ほど下回る)は、文字通り太陽まかせ風まかせですから、まったく当てになりません。これが夢だとしたら悪夢でしかないように思うのですが、みんなが歓迎している以上、私がどこかで間違えているのでしょう。

 昔のダイオキシン問題と同じで、かつてあれほど強く言われた「温室効果ガス」について、今はだれも何も言いません。結局「地球温暖化」はガセだったのでしょう。今回の「再生可能エネルギー24%」も眉唾です。

 今や私は、エネルギー問題や環境問題に関する、どんな情報も信じられなくなっています。


0

2012/4/25

仁和寺にて・・・  言葉


 私はときどき娘から、「臆病者」とからかわれることがあります。それはレストランや食堂に行っていつも同じものしか頼まず、新たな冒険をしないからです。
 ただし私にも私なりの言い分があります。外食はめったにしませんから、自分の食べたいものを逃したくないのです。
 一か月に一回しか行かないようなラーメン屋で、大好きな海苔ラーメンと焼肉丼セットを食べられないのは嫌なのです。二か月に一回しか行かない寿司屋では、マグロとウニ、エビと甘エビとネギトロとイカ、それといくつかの定番を食べると新規開拓の余地はほとんどなくなります(ですからつい一昨日の「お試しかっ!全部当てるまでは帰れま10」は私の究極のあこがれの番組です《知らない方のために:「帰れま10」はその店の人気メニューベスト10を当てるまで、果てしなく食べなければいけないという番組で、今回はラーメンの幸楽苑でした》)。

 そんな性質なので奈良や京都に行ってもいつも定番です。

 奈良なら東大寺に興福寺、新薬師寺に法隆寺、唐招提寺・薬師寺、これが外せない。京都なら金閣・銀閣・蓮華王院(三十三間堂)、東寺、清水寺、これが定番です。しかし見方を変えればつまらない旅です。

 今回の修学旅行は二日目がタクシー見学で、その間、付き添いは暇です。宿舎も追い出されるので「一朝何かあれば駆けつける体制」ができていれば、あとはなんとか時間をつぶすのが仕事でした。

 そこで定番の金閣にと・・・行きかけてふと考えました。修学旅行の付き添いももういくらもできません。だったら全く知らないところに行ってみるのも悪くはない。そこで急遽予定を変え、金閣から回れる有名寺院を次々と回って見ることにしました。

 金閣の横を抜けて30年ぶりの竜安寺、仁和寺から妙心寺、北野天満宮からグンと離れて平安神宮から青蓮院、そして知恩院と回って帰ってきました(ハァ〜疲れた)。

 その途中の仁和寺での出来事です。

 仁和寺の金堂は旧皇居の正殿・紫宸殿、国宝です。その賽銭箱の隅に、「古いお札(ふだ)入れ」と書いたボール紙の菓子箱が置いてあります。何か非常に違和感のある箱でした。
 私が賽銭箱に55円を投げ入れ、お祈りをしようとしたら、ちょうど私と同じ年ごろの夫婦がやってきました。その奥さんの方が言います。
「あら、『古いお札(さつ)入れ』だって。今でも持っている人、いるのね」
 それに答えて夫の方が、
「そりゃいるだろ」・・・・・・・

 連れ合いの錯誤にまっすぐに巻き込まれていく感じがすてきでした。賽銭箱の隣に「お札」ですから「おさつ」と間違えても仕方のないことかもしれません。
仁和寺が勘違いで有名なお寺(徒然草第52段「仁和寺にある法師年寄るまで石清水を拝まざりければ・・・」)であることを思えば、本当にいい話です。



0

2012/4/24

不空羂索観音  知識


 修学旅行のコースから東大寺三月堂が抜けていて、代わりに「東大寺ミュージアム」などという聞いたこともない施設が入っているのが内心不満でした。ところがこれは私の無知で、三月堂は現在改修中で拝観できず、内部の諸仏は「ミュージアム」に移されそこで展示されているのでした。

 ただし、やはり仏像はあるべきところにあるがよいのであって、やや照明はおとしているものの、近代的な建物の中ではなんとなく威厳がないなあと思って眺めていました。印象がまるで違うのです。

 そして振り返ってそこにあるものにちらっと眼をやり、行き過ぎようとしてあわてて立ち止まりました。私が一瞬目をやって通り過ぎようとしたものはとんでもないものだったのです。それは不空羂索観音の宝冠でした。仏像の印象が違うわけです。

 宝冠をそんな間近で見るのはそれが最初で最後でしょう。細工の細かさに目を見張ります。
 直径1o程の水晶や翡翠のビーズが金メッキを施された銀の針金で無数につながっているのです。珠の数は大小合わせて1万数千個と表示されていました。
これをつくった人とつくらせた人の想いが、ひとつに結晶しているような宝冠です。不空羂索観音の本体も、つぶさに見ればきっと多くの“想い”が見て取れるはずです。

クリックすると元のサイズで表示します

 東大寺三月堂の不空羂索観音は、私が若いころから最も気になっている仏像の一つです。「ふくうけんじゃくかんのん」または「ふくうけんさくかんのん」と読みます。
「不空」とは「空しからず」ということ、「羂」は帯状の布、「索」はロープです。
「観音」は「勢至菩薩」とともに阿弥陀如来の横に立つ脇侍で、人間の悩みに合わせて三十三の姿に変身する「観音菩薩」のことを言います。不空羂索観音は私のように仏に救われることすら望まない、その意味では全く救いようのない者まで羂索でからめ取って極楽へ連れて行ってくれるありがたい菩薩様なのです。
ただしこの「不空羂索観音」は三十三の化身の中にははいっておらず、「聖観音」「十一面観音」「千手観音」「馬頭観音」「如意輪観音」と並んで天台宗の六観音に挙げられています。普通は一面三目八臂(額に縦に目が一つついている)につくられています。

 この仏像が「気になっている」理由の一つは、これが私の夢の中に出てきたことがあるからです。

 遠い奈良の東大寺から羂や索が無数の蛇のように動きながら山々を越えて伸びてくる。そして私の家の窓を破って私をとらえ、ぐるぐる巻きのミイラみたいにして三月堂まで引き寄せる。やがて観音が八本の腕でしっかと私を抱くと、突然天蓋がミサイルのサイロの蓋みたいに開いて、不空羂索観音は私を抱いたままロケットのように天空に舞い上がる、という夢です。

 ものすごく怖くて、いまだにその夢を見た夜のことを、ありありと思い出せます。

(その後、私が見たもう一つの恐ろしい夢は、興福寺の阿修羅像が八本の腕をばらばらに動かしながら近づき、そのまますべての腕で私をきつく抱きしめ、そのあまりの苦しさに目を開くと阿修羅の正面の顔の口が大きく開き、そこから二本の牙がのぞく、というものでした。私の若き日々は、妙な夢ばかり見る日々でした)
クリックすると元のサイズで表示します



0

2012/4/23

家庭防災  教育・学校・教師


 金曜日の避難訓練、特に低学年の先生方が階段を下りる際、さらにゆっくりと歩かせているのには心遣いが細かく、さすがだと思いました。

 本校のように小さな学校だとそれほど問題にならないのですが、30人以上のクラスを率いるとき、先頭が階段を降りきった時にはまだうしろが途中ということがあります。そんなときに先頭が走り出すとうしろの方は階段を駆け下らなくてはならなくなります。極めて危険です。たいていはそんな時、担任は前を向いて走っていますから、何度やっても気がつかない人は気づきません。そんなものなのでしょうね。

 さて、避難訓練が終わったあとで係との話し合いの中で、消防署員の谷村さんから教えていただいたことがあるので紹介いたします。

1 火災報知機は寝室から設置する

 家庭にも火災報知機が義務づけられていますが、予算上、いきなり全室に設置するというわけにも行きません。その場合はまず寝室から取り付けるのが良いのだそうです。極端に言えば、火元になりやすい台所は最後でいい。

 というのは、とにかく死者が出るような火災は就寝中に起きる。昼の火事は命に危険が及ぶ前に誰かが気づいて消火するなり逃げるなりできますが、寝ている最中だと煙が来て咳き込んだり臭いがしたりするまで気づかない。ところが何しろ横になった状態で煙に気づくというのは、部屋中に煙が充満して初めて起こることなのです。起き上がるとすでに顔は煙の中、息ができません。つまり寝室の天井に煙感知器をつけておけば、煙が充満する遥か以前に気づくことができる、というわけです。

 調べましたら煙感知器、2000円前後から販売しています。2000円〜2500円が売れ筋のようですから、それで十分でしょう。ついでに熱感知器を台所につけておけばさらによいのかもしれません。電池寿命も10年ほどで、切れたら電池を交換するというのではなく、感知器自体を取り替えた方が良いみたいです。

2 古い消火器は販売店で交換
 私の家には30年以上(40年にもなるかな)も置きっぱなしになっている消火器があります。半分詐欺にあって買わされたみたいなものですが、どう廃棄したらよいのか分からず、放置しているうちに不安になってきました。ボンベが腐食していたために人が触った瞬間に爆発し、その人が亡くなったというような話を聞いていたからです。どうせ使い物にならないのですから、畑かどこかで栓を開いて圧力を下げておいた方がいいのではないか、と思っていました(でもそれも怖くてできない)。ところがそんなふうに、圧力を下げるために開くというのが最悪のやり方なのだそうです。

 というのは消火器のボンベの中にはさらにガスボンベが入っていて、栓を開いた瞬間にガスが放出される、そのガス圧によって腐食した消火器が爆発することがあるためだというのです。中のガスボンベが腐食しているということは(空気に触れていないため)まずありません。

 今は新しい消火器を買うと古いものを引き取ってくれる仕組みがあるようです。確認の上、新しいものと取り替えるのが賢明みたいです。


0

2012/4/20

逓信記念日  教育・学校・教師

 今日4月20日は逓信記念日だそうです。1871年の今日、それまでの飛脚制度に代り郵便制度が実施されました。

 その数年前、旧幕臣でありながらその能力を買われて新政府の要職についた前島密は、駅逓権正(えきていごんのかみ・水陸運・通信を司る長官)として通信交通制度の改革に取り組んでいました。1870(明治3)年には郵便事業の創業を建議。ところが噂に聞く郵便制度というのがよく分からないので前島はいったん職を離れ、この年イギリスに視察に出ます。

 何しろヨーロッパに “切手”(これも前島の造語)なるものがあるということは文献で分かるのですが、未使用と使用済みをどう分けるのか分からない、「一度使えばすぐに破れるような薄い紙にすれば」といったアイデアも試してみると使用前に破れてしまい使い物にならない、そういったところからのスタートだったようです(“スタンプを押せばいい”という単純な仕組みには全く呆れた、といった話が伝わっています)。

 帰国後、前島はすぐに東京・京都・大阪の三都市と東海道線の各駅87か所に「書状集め箱」という郵便箱を設置し、切手の発行も始めます (1871)。さらに翌1872年には全国展開を図りますが、そのかげで旧来の飛脚やかごは急速に廃れていきます。これは料金が一律でなく、配達地域も限られていたからです。

 イギリスの郵便の「全国均一料金」に感激した前島は、「利益優先ではない公共サービスとしての郵便制度」を生み出そうとしました。当初は抵抗した飛脚業者を巧みに取り込み、庄屋や名主といった地域の名士に身分や権威と引き替えに土地・建物を提供させます。これが現在の特定郵便局の原型「郵便取扱所」です。

 そして1873年4月には一律料金(2銭)の制度が完成し、東京―大阪間を39時間で配達することができるようになります。

 この1873年には、郵便はがきの発行も始まっています。これは、世界的にはかなり早い導入で、世界最初の郵便はがきが1869年のオーストリア・ハンガリー帝国、前島が手本としたイギリスでも70年に始まったばかりでした。ですからほとんど同時と言ってもいいようなものです。前島の先見性がうかがえる話です。

 もっとも中身が見えてしまう「はがき」というもの、当時の日本では相当に抵抗が強かったみたいで、最初に発行されたものは縦に2つに折り、その内側に通信文を書く形式だったようです。片面には「ひとに見られても困らない、そして丁寧に包む必要のない短い手紙を、安い値段で送るために郵便局で扱うようにしたものです」といった内容の断り書きが印刷されていました。

 しかし言うまでもなく、前島密がこれほどの短時間に郵便制度を整えられたのは江戸300年間に全国に交通網が張り巡らされ、飛脚・かご・廻船といった通信・運搬業が展開していたおかげです。しっかりとした足場の上に欧米の資本主義が舞い降りたというのは、郵便制度についても言えることなのです。

 なお、地図マークの“〒”は郵政省の前身である逓信省の最初の音である“テ”を図案化したものだと言われています。



1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ