2012/3/16

風立ちぬ  教育・学校・教師


 いよいよ卒業式です。

 お互い、よくここまでやってきました。誉め合いましょう、讃え合いましょう、ねぎらい合いましょう。
 教職員同士、児童生徒同士、子どもと大人の間で、互いに成長したことを確認し、1年間、ぶじに過ごせたことを喜び合いましょう。

 私にとってこの一年は私事で大いに動いた年でした。4月になればさらに変化が起こります。変化は良い結果を呼び起こすこともあれば悪いことをもたらすこともあります。変化のない安穏もいいですが、変化に自分を乗せ自らを省みるのもいいことです。来年度こそ、何か新しいことを始めたいと思っています。

 学校の方は実に平和な一年でした。子どもたちに大きな事故はなく、職員の交通事故も今年は一件もありませんでした(実は去年は4件もあった)。天候に恵まれないこともままあったとはいえ、ほとんどの行事は大過なく終えることができました。子どもの成長のあとは、さまざまな場面で見られます。

 学校が平穏だと世間はついつい甘く見がちですが、“何事もない”“普通の子どもたちが普通に勉強している”という状態が、教職員の偉大なスキルや努力によって支えられているということに気づいていないのです。それは内部の者だけが分かることです。

 ですからお互いに、誉め合いましょう、讃え合いましょう、ねぎらい合いましょう。

 今日を最後にこの地を去られる先生方、この学校から持ち帰るべき一番のことは、どんなに時代が進み社会が変わっても、条件がそろえば子どもたちは昭和初期の雰囲気で学ぶことができるという事実です。それは常に危うく薄氷を踏むようなものですが、実は確実にある。その記憶が今後の糧になります。

 残留の先生方、来年は新たな発信をしましょう。私たちに何ができるか、もう一度試してみましょう
 
 一年間ありがとうございました。


 風立ちぬ いざ 生きめやも




0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ