2012/1/13

「がんばろう日本」は幻想だったのか  教育・学校・教師


クリックすると元のサイズで表示します 東日本大震災直後の3月13日、イギリス紙インディペンデント・オン・サンデーは一面に「がんばれ日本」「がんばれ東北」という記事を載せました。それを見て私は17年前の阪神淡路大震災の際、当時のオリックス・ブルーウェーブスが肩に「がんばろうKOBE」のロゴをつけたことを思い出し、15日の「デイ・バイ・デイ」に「がんばろう日本」という文章を書きました。おそらくこの言葉を使ったもっとも早い一人が、私だったと思います。

 しかし言うまでもなく、「がんばろう日本」は私が提唱者というわけではなく、日本の津々浦々から自然に沸きあがってきたものです。これは東北ひとりの問題ではない、ともに困難を分かち合おうという気持ちは全国に満ちていたのです。

 3月11日の震災当日ですら、東京でマイクを向けられた帰宅難民の一人は、「たいへんですね」の問いかけに「何のことはありません、東北の人たちに比べれば」と、被災地を思いやる発言をしています。その後、ボランティアや救援物資は現地が受け入れきれないほどに大量に申し込まれ、義捐金もひきもきらず送られ続けました。苦をともに分かち合おうというのは、自然な心の動きだったはずです。

 夏休み以降、「すでにがんばり尽くしている東北の人たちに、『がんばれ』とは言えない」といった賢しらを言う人たちが出てきましたが、私は賛成しかねます。私たちは「がんばれ東北」と言ったことはありません。それを言っていいのは東北の人たちだけだと知っているからです。私たちは「がんばろう日本」(ともに戦っていこう)と言ったのです。

 しかしちょうど「がんばれとは言えない」が広まるようになったころから、世間の雲行きは怪しくなってきました。

 京都の五山送り火ではセシウムが心配だからと検査済みの松が返され、愛知では東日本大震災復興と銘打った花火大会で被災地の福島の業者が作った花火が使用できなくなり、そして今も、東北の瓦礫は十分な受け入れ先を確保できずにほとんどが野積みにされたままです。先日お話した“バケツ牛乳”(*)の話のように、福島産の食品を摂らないことが当然のことのように語られます。きちんと管理されたものでも「摂らないのが当たり前じゃん」みたいに平気で弁護士や国会議員の口から語られます。

 昨年3月15日の「デイ・バイ・デイ」で、私はこんなふうに書きました。
非常に不幸な災害ですが、私はもう一度日本がひとつになるための重大な契機にもなるかもしれないと感じています。
 しかし心ないノイジー・マイノリティー (noisy minority)とそれを取り上げるマスコミや国会議員によって、この国はごく普通の国民の、バラバラな国家にされてしまうのかもしれないのです。

 私はもう一度、子どもたちの心に灯りを点けたいと思います。


(*)10月の参議院予算委員会では公明党の松あきら議員が、会津若松市在住の女性弁護士のこととして、「子供4人と自分の体内からセシウムが検出された」そこで「本当に心配です。そして、内部被ばくということがやはり心配なので、小学校の子供たちには、『学校で牛乳を飲むのをやめなさい』と言いました。そしたら、先生に『これを飲まない人は福島県民じゃない』と、『住む資格はない』と言われた」といった発言がなされました。

 給食全部を拒否するのではなく、牛乳だけを拒否するのはそこに何らかの理由があるはずだと思わせるに十分なものです。それを弁護士というステータスの高い人が行い、国会議員が取り上げたのですから、会津若松市の牛乳の危険性は決定的に印象付けられました。

 このニュースは大きく取り上げられましたが、その後の調査で、市内の女性弁護士は未婚の方が一人おられるだけで、「子供4人と自分の体内からセシウムが検出された」という事実はないこと。それどころか会津若松市民でセシウムが検出された事実は一件もないこと、したがって学校で教師が不用意な発言をしたという事実もないこと、などが明らかにされました。
 しかし松議員の発言は、それ自体が大きく報道をされたのにも関わらず、訂正報道は(少なくとも私に関しては)寡聞にして知りません。




0

2012/1/12

昭和の筋肉(あの頃、ぼくらもアホでした)  教育・学校・教師


 ○○年前、高校生のときに撮影した8mmフィルムが出てきました。正確に言えばその存在は分かっていたのですが、映写機がないので見ることができなかったのです。最近そうしたフィルムをDVDに置き換えるサービスができたため、この際見ることのできるかたちにしようということで友人が動いてくれ、ようやく○○年ぶりの鑑賞会が行われたのです。

 東野圭吾の作品に「あの頃ぼくらはアホでした」というのがありますが、「あの頃ぼくら『も』アホでした」ので、今見ると何がおかしかったのかとクビを捻るような画面ばかりです。音声でもあればいいのですが、オープンリールのテープレコーダーで録音したはずの音は早くになくされてしまい、今となってはナゾの無声映画みたいになっています。しかも面白映像のオムニバスみたいな内容ですので、音声や脚本がないと何をやっているのか分かりません。酒を飲みながらみんなで思案したのですが、最後まで分からない部分はいくつも残りました。

 まだ学生服が中心で、下駄を履いてバンカラを気取った最後の世代の映像です。校舎も古びた木造で、敷地の周辺には桑畑も見られます。

 映像の冒頭部分は私の家で撮影しましたので、当時のお気に入りのマグカップが映っていたり、いつもそばに置いていたトランジスタ・ラジオやサイフォンでコーヒーを点てるためのアルコールランプも映っていて(そういうキザなこともしていました)、当時の自分の部屋がそのまま確認できます。思わず笑ってしまったのは机上の蚊遣豚(かやりぶた:ブタの蚊取り線香入れ)で、そのブタの目をペン立てがわりに使っていたのです。確かにそんなことをしていました。中学校の技術家庭科で作ったミミズク時計は、今は動かなくなって実家に置いてあります。

 映像の途中で、友人が水着に着替えプールに飛び込む場面がありました。友だちから何度も何度も水に投げ落とされたあげく、結局自分で飛び込むというものなのですが(どういう意味なのだろう)、その画面で特に注意を引かれたものがあります。それは友人の筋肉です。映像を見せた息子が思わず「キモッ」と言ったように、恐ろしいマッチョで太ももなどスケートの清水宏保にも匹敵するような太さです。

 サッカー部の選手で強い筋肉が必要だったのは事実ですが、そこまでの太さが必要だったのか。今どきのサッカー選手で、あんなボディ・ビルダー並みの筋肉を持っている人はいないはずです。

 そう言えば私も、中学校まではバスケットボール部員でしたが太い筋肉を誇っていました。特に大腿四等筋と広背筋は“男が鍛えるべき筋肉”で、四等筋は膝頭から垂直に上がる筋肉の割れ目が長ければ長いほどよく、広背筋は女性にはつかない筋肉で「上半身を逆三角形に見せる必須アイテム」ということでこだわって鍛えました。おかげでズボンは太ももで合わせ(ウエストで合わせるとももが入らない)、シャツは首回りプラス3cmほどのものを着ていました。ですからあちこち変なところがブカブカですが、それがよかったのです。

 今から考えると、サッカー選手にもバスケットボール・プレーヤーにも必要のない筋肉だったのかもしれません(あんな筋肉の選手はボディー・ビル以外ではほとんど見たことがない)。無駄なことに精を出していたのかもしれません。


 あの頃ぼくらもアホでした。今の子どもたちがオタ芸に興じるように、ウサギ跳びや懸垂に興じ、エキスパンダーを分解して本気で星飛雄馬の「大リーグボール養成ギブス」を作ろうとしたりしていました、それはそれで十分にオタクだったのです。


0

2012/1/11

言ってもせんない批判者  教育・学校・教師


 新聞等を見ていると、公務員の犯罪は明らかに民間より高いということになりがちですが、現実はそうでないことも容易に想像がつきます。そこで実際に職業別の犯罪率はどうなっているのかとネット上で調べ始めたら、同じ疑問を持った人が質問サイトで次のような問いかけをしていました。

公務員の破廉恥犯罪率について教えてください。
 公務員と多少なりとも接していて感じるのは仕事がいい加減でモラルも低いし人間として失格者が多いということです。ただ公務員は犯罪をしたらマスコミに載るから犯罪者の温床だと言う印象を受けるのでしょうか?それとも民間の業種と比べて犯罪者は少ないのでしょうか?


以下はその質問者と回答者(複数)のやり取りですが、私の最初の疑問とは別に、新たな発見があったのでここに記しておきます。本当はこの3倍以上長いのですが、要約します。

回答A:(公務員の犯罪率が低いという数値データを示して)マスコミの言うことがどれだけあてにならないか、数字も確認しないでエラそうなことを言うヤツがどれだけ多いか、よくわかるはずです。
質問者:なるほど客観的な数字からも公務員の犯罪率が多いわけですね。やはり毎日責任感のないだらけた職場にいたら気が緩んでしまうのでしょうね。とても参考になりました。

回答B:Aさんが示してくれたデータをちゃんと見ましたか?公務員の犯罪率は民間企業や無職、学生と比較しても低いと出ているのですよ?マスコミは公務員の事件はセンセーショナルに扱えるから派手な報道をしているだけであり、犯罪率という意味では明らかに低いのです。
質問者:マスコミよりももっと悪質なのが公務員だと思いました。公務員は血税に群がる寄生虫と同等だと考えないといけなと思いました。とても参考になりました。

回答C:「やはり毎日責任感のないだらけた職場にいたら気が緩んでしまうのでしょうね。」これは、なにか統計に基づいた科学的な意見でしょうか?
質問者:はい!国の正式な統計に基づいたものです。公務員は税金に寄生してくいつぶつだけでけっして潰れません。従って公務員は、堕落するのですよね。ありがとうございました。

回答C:「やはり毎日責任感のないだらけた職場にいたら気が緩んでしまうのでしょうね。」これについての正式なデータはあるのかと聞いているのです。
質問者:申しわけありません。ここは質問者の私ごときが回答をさせていただく場ではないと思うとります。なおご自分の自立のためにご自身で調べられる事をお勧めいたします。

回答C:はっきり申しまして、批判するべき具体的なデータを提示しない限り、それは理性的な批判とはみなされません。
質問者:なにごとにもマナーとルールがあるので、質問者である私は回答者さんの疑問点に対してお答えできないのです。その点をご理解していただきたいと思うとります。

回答D:「政府の公式白書にもあります」。それを教えてください。
質問者:私は質問者でありここでのルールを尊重したいと思うとります。私は、なにごともマナーが一番大切だと考えていますのでそのルールを乱すような事は慎まなければいけないと思うとります。どうしてもお知りになりたければご自分で調査される事をお勧めします。ネット初心者さんだと思われますが検索のやり方もネットにあるので自己責任でお願いします。

 もちろんこういう人がすべてというわけではありません。しかし世の中には公務員はダメだという話しかしない人がいるというのは事実のようです。事実やデータはどうでもいい、議論になるかならないかもどうでもいい、公務員が悪いと言い続けることが大事と考える人たちです。

 保護者や地域、世の中の人々の声は大切にしなければいけません。しかし声の聞き方には、注意の必要な場合があります。対応はきちんとしなければなりませんが、何もかも真面目に受け取ってはいけない場合もあるのです。



0

2012/1/10

センスの違い  教育・学校・教師


 齢を取ると涙もろくなるというのは多分ほんとうで、私も若いころはまず泣くということはなかったのに、ここのところ妙にビービー泣くことが多くなっています。感情移入の仕方か、持っていく場所か、または自分の立って寄る立場が違ってきているのかもしれません。

 昨日泣いたのは成人式です。テレビでニュースを見るたびに涙ぐんでいるのです。
 例えば、結婚式前夜の花嫁のように親に感謝の言葉を述べる娘の映像を見てはビー、逆に子どもに贈る親の言葉を聞いてはビー、中でも感動したのは震災の被災地での成人式で、何もなくなった被災の街に、華やかな振り袖姿が歩いて行くのです。聞けばボランティアによって全国から振袖が集められたといいます。一生に一度の日に振袖を着ることのできた被災地の子は、どんなに幸せだったことでしょう。それとともに、こうした時に振袖の必要を思いつき動き出すことのできる人たちはどんな人たちなのだろうかと、不思議に思うとともにほとほと感心させられました。
 結婚式にも使えるからといった理由で成人式に着物をつくってしまう人は案外います。しかし結婚式に使うことは少なく、使ってもそのあとはめったに袖を通すことはありません。振袖は非常に高価であるにもかかわらず、呼びかければ支援物資として出てきやすいものなのです。しかしどうしてそのことに気づけたのか。

 そう言えば震災直後に全国から送られた支援物資の中で、最も喜ばれたもののひとつが式服だったという話もありました。あんな悲惨な状況の中でなぜ式服がと思ったのですが、悲惨だからこそ必要なものでした。毎日毎日、日に何回も死者を送りださなければならなかったからなのです。しかしあんなたいへんな時期に支援物資の中に、式服を含めた人たちの感性というものもある意味、恐ろしいものです。センスがまったく違うのです。

 昔から「家事には火を持って行け(現場は水びたしで暖も取れないから)、水害には水を持って行け(水が汚れて飲めないから)」と言いますが、他人が何を必要としているかを察知する能力は、やはりセンスとしか言いようがありません。私もそれほど冷淡でも不親切でもないはずですが、この「気づく」という部分では他の人に一歩も二歩も遅れます。

 気づきさえすればいくらでも努力したり犠牲を払ったりできると思うのですが、気づかなければ始まりません。
 ホントに嫌になります。



1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ