2011/12/29

喪中につき  歴史・歳時・記念日


クリックすると元のサイズで表示します


喪中につき年末年始のご挨拶ご遠慮申し上げます。

10月に父が永眠いたしました。

生前故人が賜りましたご厚情を心よりお礼を申し上げます。



0

2011/12/28

ブログでお付き合いして下さっている皆様へ  




 冬休みになりました。

 自分の学校の先生に語りかける「デイ・バイ・デイ」はしばらくお休みです。
 (しかしブログの方では気が向けば何かを書くかもしれません)
 例年そんなふうにしています。

 毎年年末にはブログやサイトを正月仕様に書き換えるのが楽しみでしたが、今年は喪中ですのでそれもできません。
 やはり寂しい年末ですね。

 では、では。




0

2011/12/27

今年あったこと(明日から冬休み)  教育・学校・教師


1月 グルーポン・スカスカおせち、間寛平がアースマラソンから帰国、ブラジル南東部で大洪水、伊達直人が多数出現しランドセルなどを送る、新燃岳噴火、中国がGDPで日本を抜き世界第2位に、チュニジア・ジャスミン革命

2月 エジプト・ムバラク政権崩壊、大相撲八百長問題、京大カンニング事件、ニュージーランドカンタベリー地震、ソニー個人情報流出

3月 東北新幹線「はやぶさ」デビュー、九州新幹線全通、東日本大震災、長野県北部地震、福島第一原発事故、iPad2登場、坂上二郎・エリザベステーラー死去

4月 ユッケ食中毒事件、ロイヤルウェディング(ウィリアム王子結婚)、キャンディーズ・スーちゃん死去、サイババ死去、松山ケンチが小雪と結婚、栃木でクレーン車が小学生の列に突っ込む

5月 上原美優自殺、児玉清死去、ウサマ・ビンラディン暗殺。

6月 NHK教育がEテレになる、古川聡さんソユーズで宇宙へ、菅直人ニセ退陣表明、高速道路1000円終了

7月 ワールドカップ女子サッカー・なでしこジャパン優勝、中国高速鉄道で脱線事故(車両を穴に埋める)、ノルウェー連続テロ事件、アナログTV放送終了、新潟・福島豪雨、伊良部自殺、米国債デフォルト危機

8月 菅直人首相退陣、野田政権誕生、イギリス暴動拡大、静岡TV「セシウムさん」事件、島田紳助引退、松本山雅・松田直樹死亡

9月 台風12号

10月 iPhone4S登場、ウォール街デモ、タイ大洪水(バンコクで最大2mの冠水)、ギリシヤ危機、トルコ地震、スティーブ・ジョブズ死去、カダフィ大佐死去、世界人口が70億人を突破

11月 TPP問題で揺れる、天皇陛下入院、立川談志死去、大阪W選挙で維新の会圧勝

12月 玄海原発4号機再稼働、金メダリリスト内柴逮捕、北朝鮮金正日死去

 こうして並べてみて「こんなにいろいろあったっけ?」と思うのは毎年のことですが、それにしても2011年はたいへんなことがありすぎました。関係者にとっては切実だと思うのですが、京大カンニング事件やカンタベリー地震など、ずっと昔のことだった気がします。
 中国高速鉄道の事故も今年だったことは分かるのですが、今年のどのあたりで起こったことなのか、すっきりと意識にはまってきません。

 私は事象の歴史的重さを、「中学校の歴史の教科書に載るか」「高校の教科書に載るか」と言ったことを目安に考えることがあります。
 中学校の歴史の教科書に載るような事象は、それこそ50年に一度100年に一度といった大事件大事故だけで、あれほど大騒ぎをした大相撲八百長事件もタイ洪水もけっして載ることはありません。
 しかし東日本大震災と福島原発事故は載ります。ギリシヤ危機がEU崩壊に繋がれば、また金正日死去が北朝鮮崩壊に繋がれば、今年のことが教科書の題材になるかもしれません。そのくらいたいへんなことがあった年ということです。

 長く生きてきてもリアルタイムで歴史的事象に接することは滅多にありません。子どもたちにもそんなことを話して、事象に注目させておきたいですね。


0

2011/12/26



 他の職種と比べたとき、教職が何に一番似ているのかというと大工さんや板前さんのような職人仕事ではないかと思っています。

 基本的には年季がものをいい、時間が経てば経つほど腕を上げていきます。10人に一人くらいは“すごい”といわれる人がいますが、10人に一人ぐらいは「やめておいた方がよかった(かな?)」といった人もいます。残りの8人は似たようなものですが、真面目に努力さえしていれば必ずいっぱしの教師になれます。

 年季仕事ですので当然年寄りが大切にされます。齢を取るほどダメになることのない、現代では珍しい職種のひとつです。

 以前お話ししたことがあるかもしれませんが、すべての学問は「科学」と「芸術」に分類することができるという話があります。「科学」の真髄は「誰がやっても結果は同じ」で芸術の真髄は「誰にも真似ができない」です。
 困ったことに教育学はその両方に足を突っ込んでいて、誰にでも公平に「同じような学力」をつけなければならないのと同時に、「個性」を尊重する立場から「同じではない力」もつける力として要求されています。

 教員の態度もそれと呼応するように、一方で「どんな教師があつかっても同じように高い成果の得られる授業」を目指す人々がいながら、他方で「誰も真似できない優れた授業」を志向する人たちもいます。

 それはまさに大工さんや板前さんも同じで、一定水準以上の建物や料理を要求される(当たり前ですよね。住める家、普通に食べることのできる食事は、最低限の条件です)一方で、「それ以上」も望まれて、そのために日夜修練を積んでいます。
 プレハブ工法のように上質のものをいくつでも輩出できるようにする建築の動きと同時に、宮大工のような一回性の仕事に取り組む人がいます。料理のレシピを作る料理人もいれば、一子相伝、誰にも秘密を明かさない人もいます。

 技術は基本的に先輩を見ながら自分で考えて積み上げていくという点、そしてその技術も常に更新されなければならない点でも、職人と教員は似ています。

 私は教職が職人芸だという考え方をとても好んでいます。真面目に、一生懸命取り組めば、平凡な私でも60歳でも70歳でも、いつまでも力を積み上げて行けると思うからです。


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ