2011/4/28

美・サイレント  教育・学校・教師


 例えば質屋さんがルイ・ビトンの真贋を鑑定するにあたっては、どうやら膨大なデータとの照合があるようです。ロゴの印刷が不鮮明だとか、タグの縫い付けがいい加減だとか、贋作者には贋作者なりの個性があって、そうした情報に精通することが鑑定の基礎となります。しかしそれは一定量以上の大量生産品についていえることで、例えば狩野永徳の贋作となると贋作自体が数千数百あるわけではないのでデータ自体が揃いません。そこで必要になってくるのが高度の鑑定眼ということになります。

 では鑑定士たちはどのようにしてそうした眼を養ってくるのでしょう。
 これについては「開運!なんでも鑑定団」の中島誠之助さんがこんなふうに語ったことがあります。
「鑑定士というのは本物と偽物を比較しながら育ってくるのではない。鑑定士たちは小さなころから良いものしか見ない。優れたもの一流のものをふんだんに見て育った眼には、偽物は鮮やかに浮かび上がってくる」
 この話は以前に申し上げたことがあるかもしれませんが、私のずっと大切にしているものです。

 道徳の半分は「美」の問題です。これはテーブル・マナーだとかさまざまな所作のことを考えるとすぐに分かります。

 ひじをついてご飯を食べてはいけないだらしない格好をしてはいけない、目上の人と話すときはこうしなさい、言葉遣いは丁寧にしなさいとかいったことはすべて善悪の問題ではありません。「他人に迷惑をかけない」といった道徳の範囲にも入りません。こうしたことはすべて『それが美しいかどうか』で計られる問題です。そしてそれが問題となる前提として、「美しいことは重要だ」という認識があります。これは提言命題で「なぜ美しいことは重要か」という質問を許しません。とにかく必要なのです。

 その上で、では何が美しく何が醜いか、その基準はどこにあるかというと、これがまったく説明できないのです。なぜなら「美」はもともと説明できないものだからです。

 ピカソがなぜ美しいか、モーツアルトの楽曲がなぜよいか、ある場所のある時間の風景が「美しい」のはなぜか、こうしたことは一切説明不能です。実際にたくさんの美術品や美しい風景を見る中で、自然に分かってくること、「ああ、確かにみんなが言うようにこれは美しい」と理解できるものなのです。

「躾は押し付け」という言葉を肯定的に使う人と否定的に使う人の双方がいます。しかし道徳の「美」に関する部分は、(押し付けろとまでは言わないまでも)すべてよきものを体験することでしか身につきません。美は、黙して伝えるものです(だから「美・サイレント」)。

 教師の美しい立ち振る舞い、言葉遣い、他人にものごとを譲って自分を後回しにする謙虚さ、弱い者を守る気高さ、そういったものはすべて子どもの“体験”として取り込まれていきます。またクラスの友だちの美しい一挙手一等速が、「美」で溢れることは、だから絶対に必要なのです。

 もちろん世の中のすべてがそうでなくてはいけないのですが、「すべて」という点では世の中なんてまったくアテになりません。意図的にそれを示せる人間は、組織としては学校の中にしかいないのですから。


0

2011/4/27

鼻先の会話  教育・学校・教師


 今、手元にその本がないので確認できないのですが、向田邦子のエッセイの中に「我が家の電話はかかって来る直前にくっと肩を上げる」といった表現がありました。うまく書くものだなあと感心したことを覚えています。ダイヤル式の電話は内部にベルが入っていますから、実際に本体がかすかに揺れたのかもしれません。

 昨日の会の帰りに矢作川の土手の桜を見ながら走っていたら、土屋病院の向かいのあたりでちょっとした事件がありました。橋のたもとの一旦停止で停まったら、左から登ってきた車の一旦停止とタイミングがあってしまい、一瞬迷ったのですが私が先に出て直進し、左の車は左折して私の後ろにつきました。

 しばらく進んで、私は赤信号で停まっている右側車線の車列につき、背後の車は空いている左の車線を真っ直ぐ進んで・・・行くかと思ったら私の横でぴったり停まり、運転席の女の子がこちらを覗きこんで睨みつけます。要するにさっきの交差点で先に入られたことが気に入らなかったのです。助手席でふんぞり返っているサングラスの男もこちらを見ています。

 幸いなことに私は自他とも認める強面で、初対面を恐れさせるには十分な顔を持っていますから、見られていると思った時点で顎からゆっくりと顔を向け、じっと相手を見据えました。ほんのしばらく睨みあうかたちになり、こちらが「いつでも出て行くぞ」というサインを送ると相手はスーッと目を逸らし、そのまま行ってしまいました(勝った!・・・何してるんだろう、オレ)。

 信号も優先もない十字路で2台が停まり合うということはよくあることです。しかしそれで難しいことはめったにありません。なぜかというとどちらが先に行くかは自然と分かるからです。何というか、相手の車の鼻先が何かを訴えてくるのです。「先に行くよ」とか「行かないよ」「待ってるからね」とか。

 もしかしたらそれは、マニュアル車でブレーキから足を離した時のほんのわずかな動きとか、無意識に感じているドライバーの表情とか、交差点に入ってきた様子からうかがえるドライバーの性格とか、あるいは車種だとか、とにかく説明しきれないそうした何ものかの総和なのでしょう。いずれにしろほとんどの車は、常に鼻先で何かのサインを送りながら走っています。それが普通です。

 運転に慣れるというのはそういうことで、車線変更や割り込み、空いている駐車スペースにどちらが入るかというやりとり、そういったものがすべて車の放つ無数のサインを読み取ることで成り立っています。

 そういえば大震災日の東京で、無数の車と人がひしめきあう様子を「巨大な無声映画を見ているようだ」と表現した記事がありました。要するにクラクションを鳴らさないでも人々は動くことができたのです。

 ただしこうしたサインを全く出さない車というのもあります。私見によれば、それは一部の女性と一部のお年寄り(こちらは男性)です。時に全く何も聞こえてこない。

 先ほどの女の子はそういう一人でした。


1

2011/4/26

小生、生来病弱ニテ・・・  教育・学校・教師


 昨日はご迷惑をおかけしました。(昨日は風邪が酷くて早退しました)

 日ごろあまり睡眠時間をとらないので、家で休んでいても眠れるはずもないと思ったのですが、実際あきれるほど昏々と眠ることができました。久しぶりのことです。

 私は生来虚弱で3歳のときには医師から、「明日の朝まではもたないでしょう」と言われて母を泣かせた親不幸な歴史を持っています。

 幼稚園の運動会も、前日練習のかけっこで3位に入って大喜びで帰宅したのに、興奮が過ぎてぜんそく気味になり当日は欠場。

 当時「お遊戯会」と呼ばれていた発表会では(本当は主人公の一寸法師をやりたかったのですが)本番に登園する確率50%以下ではわき役すらさせられず、一寸法師が都に向かう時に後ろで舞っているチョウの役でした。これだと欠席されても苦になりません。
 しかし予想に反して当日私は登園し、この悲しい役を演じました。

 小学校では1・2年生の間、病弱養護学級に入っていました。当時はそういうクラスがあったのです。たった14人ですが、そのうち二人が大人になることはありませんでしたからけっこう大変だったと言えます。

 朝は体温計測と乾布摩擦から始まるという不思議な日課でしたが、それしか知りませんでしたからそんなものだと思って学校生活を始めました。
 私たちの世代くらいしか知らないと思うのでうすが、今はなくなった制度のひとつとして長期休み前の半日日課というのがあります(今でも他県の学校では残っているみたいです)。教員になって分かったことですが、これは結局先生たちの通知表づくりのための日課なのですね。
 しかし当時は「暑い夏、そんなに勉強もできないから涼しい午前中だけを授業に当て、あとは家に帰す」と説明されており、私たちはそれを信じていました。

 もっとも午前授業を終え給食を食べて下校となると帰宅は1時過ぎになり、一番暑い時間にさしかかってしまいます。私たちのクラスのメンバーには極めて危険な時間帯です。
 そこで全校の中で我々のクラスだけ帰宅が許されず、昼寝をして涼しくなるのを待って下校したのです。これはかないませんでした。眠れるはずなどなかったからです。

 起きたりしゃべったりすると怒られるので静かに我慢しているのですが、その時間が長く長く、ほんとうに我慢しがたい時間でした。
 ただし1時間か2時間、そうしてじっとしていると、遠くからカランカランと音が近づいてきます。担任の先生が薬缶の中にオレンジ・ジュースを入れて持ってきてくれる音です。冷蔵庫のない時代にどうやって氷を用意したのか分かりませんが、水に溶いた粉ジュースに氷の塊りをいくつも入れて持ってきて来てくれるのです。薬缶の中で氷のぶつかり合う音、それがカランカランなのです。とても幸せな音でした。

 小学校・中学校・高校と進むに従って次第に健康になって行ったのですが、決定的に体質が変わって安心できるようになったのは、大学へ進んで一人暮らしを始めてからです。「病気になれん」という気持ちはやはり体を強くするものです。

 ただし、全く無病息災とはいえず、様々に病院と関わって今日に至っています。そしてその時々に思い出があります。またお話しましょう。


0

2011/4/25

時は動いている  教育・学校・教師

 
 土曜日の朝、NHKニュースを見ていたら石巻の小学校の、1年生の教室が映し出されていました。体育館が避難所で使えないので、教室で入学式が開かれたのです。
 新入生の名前が呼ばれます。そして後ろの壁で黒いリボンのかかった写真を持った若いお母さんのが「はい」と答えます。そのとき呼ばれた名 前に覚えがありました。。

 佐藤愛梨さん、先月16日の「デイ・バイ・デイ」で取り上げた朝日新聞の記事にあった名前です。地震直後の幼稚園から、園バスで丘を下りて津波に巻き込まれ亡くなった女の子です。

 普通、メディアで注目した人の、その後について改めて知ることはありません。しかしメディアに取り上げられ、やがて忘れられたのちも、人々は生き、暮らしていきます。

 愛梨さんの母親はこの一カ月を、どのように生きてきたのでしょうか。

 予想された入学式を、予想しなかった悲劇的な形で迎えなければならない事実を、どんなふうに受け入れたのか、受け入れようとしてきたのか、私はそれを知りたいと思います。なぜ知りたいのか分かりませんが、知ることである程度共有できると感じているのかもしれません。

 しかしそれとて、2万7千余の死者行方不明者のうちのひとつの物語にすぎません。


 妙な話ですが、昨年私は「兆」という数について調べたことがあります。そのとき驚いたのは、1oの1兆倍、つまり1兆oは100万q、地球を25週もする長さだったということです。
 一口に「兆」と言っても、その内実は非常に重いのです。

 死者行方不明者2万7千余というのも一口で言えますが、その内実は恐ろしく重いと言えます。


(*以下はNHKのホームページから運んだ記事です。)


「石巻 遺影胸に小学校の入学式」

 宮城県石巻市の小学校で入学式が行われ、津波で亡くなった2人の子どもの代わりに遺族が、遺影を胸に出席しました。
 石巻市の佐々木明日香ちゃん(6)と佐藤愛梨ちゃん(6)は、3月の大地震の際、通っていた幼稚園のバスに乗ったまま津波に巻き込まれて亡くなりました。
 22日は、2人が入学する予定だった蛇田小学校で入学式が行われ、2人に代わって遺族が出席しました。
 入学式は、避難所になっている体育館ではなく、1年生が学ぶ4つの教室で行われ、冒頭、明日香ちゃんと愛梨ちゃんに黙とうがささげられました。
 式のあとの最初の授業では、クラスメートの名前が順番に読み上げられ、明日香ちゃんと愛梨ちゃんの名前が呼ばれると、遺影を抱えた2人の母親が目頭を押さえながら「はい」と答え、担任から2人が使うはずだった名札を受け取っていました。
 入学式に出席した明日香ちゃんの父親の佐々木純さんは「娘が出席できなかったのは残念ですが、入学した子どもたちは楽しい学校生活を送ってほしい」と話していました。
 愛梨ちゃんの母親の佐藤美香さんは、「天国の小学校で友だちと学校生活を楽しんでほしいです」と話していました。(04月22日 17時25分)


0

2011/4/22

学校の常識は、世間の非常識  教育・学校・教師

・・・という言い方があります。

 個人的な感想で言えば、学校の外にいたときより中に入ってから、目上の先生から指導される際に多く言われるようになった気がします。

 では何が非常識なのかというと、例えばネットで調べてみると、

「自分は頭がよいと思って偉ぶっている」「マニュアル人間」「余計なことに苦労をしたくないと思っている」「町内会の清掃の日に『うちは教師なんで参加できない』と言った」「挨拶をしても、挨拶を返してくれない」「学歴が上か下かで態度を変える人がたくさん」「時間が守れない」「約束が守れない」と、これはどう考えても「そういう人もいるよな」という範疇のものが半分あります。

 もちろん、幼小中高で「教師」と呼ばれる人は100万人近くいますから「100人に一人という奇人」だけでも1万人、非常識な教員は確かにいます。しかし、だからといって教師が非常識なわけではありません。

 一方、「大事な連絡を忘れるのです」「時間が守れない」「約束が守れない」「縦のつながり、横のつながりが薄い」「勤務態度がルーズだ」「服装がだらしない」といったものもあって、こちらの方は「少し反省したほうがいいかな」とも思います。しかしそれも「教師は〜」という問題ではないでしょう。

 最後に、「学校内で刑事事件相当のことがあっても 警察に通報せずに処理しようとするところ」とか「理想主義」「非常識というより世間知らず」「企業人としてはやっていけない」とかいった話もあって、こちらの方は頷けます。

 もともと私たちは常識の世界に住んでいるわけではないからです。

 調整手当てなどという微々たるお金をもらって毎月(平均で)35時間もの時間外労働を平気でする人が常識的であるはずはないのです。年間に有給休暇が40日もありながら毎年四分の一も使い切れず、常に積み残すような日々。そのくせ土日はやたらと学校出てきて仕事をしていますから、休んだ有給の何倍もの日数を休日出勤していたりします。

 これも常識では測れない仕事ぶりです。

 努力や成績、新しいアイデアがそのまま収入に結びつかないのにそれでも頑張り続けるという態度も普通ではありません。

 私が教員になって最初に「ここは違う世界だな」と思ったのは、教師が果てしなく子どものことを真剣に考え、常に話し合っていることです。24時間教師をしていて、片時も子どものことを忘れません。

 前の職場(民間企業でした)はそんなふうではありませんでした。仕事が終わればオフ・スイッチをしっかりと入れ、別の人間になって職場を出ました。しょっちゅう飲みに出かけ、そこでは仕事以外の話をしていました。面白いこともたくさんありましたし、休日は自分のことだけに呆けていました。

 デパートの苦情係で、クレームのあて先を自分の携帯電話にして24時間いつでも待ち続けている人なんて一人もいないでしょう。せっかくの日曜日、頼まれもしないのに出かけていってオフィスの掃除や片づけをしてくるサラリーマンもそうはいないはずです。

 学校の常識は世間の非常識、それでけっこうです。教師は世間知らず、それもけっこうです。教員が世間の常識に従ってものごとを損得で割り切り始めたら、学校はとてももちません。保護者も児童生徒も、世間知に長けた狡猾な人間を教師に求めたりはしないはずです。


19

2011/4/21

家庭訪問  教育・学校・教師


 家庭訪問を廃止して欲しい、少なくとも持ち上げのクラスではやらなくてもいいのではないか―どこの学校に行ってもそんな要求が保護者から出されます。また、教員にとっても忙しい4月・5月、先生の側からも同じ願いが出されることもあります。しかし私はそれに与しません。
 昨年の5月17日の夕刊フジに次のような記事がありました。

 玄関先で立ち話、家には一切入らず…家庭訪問に“異変
 大型連休も明け、全国の小学校は家庭訪問のシーズンを迎えている。ところが最近は、学校側から「玄関先でお願いします」と事前に念押しされ、家に先生を一切上げない“訪問”が慣例化しているという。家庭内での児童虐待事件が続発するなか、本当に立ち話だけでいいのだろうか。(中略)文部科学省は家庭訪問について「法的な定めはなく、指針も出していない」。東京都教育庁も「最終的には学校長の判断。必ず行う必要はなく、教諭の『地域訪問』を行う学校もある」(義務教育特別支援教育指導課)という。
 「地域訪問」とは、先生が児童の家を目視で確認するだけという味気ないもの。23区内のある学校長は「『玄関先』や『地域訪問』が定着したのはここ10年。実は保護者の希望からなんです」と打ち明ける。
 「『家の中を見られたくない』とか『共働きで忙しく、応じられない』という意見が多かった。家の中を見せていただくことは、学級運営や児童への指導にも役立つのだが…。一方で、教諭の仕事量は年々増えているため、家庭訪問を夏休みに行う学校もあるのです」

 私も同じ経験をしたことがあります。以前勤めていた学校で校長先生のひとことで「家庭訪問は担任の代わったクラスだけ、しかも玄関先で行い一切中には入らない」と決まったことがありました。しかし非常に不評で翌年には元に戻してしまったのです。

 何がいけなかったというと、「その日」を待っている保護者が、実はたくさんいたのです。特に「日ごろ学校にもの申さない」保護者たちが、この機に話しておこうと待ち構えていたのです。

 学校に対する不満といったものばかりではありません。日ごろ気になっている子どものこと、子どもの友だちのこと、地域のこと・・・たとえ15分でも20分でも腰を据えて話したいと考えている保護者が少なくなかったのです。

 実際、家庭訪問通して「毎年母親が対応してくれるのにその日に限って父親が出てきたのでおかしいなと思ったら『実は離婚をしまして・・・』ということだった」「病気で寝ている父親も合わせて出てきた、それで家庭が大変なことを知った」といった話はよくあることです。こういったことは家庭訪問をしなければ分からなかった、あるいはあとに引き伸ばされたことです。たった一人の子の、きわめて難しい状況を知るだけでも、数十軒の家を回る意味があろうというものです。

 しかし私自身は、そういった「異変を知る」という意味ではなく、一年の教育サイクルとして家庭訪問を大事にしてきましたし好きでもありました。

 一学期の早い時期に家庭訪問をして現状を分析して一年間の作戦計画を立てる。12月の懇談会で中間決算をし、遣り残したことを3学期に行うよう確認しあう。そして最後の通知票で決算報告をする。
 そうしたサイクルの中で、私の場合、家庭訪問は重要な位置づけでした。


1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ