2011/3/4



「文体」という言葉は「和文」「漢文」「和漢混淆文」などといった固まりに使われることもあれば、「だ・である」調のような常体、「です・ます」調のような敬体など、文章の様式として使われる場合もあります。
 しかし何といっても問題にされるのは、プロの作家たちの「文体」です。これは文章作成上の一種の癖あるいは偏向であって、しかも何らかの価値のあるものです。

 例えば二つの文を見せられて、一方が志賀直哉で他方が谷崎潤一郎だと言われたら(よほど意地悪な抜粋でもしない限り)私でも100%言い当てることができます。それは一文の長さ、読点の位置、比喩の特徴や使用する漢字、用語の頻度などに明確な違いがあるからです。

 またいくつかの文の中から中島敦のものを探し出すのは比較的楽ですが、そばに高橋和巳の文が置かれていたら間違えるかもしれません。二人とも中国文学の素養の上に書いた人なので、文章が似ているのです。

「文体」は文章上の強烈な個性ですから「彼は確固たる文体をもって文壇に登場した」とか「この時期、ようやく自分の文体を確立した」といった使い方をします。どんなアイデアを持っていたとしても、少なくとも純文学の世界では文体を持たない人は成功しません。

 しかしそれはプロだけの話でしょうか。
 日常、大量の文章を書く私たちに「文体」と言っていいような安定した文章上の癖、偏り、個性といったものはないのでしょうか。

 もちろんあります。私たちの文にだって「文体」に近いものはあります。とにかくたくさん書いているうちに、表現の揺らぎは自然に消えて行き、その人らしい文章になっていきます(これに芸術性があれば即、作家です)。学級便りの文章など、たぶん多くの先生が互いを言い当てることができるでしょう。ああ、これ○○先生の文だと、理解できるはずです。

 文章を書くのが楽になる近道は、この「文体に似たもの」を早く手に入れることです。その文体という枠に乗ってしまえば、書くこと自体には苦労せず「書く内容」だけが問題となってきます。そうなったらしめたものです。では、そのためには何をしたらよいのか。

 それはもう、書いて書いて書きまくるしかありません。プロ野球を見ていても野球はうまくなりませんし、音楽を聴いていてもうまく演奏できるようになるわけでもありません。同じように本を読んでも、日常的にたくさんしゃべってもそれで文がうまくなるわけではなく、やはり書かないと文は楽にならないのです。すべてのこと同じように、そこには意図的な修練、目標をもった訓練を入れるしかありません。

 そして子どもたちもそこまで書き込めば、きっと文章を書き、表現することが好きになるはずです。


0

2011/3/3

文体@  言葉


 あるレストランで、一人の女優が友人にからかわれる。
「結局キミが一流の女優だっていったって、脚本がいいから観衆を泣かせられるのであって、
良い脚本なしに何もできないものさ」
 それを聞いた女優はすっと立ち上がり、手元にあったメニューを持ち上げるとそれを朗々と読み上げた。するとあたりにいた人々はそのあまりにも悲しい調子に、はらはらと涙を流したのであった。
 いつ、どこで聞いたものか忘れましたが、「表現は他の手段を借りずとも単独で成り立つ」という話です(たぶん作り話でしょうが)。


 教科書にも載っている宮澤賢治の「やまなし」は、初めのうち何をやっているのか分からなかったのですが、ある日突然気がつきました。これは言葉で絵を描いているのです。そのことは賢治自身が最初の一行目で「小さな谷川の底を写した、二枚の青い幻灯です」と言い、最終行で「私の幻灯は、これでおしまいであります」と言っていることでも明らかです。
 
 蟹の子供らはもうよほど大きくなり、底の景色も夏から秋の間にすっかり変りました。 白い柔かな円石もころがって来、小さな錐の形の水晶の粒や、金雲母のかけらもながれて来てとまりました。
 そのつめたい水の底まで、ラムネの瓶の月光がいっぱいに透とおり天井では波が青じろい火を、燃したり消したりしているよう、あたりはしんとして、ただいかにも遠くからというように、その波の音がひびいて来るだけです。
 蟹の子供らは、あんまり月が明るく水がきれいなので睡らないで外に出て、しばらくだまって泡をはいて天上の方を見ていました。
 ここには何の思想も心情もなく、ただ美しい水底の風景があるだけです。


 別の文。

 学校の設置者の変更についての認可の申請又は届出は、それぞれ認可申請書又は届出書に、当該設置者の変更に関係する地方公共団体(公立大学法人(地方独立行政法人法 (平成十五年法律第百十八号)第六十八条第一項 に規定する公立大学法人をいう。)を含む。以下この条において同じ。)又は学校法人(私立の盲学校、聾学校、養護学校又は幼稚園を設置する学校法人以外の 法人及び私人を含む。)が連署して、変更前及び変更後の第三条第一号から第五号まで(小学校又は中学校の設置者の変更の場合において、新たに設置者となろうとする者が市町村であるときは、第四号及び第五号を除く。)の事項並びに変更の事由及び時期を記載した書類を添えてしなければならない。ただし、新たに 設置者となろうとする者が成立前の地方公共団体である場合においては、当該成立前の地方公共団体の連署を要しない。
(学校教育法施行規則第七条の六)


ここにあるのはひたすら誤解を許さない、文章に正確さだけを追求する究極の姿です。

文章にはこれだけの幅があるのです。

 したがって文章力というのは、ただ読書をしていたのでは身につきません。ある目的に向かって、それにふさわしい修練をしないと手に入れられないのです。

 女優はメニューを読んで人々を泣かせます。しかしその同じメニューを読みながら笑わせることもできるはずです。
 同じように、書く内容とはまったく関わりなく存在する文章の形と言うものがあります。

 それを文体と言います。


1

2011/3/2

遠山の金さんの日  教育・学校・教師


 今日、3月2日は「遠山の金さんの日」だそうです。遠山金四郎景元が北町奉行に就任した日(1840年)で、それを記念しています。

 あまり知られていませんが、遠山金四郎のお父さんも通称「金四郎」で、役人の能力としてはむしろ上だったのかもしれません。なにしろの幕臣の永井家の四男坊でありながら遠山家に養子に来て、昌平坂学問所を首席で卒業し、幕府代表者としてレザノフ事件に立会い、長崎奉行から勘定奉行に上り詰めたというのですから只者ではありません。
 ただし家庭的には厄介な問題を抱えていました。

 彼が養子に来たのは当然、遠山家に男子がいなかったからです。しかし養子に来て息子の金四郎(以下「子金」と略す)が生まれたとたんに遠山家に男子が生まれてしまいます。父親の金四郎(以下「父金」)は困り果ててしまいます。そのままだと実子の「子金」に家督が繋がらないからです。当時の武家にあって家督を継げないというのは、一生、家長からもらう小遣いだけで無為徒食の生活を送らなければならないのです。そんな悲しいことを「子金」やその子孫にはさせられません。

 そこで父金は順番を入れ替えて、遠山家の息子(Aとする)を「父金」の養子とし、Aの養子に「子金」を入れます。こうすると「父金」→A→「子金」の順で自分の実子に家督が移行します。ところがまた困ったことに、長じてAが結婚するとそこにも男の子が生まれたのです(以下B)。何のことはない、遠山家は「父金」など養子にせず、ただ待っていれば家系が続いたのです。

 また困った「父金」は今度は養子縁組を「父金」→A→B→「子金」の順にし、ただひたすらAとBが自然死するのを待つことにしました。なにしろ寿命の短い時代ですから、100分の1くらいは可能性があると考えたのかもしれません。ただし二人が死ぬまで、「父金」は隠居できません。

 かくして「父金」は77歳まで奉行の地位にとどまり、遠山家の実子が死ぬのを待って隠居、めでたく「子金」にすべての家督を譲ります。このとき「子金」はすでに36歳です。


 遠山の金さんに本当に刺青があったかどうかはよく問題にされますが、記録によると袖がまくりあがるのを非常に気にしたといいますから、手首近くまでの刺青があったのかもしれません。何しろ36歳までまったく働いていない人ですから、若気の至りで悪さをしていた可能性は非常に高いのです(よく、TVの時代劇に出てくる悪人の類型に「旗本の四男坊」というのがあるのも、そのほとんどが生涯飼い殺し状態で非行に走りやすかったためです)。

 ただし「桜吹雪」の刺青というのはむしろ元禄時代的で金さんの生きた化政時代的ではありません。そのころの流行から考えるとむしろ「カッと目を見開いた女の生首」といったおどろおどろしいものだった可能性の方があります。

 また、金さんが庶民の味方だったという話もどこまで本当か分かりません。ただし時は天保の改革の時代、当時の南町奉行は妖怪・鳥居耀蔵です。水野忠邦の忠実な部下で質素倹約を徹底して庶民をいじめた男です。一方金さんは鳥居と対立し失脚しかかったり、また天保の改革に対してもあまり熱心に仕事をしなかったりしたふしも見られます。

 熱心に仕事をしないから庶民から慕われる、なかなかいい役どころだったのかもしれません。ちなみに北町と南町は月番で、基本的に一ヶ月交替で表向きの仕事をしましたから、金さんと鳥居との違いはいやがおうにも際立ったはずです。

(しかしそれにしても「金さんの日」って、誰がどこで何をして祝うのだろう?)



0

2011/3/1



 3月は西暦で三番目の月に当たり、31日間ある月です。

 日本では、旧暦3月を弥生(やよい)と呼び、現在でも新暦3月の別名としても用いています。弥生については、草木がいよいよ生い茂る月「木草 弥や生い月(きくさ いやおいづき)」がつまって「やよい」となったという説が有力で、これに対する異論は特にないようです。

 他に花月(かげつ)、嘉月(かげつ)、花見月 (はなみづき)、夢見月(ゆめみつき)、桜月(さくらづき)、暮春(ぼしゅん)などの別名もあります。
日本では年度がわりの時期として定着しています。

 卒業式や送別会が行われ、出会いと別れの時でもあります。また月末には学校の春休みがあり、人事異動や進学・就職のために引越しや移行作業が行われ、新生活の始まりなどで忙しくなります。

 ヨーロッパではmars,marzo,Marchなどと呼ばれますが、これはローマ神話の軍神マルス (Mars)から来ています。マルスの月という意味です。マルスは英語ではマーズ。惑星では火星の名です。ちなみに大昔に流行った「セーラームーン」で、セーラーマーズの変身したのは「火野レイ」という巫女さんで、「ファイヤー・ストーム」などという技を使いました。

 3月は古代ローマでは一年の最初の月でした。

 また、この月はその年の11月と同じ曜日で始まり、普段の年は2月も同じになります(閏年はずれる)。

 3月の年中行事としてはまず雛まつり(3月3日)、国際婦人デー( 3月8日)があります。3月12日から13日は東大寺二月堂のお水取り、3月14日はホワイトデーですのでバレンタインデーにチョコをもらった人はお忘れなく。
17日は彼岸の入り(春分の3日前)、春分の日は(今年の場合)3月21日です。

 3月に行われるスポーツはこれといってありませんがマラソンシーズンの最後となります。毎年3月第1日曜は「びわ湖毎日マラソン」(滋賀県)、第2日曜は「名古屋国際女子マラソン」(名古屋市)。普段は大相撲三月場所(大阪府立体育会館)があるのですが今年は中止になってしまいました。
いよいよまとめの月、頑張りましょう。

 誕生石はアクアマリン、ブラッドストーン、コーラル(さんご) 星座は魚座から牡羊座に移ります。誕生花はサクラ、スイートピー、チューリップだそうです。

 
クリックすると元のサイズで表示します




0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ