2010/12/27

ご苦労様でした  教育・学校・教師


 2学期が終わります。
 長くてウンザリしたという記憶もないですが、今日の雪景色を見ながら夏休み明けのうだるような暑さを思い出すと、ほんとうに長い学期だったと改めて感じます。
 運動会も文化祭も、ずっと昔のことのようです。学校は常に新たな意欲を喚起しないと止まってしまう自転車操業みたいなところがあって、どこかで何かしらが動いていますから、倦んでいる暇がないのですね。気がつけばもう終業式です。

 世間では民主党代表選挙で菅直人氏が再選されたとたんに尖閣列島問題が発生し、そうかと思っていたら北朝鮮が韓国を攻撃し、ウィキリークスが次々と暴露を始め、チリの鉱山から続々人が助けられ、白鵬は連勝を止められ、日本女子バレーは連敗を止め、市川海老蔵さんは結婚したかと思ったらいきなり殴られと、毎日ニュースから目の離せない日々が続きました。しかし学校の中はいたって平穏無事、特に心配したり不安になったりすることなく過ごすことができました。

 私はよく、「『学校で別段何の問題もなく、子どもたちは普通に勉強している』という状態が、先生たちのどれほどの努力と連携によって行われているか、それを知ってほしい」といった言い方をします。それぞれ家に帰ればわがままを言ったり聞き分けがなかったりする子どもたちが何十人も集まりながら、きちんとやっている、その状況のすごさが世の中の人にはわからないのかもしれません。
 子どもは「学校」という器の中に入れると、自然とおとなしくなるものだと思い込んでいるのかもしれません。

 この長い2学期を大過なく過ごせた背景には、先生たちの目に見えない努力と互いを支える力が常にあったこと、私たち自身が忘れないようにしなければならないと思います。

 さて、来年の干支は卯(ウサギ)。
 東京の兜町には「辰巳天井、午尻下がり、未辛抱、申酉騒ぐ、戌笑い、亥固まる、子は繁栄、丑つまずき、寅千里を走り、卯跳ねる」という格言があるそうです。江戸時代の米相場から言われていることらしいのですが、卯年は常に株価が跳ね上がる年だというのです。
 おまけにアメリカにも「中間選挙の翌年は株価が上がる」というジンクスがあるそうで、来年はほんとうに明るい年になるかもしれません。

 いよいよ寅年の終わり。酔って大トラになるのもこれでおしまいにしたいところです。

 では、よいお年を!


0

2010/12/26

ありがとうございます。  歴史・歳時・記念日


 昨夜、遅い時刻にこのブログも100,000アクセスを超えました。
 4年少々かかりましたが。

 明日は終業式ですので、ここへの投稿も明日で一応の区切りとなります。
 全体の投稿数も950ほどですので、3月までには1000になります。
 何にしろ、続けるというのは良いことです。

 では、では。
 今後もよろしくお願いいたします。


0

2010/12/24

メリー・クリスマス  知識


 さて今夜、子どもたちのところにほんとうにサンタは来てくれるでしょうか?

 サンタクロースはクリスマスイブの午後9時から12時の間にプレゼントを配布しているというのが定説です。したがって世界中で最も早く12月24日の午後9時を迎えるニュージーランドを皮切りに、オーストラリア、日本、東アジア・東南アジアの諸国、インドという順に回っています。午後9時から12時という時間帯は地球上を東から西へ移動する帯として表現できます。サンタさんはその帯の中を移動しながらプレゼントを配っているわけで、もし宇宙から眺めるとすると、ひたすら狭い範囲を北極から南極、南極から北極へと移動している様子が見えるのかもしれません。

 サンタさんはおおよそ24時間以内(24日午後9時スタート、12時着なので、正確には27時間以内)に世界中の子どもにプレゼントを配らなければならないので、単純に計算すれば子どもひとりにつき1万分の2秒乃至は3秒しか使えません。しかし実際には子どものいない場所を飛行している時間も長く、訪問時に子どもが起きていると別の家に行ってから再配達ということになるので飛行距離はさらに延び、一人ひとりにかける時間はものすごく短くなってしまいます。

 そこから「サンタさんは実は何人もいて手分けをして配っている」という説が出てきますが、それは間違いです。サンタさんは一人しかいませんし、赤鼻のルドルフを先頭とする9頭のトナカイに引かれたソリは一台だけです(注:公式にはトナカイは8頭で、新参者のルドルフは正式メンバーではないという話も聞いたことがあります)。

 たった一人のサンタさんが、たった24時間で世界中の子どもにプレゼントを渡すという偉業は、実は「サンタ時間」とも言うべき特別な時間操作によって行われています。簡単に言うとサンタさんの24時間は私たちの24時間よりはるかに長いということです。
 これをクロック・アップと言い、仮面ライダーやセーラー・ムーンが変身にどれだけ時間をかけても敵に襲われないのはそのためです。また有名な東大寺の「お水取り」でも、「天の一昼夜は人間界の400年に匹敵する」というクロック・アップを克服するため、二月堂内を修行僧が全力疾走をしていたりします。(通常、私たちから見ると“加速”したかのように見えますのでクロック・アップと言いますが、サンタや仮面ライダーからみると私たちのクロック・ダウンです。それはまったく同じことです)

 もうひとつの大きな謎は、サンタさんがどのように部屋の中に入り込むかというものですが、これはまだ解き明かされていない、歴史上最大の謎のひとつです。特に煙突のない家の子どもたちは毎年非常に不安に思っていますが、今日まで煙突がないためにプレゼントをもらえなかった例は一件も報告されていませんので問題はないでしょう。

 ドイツの古い伝承ではサンタは双子で、一人は紅白の衣装を着て良い子にプレゼントを配り、もう一人 は黒と茶色の衣装を着て悪い子にお仕置きをして歩くといいます。あるいはサンタさんは「クランプス」と呼ばれる二人の怪人を連れて街を歩き、良い子にはプレゼントをくれるが悪い子にはクランプスに命じてお仕置きをさせるとも言います。

 経済や文化のグローバル化によって黒茶のサンタやクランプスが世界中を跋扈する時代も近いのかもしれません。いまから子どもに注意しておくことも必要なのかもしれません。

0

2010/12/22

レアアース  知識


 尖閣列島沖での中国漁船衝突事件以来「レアアース」という言葉が飛び交いましたが、レアメタル(チタン・ゲルマニウム・コバルトなど)と違ってなんとなくイメージが湧かず、湧かないまま今日まで来てしまったので改めて調べてみることにしました。

 それによるとレアアースというのはレアメタルの一部で、原子番号21番のスカンジウム、39番のイットリウム、57〜71番のランタン、ルテジウムなどの合計17元素をまとめていう総称なのだそうです。これらの元素は化学的性質が非常に似通ってるので、レアメタルの中でも一まとめにセットにして扱われます。これらは混ざり合って産出され、また放射性物質がからんで分離・精製が困難なため、日本語では「希土類(希な土)」と呼ばれたりします。

 用途としては例えば、赤や青・緑色に光る性質のあるイットリウム・テルビウム・ユウロピウムなどはカラーテレビや照明・光ファイバーなどに利用され、超強力な磁力を加えることのできるネオジム、サマリウム、ジスプロシウムなどはハードディスクドライブやモーター、バイブレーター、スピーカーに使われています。
 そのためハイブリッドカーや電気自動車、携帯電話、パソコン、MRIなどの医療機器、さらにはエアコンや冷蔵庫などのデジタル家電に欠かせない材料となっています。またセリウムは液晶ガラス基板の研磨に使われ、そのほかカメラレンズの屈折率を変えたり石油重合触媒や自動車の排ガス浄化装置に用いられたりと、その用途は広がるばかり。
 そのため世界に冠たる技術立国の日本が使用量も世界一となっています。

 ニュースで盛んに言われるように、現在、中国が世界のレアアースの産出量の97%占めています。確かに埋蔵量も世界の三分の一と巨大なのですが、それを97%支配にまで高めたことには秘密があります。それは価格です。
 中国産のレアアースは飛び抜けて安価で輸出されたため、アメリカをはじめとする他鉱山は太刀打ちできず、ほとんどが閉じられてしまったのです。

 これについて一般には「中国の安い人件費」「レアアースが地表に露出しているため、採掘しやすい」といった点で説明されますが、そればかりではありません。今月号の「文芸春秋」では、レアアース専門輸入商社の社長が次のように書いています。

「私の経験をお話ししょう。まず79年、上海にあった中国最大のレアアース工場を日本人として初めて訪問した時のことである。15キログラムもある鉛のコートをまとって入ると、現場作業員の手が放射能被曝のために、白子(自皮症)の症状を呈していたのを目撃した。また、他の国では採掘した鉱石を工場に持っていってから精製作業をするが、中国では鉱山そのものに大量の硫酸を直接かけることも多い。江西省の現場を見たことがあるが、鉱石中にレアアースはわずか0・2パーセントしか含まれていないため、100トンの鉱石のうち、99・8トンもの残土が硫酸に汚染され未処理の状態で放置されていた。
 さらには、内モンゴル自治区にある世界最大の白雲鉱山では数年前に、大雨で放射性物質がー斉に黄河に流れ出したこともある。他にも80年に訪れた広東省の鉱山では放射性のトリウムが大量に発生したにもかかわらず、ほとんど野積みになっていた。こういったことを枚挙に暇がないほど見聞きしてきた」


 9月のレアアース輸出制限の際、中国は「環境問題を解決するために産出量を減らす」と言っていましたが、内実はともかく表向きとしては正しい説明ということになります。ただしもちろん今後中国が経済発展を制限してもでも本気で環境問題に取り組む可能性はほとんどありません。

 中国の安いレアアースを買わず、インドやベトナムに技術支援をしながらレアアースの輸入先を変えていくということは、安全保障の問題であるとともに地球規模での環境保全と中国国民の保護という意味合いも含んでくるのかもしれません。



0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ