2010/6/30

愛情貯金の話  親子・家族


 4月のことです。夜、歯磨きに洗面所へ行くと、長風呂から出たばかりの息子がドライヤーを使っていました。その髪が妙に赤く見えたのでアレ、と思ってよく見たらやっぱり真っ赤です。

「テメェ、いつ染めたんだ」と言うとトボケて「今」。

 その瞬間、私の口から飛び出した悪口、悪態、罵詈雑言。恫喝、恐喝、罵声、蛮声、怒鳴り声は、自分でもよくこれだけ続くものだと感心するほどでした。

 人が聞けば「髪を染めたくらいで」と思うかもしれませんが、これには特別の思いがあります。詳しくは改めて話しますが、とりあえず事前に親として「やってはいけない」と宣言したことが打ち破られるのは絶対にいけないと感じたからです。

 小一時間も速射砲のごとく怒鳴りつけた挙句、ふてくされた表情の息子に「親の言うことを聞かないと宣言する以上、相応の覚悟はあるだろうな。明日、オレが帰ってくるまでに直していおかなければ、何が起こるか考えておけ」と宣言してドアが壊れるほどに強く叩きつけて、洗面所を後にし、二階に駆け上がって寝ました。

 後から聞けば、そのあと家内がじっくりと語りかけ、夜中に出て染め戻しの薬まで買ってきたのに何も言わず、染め直しもしなかったそうです。

 翌朝は息子が眠っているうちに出勤しましたが、午後になって、「髪は直しました。お父さんこそ覚悟はいいでしょうね」と脅迫めいたメールが届き、さあ第二回戦だと覚悟を決めて帰宅したら、そこには丸坊主になった息子がいました。

 私は心の中で笑ってしまいました。なぜなら30年近く以前、私も髪のことで母と喧嘩をし頭を丸めたことがあったからです。親子なんてそんなものです。(そのあと何となく仲直りしました)

 さて、こうして我が家の茶髪戦争は私の圧勝でした。しかし子どもが7〜8歳くらいまでならいいでしょうが、ある程度の年齢になったら親の一方勝ちというのは考えものです。盗っ人にも三分の理、親子も人間関係ですから97対3くらいにしても、相手の主張も受け入れなくてはならなかったはずです。親が圧勝した今回の件は私たち親子の関係に深い傷を残す可能性、簡単にいえばいったん身を引いた息子が恨みに思って、後に引きずる可能性がありました。

 しかし一方で、そうはならないだろうという見通しが私にはありました。とにかくこの子には手をかけてきましたので。
 これについては「愛情貯金」という考え方がうまく説明してくれます。

 私は高校生である息子を一方的に怒鳴りまくることで2600万円くらいの赤字を出してしまいました。しかしすでに1億円ほどの貯金がありましたから、2600万円の支出は何とかしのげます。これが3000万円ほどだったらヒヤヒヤものでしょう。1000万円しかなかったら破綻です。親子関係は決定的に傷つきます。1600万円の負債はなかなか回復できるものではありません。いやそもそも1000万円しかなかったら、あんな散財(怒り方)はできなかったはずです。

 親子は友だちではありませんから、いつか鋭く対立する日が来ます。親が必ず勝たなければ子の将来に重大な影響を与えてしまう場合もあります。そんな日のために小さなころからこつこつ貯めていくのが愛情貯金です。将来への蓄えですから、子どもが小さなころは無償で積み立てていくべきものです。

 今回について言えば私はかなりうまくやりました。しかし貯金もかなり目減りしましたから、これからも暇を見て、少しずつコツコツと貯めていこうと思います。まだひと山もふた山もありそうですから。


1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ