2010/6/7

道徳の美学  教育・学校・教師


 道徳は、一般には「他人に迷惑をかけない」ことを中心に語られます。実際、多くの保護者に聞けば「人に迷惑をかけない子に育て欲しい」という言葉は繰り返し出てきます。またちょっと曲がった方向に行ってしまった子どもたちの「別にめーわくかけてるわけじゃねーダロ!」という言葉は、彼らがいかに「迷惑をかけない」教育を受けてきたかという証でもあります。しかし道徳というのはそういうものなのでしょうか。

 そう思って周囲を見回すと、たとえば「ひじをついてご飯を食べてはいけません」とか、「パジャマで外を歩くものではありません」とかいった道徳は、「他人に迷惑をかけること」とはまったく関係ないことが分かってきます。学校内で「挙手は指先までしっかり伸ばして」とか「列をきちんと整えましょう」とか、「靴を揃えましょう」とかいうのも、すべて「迷惑」とは関わりないことです。これらすべては「迷惑」ではなく「美しさ」と関わりがあるのです。

 ひじをついて食事をしないのもパジャマで外を歩かないのも、列や靴をきちんと整えるのも、それらはすべて「それが美しい」からであり、「人は美しく生き、美しく行動しなければならない」からなのです。

 そして、ここからが難しくなります。なぜなら「それが美しい」ことと「人は美しく生き、美しく行動しなければならない」ことを、論理的に証明することができないからです。それは「なぜ芸術がすばらしく、なぜ私たちが芸術を必要としているか」を説明できないのと同じくらい難しいことです。

 ピカソの絵がどれくらいすばらしいかを、言葉で説明できる人はいません。なぜなら「ゲルニカ」の感動を言葉で伝え、聞いた人の心を同じように揺るがすことができるとしたら、「ゲルニカ」が描かれる必要はないからです。言葉でできることを絵にする必要はないのです。
同じことは音楽にも書にも言えます。それらはすべて体験を通して知る外はなく、たくさんの絵を見、音楽を聞き、書を味わい、勉強しなければ分からないことなのです。そしてまた、美学としての道徳も同じです。たくさんの美しい行いを見、体験し、自分も行うことによっていつかその価値が分かり、やがてそのようにしなければ気がすまなくなる、それが美学としての道徳です。

 美しい食事マナーを美しいと感じ、それを必要とするためには食事のマナーに熟達しなければなりません(私は茶道を嗜みませんが、美しく飲食することに極みが茶道という芸術ではないかと思っています)。「列を整える」とか「挙手は指先までしっかり伸ばす」といったことも皆そうです。ゴミを路上に残さないのは「ゴミが落ちていると通行のじゃまになる」とか「臭い出ると人に迷惑だ」といった卑小な話ではなく、自分のすべきことを他人に押し付けたり、労を惜しんだりする行為が美しくないからなのです。

「学校における全教育課程を通じての道徳」というとき、この美学の観点を忘れてはなりません。

 友だちとのトラブルで我を通し続けるのは美しくやり方ではありません(もちろん今回は我を通して次回は譲るといったバランスの美しさを追求するやり方はあります)。自分が気に入らないからといってすぐに暴力に訴えたり拗ねたりするのも醜い行為です。宿題をやってこなくて人前で叱られるのなんて、美の観点からすれば最低です。

 どこまで有効なやり方かはわかりませんが、ひところ私は「それ美しくないだろ」を口癖にしていたことがあります。



1

2010/6/4

トリニティ(三位一体)  教育・学校・教師


 私は政治経済学部政治学科卒で専門は近代政治史です。特に日中関係の政治史を中心に勉強しました。

 歴史にのめりこみ社会科に惚れ込んだので現在の職業につきましたが、教員になってみると社会科以外にやることが多すぎて、したがって学校内における社会科以外の教育活動、生徒指導も道徳も各種行事も部活動も、みんな嫌いでした。後から気がついたのですが、他の先生方、特に教育学部から来られた先生たちの多くは、子どもを育てることや子ども自体に興味のある人が多いのです。その点が私とは決定的に違いました。

「知・徳・体」という言葉があります。芸能や武道でいう「心・技・体」も同じことでしょう。要するに、教育は知識技能面と道徳面と身体面、三位一体として行われるべきものという考えです。したがって教員としての私たちは、それぞれに三分の一ずつ力を注がなければなりません。そういうことが私は分かっていませんでした。

 しかしそう思ってみると、学校という組織は、実に合理的にこの三位一体を果たすようにできています。

 たとえば、どこに行っても小学校には運動会が、中学校には体育祭やクラスマッチがあります。体育科の先生たちはいつも引っ張りだこです。それは体育科の先生たちが週3時間ほどの「教科としての体育」を受け持っている以外に、学校の教育活動である「知・徳・体」の「体」に関わる活動をしているからです。体育の授業を行う体育の先生と、学校全体の体育を請け負う体育科の先生とは別人格だと考えてもいいくらいです。

 大切な教科の時間を削って身体測定が行われ、歯磨き指導が行われ、性教育が特設されるのもすべて三分の一の「体」の活動の一環です。したがって社会科の教師であろうと音楽科であろうと、すべての教員が一致してこれらの活動に当たらなくてはなりません。

 では、合唱コンクールや音楽会は何なのでしょう。学校ではどこも音楽活動が行われていますが、音楽科の先生に格別な地位が与えられているのはなぜなのでしょう。これはつまり情操の問題で、道徳に関わるものなのです。一度でも合唱指導に本気で取り組んだ人は、音楽がどれほど個々の人間性を高め、集団の力を高めるかということを肌で知っています。「全教育課程を通しての道徳教育」という言葉もよく遣われますが、合唱指導というのはその代表です。

「全教育課程を通しての道徳教育」というのは、教科教育、児童生徒会、各種行事、それら校内の活動のすべてを通して、人間関係のより良いあり方を演習しなさいという意味です。

 演習ですから、子ども同士がぶつかりあったり問題解決しあったりする活動の中で、道徳性を高めるのです。活動自体が道徳の学習なのです。週1時間の「道徳」の授業は、そのための基礎を学んだり、活動の意味を問い直したりするエキスの時間です。

 知育は理解しやすいものです。しかし体育については、教科としての「体育」と「地・徳・体」における「体育」を分けないと理解しにくくなります。「道徳」の授業と「知・徳・体」の「徳(全教育課程を通しての道徳)」の関係も同じです。

 覚えておくとけっこう都合のいい概念です。


1

2010/6/3



 鳩山総理が辞職をするということで、政局は一気に動き始めました。目の前でリアルに政治が動くときですから、小学校の高学年以上には注意を向けさせておくといいかと思います。今はわからなくても、「ああ、あのときのアレはこういうことだったのだ」と思い出せれば、知識の定着はずいぶん楽になります。

 ところでいま使った「政局」という言葉、意味は分かりますか。

 辞書で調べると「政界(政治)の動き」とか書いてあり、たとえば「2010年の政局を占う」といった場合にはよく意味が分かります。しかしこの言葉には「すぐに政局にしたがる」とか「選挙の結果によっては、政局になる」といった使い方もあり、これだと意味が通らなくなります。

 実は「政局」には二つの意味があり、一方は「政界(政治)の動き」ですが、もう一方に「政権交代、あるいは政権交代の話」といった意味があるのです。したがって上の例は「すぐに政権交代の話にしたがる」「選挙の結果によっては政権交代にならざるを得ない」といった意味になります。したがって「政局は一気に動き始めました」は後者の意味ということになります。

 同様に、政治の用語には一種の符牒のようなものがあって分かりにくい側面があります。たとえば「政府首脳が〜と言った」と言えば政府の誰かお偉方がナイショで語ったことだろうという気がしますが、正確には「内閣官房長官がオフレコで〜と言った」という意味です。

 発言者が官房長官と分かっているならそう書けばよさそうなものですが、ここが政治の妙で、官房長官が責任を問われない範囲でマスコミをリードしたり、それとなく世論の反応を見たいというときに「オフレコだよ」と言ってテープ・レコーダー等を控えさせて情報を流すのです。マスコミの方もどうしても情報が欲しいので、暗黙の了解に応じます。

「政府筋」または「政府高官」と言えば3人いる「副官房長官」のうちの一人。「○○省首脳」と言えば普通は事務次官ですが稀に大臣その人である場合もあります。「○○省幹部」「○○省首脳」は各省庁の局長クラス、「○○省筋」となると局長より下の幹部だそうです。

 政党関係では「党首脳」が「幹事長」または「総務会長」。その他「権威筋」はその問題について決定権を持っている人。「消息筋」は「決定権はないが、その問題について知識を有し解析力のある専門家」。ただし国名がついての「消息筋」だとたいていは「在日大使」のことだといいます。

 いずれにしろ、オフレコ発言というのは非常に思惑をもって出されるものですから、裏読みをしながら聞くと面白い場合が多いのです。

 政治の用語は英語の場合もかなり不思議です。政党は「パーティ」、内閣は「キャビネット」、裁判所は「コート」。いずれも私たちの知っている「パーティ」や「キャビネット」や「コート」と同じ綴りです。

 私は学生のころ、東京の永田町付近を歩いていて「The National Diet Library」という看板を見つけて感動したことがあります。
「国立ダイエット図書館」・・・東京ではダイエットの本だけで巨大な図書館ができるのです!と思ったらこれが「国立国会図書館」。日本の国会は英語で「the National Diet」というのです(デンマークやスウェーデンも同じ。National Dietと大文字で書くのがミソだそうです。ちなみにアメリカ合衆国議会はCongress、イギリス議会は Parliament。議会制度の内容によって名前が違っているようです)。

 不思議ですね。


0

2010/6/2

親子の祝祭  教育・学校・教師


「石橋を叩いて渡る」という言葉がありますが、叩いたところ実際に割れてしまったとしたら、その人はどう感じるでしょう。私は、おそらく満足するのではないかと思うのです。もともと石橋を叩くこと自体は馬鹿げたことですが、実はそれが馬鹿げたことではなかった、実に賢明だったと証明されたら、そこに有能感が生まれるのではないかと思うのです。

 さて、世の中には異常に心配性な人がいます。「転ばぬ先の杖」を並べて何百メートル先まで歩く道筋をつくってしまうような人たちです。こういう人たちの心配がことごとく当たったら、それ自体は不幸でももしかしたら「予想が当たった」という満足感や「心の準備はできていた」という充実感はあるのかもしれません。

 学校で起きたできごとのうち、つまらなかったこと、不幸なこと、感心しないことばかりを選り好んで家で報告する子どもたちがいます。たとえば修学旅行から帰ってきていきなり「ぜんぜん面白くなかった」と言うような子です。運動会が終わっても「嫌なことがあった」。遠足から帰ってきても「疲れただけ」。では、本当に修学旅行中まったくつまらなそうにしていたかというとそうでもなく、けっこう楽しんだり愉快にやっていたりする様子が見られたりします。運動会でも活躍できる場面がなかったわけではありません。

 どうしてそうなのか、長いこと謎でしたがある日突然、こんなふうに思い立ったのです。これは結局、親子の祝祭なのだと。

 子どもは自分の「つまらなかったこと」「不幸なこと」「感心しないこと」の報告が、結局親を喜ばせるのだということを、いつの間にか覚えてしまったのです。不幸の報告のない日、親は何となく不安で落ち着きがない。それに対して不幸の報告をした日は、親は担任や同級生を呪い、怒り、本気になって考えてくれる、それは親が子どもに対していかに情熱を傾けているかの証明のようなものですし、もしかしたら親子が強力にひとつになれる、至福のときなのではなのかもしれません。

 どんなに楽しい行事を企画しても、どんなに工夫してその子の活躍できる場をつくりだしても、子どもはほんの些細な指先ほどの不幸をあげつらって報告し、親はそのたびに学校に怒鳴り込んできたり。そうなると手に負えません。

 しかしそうした祝祭の仕組みを考えると手の打ちようも出てきます。それは日ごろから心配性の親の耳に「心配することはない」という情報を大量に入れておくことです。具体的に言えば、その子が学校で誉められたときや活躍できたとき、「このこと、忘れずにお家で話しておいてね」と依頼しておくことです。

 また時折、担任から直接電話を入れるのも良いでしょう。私たちは子どもが病気だったり悪いことをしたりしたときは実に小まめに電話を入れたりしますが、その子が隠れたところでよい行いをした、他の先生から誉められたといったことはなかなか報告しません。考えただけでも照れてしまうからです。しかしだからこそ効果のある方法ともいえます。

 そんなふうによい情報が入り続ければ、心配性の親の気持ちはひとまず落ち着き、やがてどんどん学校から離れています。心配の種が別の方に移っていくのです。そうすればしばらくはこちらにも余裕が生まれます。


0

2010/6/1

6月になりました  教育・学校・教師


 6月になりました。

 日本では、旧暦6月を水無月(みなづき)と呼びますが、時期とすると現在のおよそ7月中旬から始まる一ヶ月ということになります(今年2010年の場合は7月12日)。梅雨が明けて最も暑くなる時期ですので、文字通り「梅雨が明けて水が涸れてなくなる月」と解釈されることが多いのですが、逆に「田植が終わって田んぼに水を張る必要のある月(『水張月《みづはりづき》)』『水月《みなづき》』」であるとする説もあります。新暦となってからも6月を水無月と呼ぶことがありますが、何となくイメージに合いませんね。

 英語のJuneはローマ神話のユピテル(ギリシャ神話ではジュピター)の妻ユノ(同じくジュノー)から取られたといわれます。ユノが結婚生活の守護神であることから、6月に結婚式を挙げる花嫁を「ジューン・ブライド」(June bride、6月の花嫁)と呼び、この月に結婚をすると幸せになれるといわれています。ヨーロッパでは気候の良くなるシーズンでまさに結婚式日和が続くのですが、日本の場合は梅雨の真っ最中、閑古鳥の鳴くブライダル業界は盛んに煽り立てますが、この季節に挙式を持ってくるカップルは少ないそうです。

 8月と並んで国民の祝日がない月です。子どもにとって土日以外で休みのないのはこの月だけですので「のび太の嫌いな6月」などという言葉もあります。

 6月の年中行事としては、衣替え(1日)、夏至(今年は6月21日)、沖縄慰霊の日(23日)が代表的なもの。また6月の第三日曜日は父の日です。

 そう言えば小学校1年生に「明日は衣替えです」と言ったら「子ども換え!?」と驚かれたことがあります。

 6月の誕生石はムーンストーン、真珠、アレキサンドライト。
 星座では双子座(6月21日頃まで)、蟹座(6月22日頃から) 。
 誕生花はバラ、グラジオラスです。

 ムーンストーンもアレキサンドライトも何のことか分かりませんけど。


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ