2009/2/27

エコヒイキが嫌いなのはオレも同じだということについて  教育・学校・教師

 みんなが静かに一生懸命清掃をしている最中、何もしないでおしゃべりをしている子どもを見ると、普通の教師だったら頭にきて指導します。ところでその時、私たちは何に頭にきて、腹を立て怒っているのでしょう。

@教室がきれいにならないことに腹が立つ。
A出した指示が通らない。他の子に対する示しがつかないことから腹が立つ。
B指導したのに、さっぱり成長が見られないことに腹が立つ。
C成長していくべき児童が、そのチャンスを逃し、いつまでも子どものままでいようとしていることに腹が立つ。

 さまざまな感じ方があり、そのどれもが正しいと思いますが、私個人は、他に一生懸命働いている子がいるのに、他方に遊んでいる子がいる、その不公平に腹が立ちます。

 子どもたちにアンケートを取ると、最も嫌われるのはエコヒイキする先生です。少しでもそれらしいことがあると、子どもは絶対に許してくれません。

 にもかかわらず、自分で自分をエコヒイキすることに、まったく抵抗がない子がいます(そんな子に限って、他人のエコヒイキにはかえって敏感だったりしますが)。
 そんな子を、私は許せないのです。

 ですからこういう言い方になります。
「なんで、あいつは黙って一生懸命掃除をしなけりゃいけなくて、お前は遊んでいていいんだ? 何が偉くてお前は遊ぶことを許されてるんだ? なんで自分だけエコヒイキできるンじゃ!? 他人のエコヒイキは許さんのに、自分のエコヒイキは何でそんなに簡単にできるンじゃ?」

 子どもに通じない論理かもしれませんが、腹の中にあるのはそういうことです。



0

2009/2/26

アレ、なんて言ったっけ  教育・学校・教師

 トイレなどの詰まりを直す棒の先に吸盤のようなものがついたアレ、なんと言う名前か知っていますか。

クリックすると元のサイズで表示します

 任意で先生方に聞いてみたら、「呼んだことがないない」が最も多く、次が「スッポン」。「バコバコ」「パコン パコン」「シュッポン」「シュポ シュポ」「シュッポン シュッポン」と、まあ賑やかなこと。

 私は見栄っ張りなので「バッコン」などと言うのがいやで、かつて本気で名前を調べたことがあります。それによると、あの道具は正式には「通水カップ」、通称あるいは商品名としては「ラバー・カップ」と呼ばれています。ただし「ラバー・カップ」というのは和製英語で、プランジャー(Plunger)が正確な英語です。

 製品には上の写真のような半球形のものと、下のような先のついたものがあり、下の方が圧倒的に力があります。

 さて最近、私は自分が通水カップの稀有な使い手であることを知りました。他の人だったら抜けない詰まりを、私だったら抜けるのです。
ポイントはふたつです。

クリックすると元のサイズで表示します 一つは、半球形の通水カップの場合、穴に隙間ができないようにしっかりと覆うこと。そして、穴をシュポン、シュッポンするとき(アラ、言っちゃった)、カップの中に水がたっぷり入っているよう、常に水量に気を配ることです。空気が入ったカップでは、いくら激しく押し出しても、パイプの詰まりは抜けないのです。

 さて、こんなことを鼻高々と自慢している自分を、私自身はかなり情けなく感じています。





0

2009/2/25

子どもを花粉症にしないための9か条  教育・学校・教師

 一昨日のネット上のニュースに「子どもを花粉症にしないための9か条」というのがありました。(2月23日 医療介護CBニュース)
 それによると、将来、子どもが花粉症で苦しまないようにするためには、
 @生後早期にBCGを接種させる。
 A幼児期からヨーグルトなど乳酸菌飲食物を摂取させる。
 B小児期にはなるべく抗生物質を使わない。
 C猫、犬を家の中で飼育する。
 D早期に託児所などに預け、細菌感染の機会を増やす。
 E適度に不衛生な環境を維持する。
 F狭い家で、子だくさんの状態で育てる。
 G農家で育てる。
 H手や顔を洗う回数を少なくする。

(理化学研究所免疫・アレルギー科学総合研究センターの谷口克センター長)
のだそうです。

 かつて、花粉症やアトピーは本来ギョウチュウなどの寄生虫を攻撃していた免疫反応が、攻撃対象を失って自らの身体を攻撃し始めたものだから、寄生虫の卵(の成分)を植えつければ治るという話がありました(私はかなり本気で信じました)。

 また、私の尊敬するある先生は、土の中には無害な雑菌が山ほどあるから、乳幼児期にたくさん土を口にすることが健全な免疫づくりをすることに繋がると言って、盛んに泥遊びを勧めていました。

「子どもを花粉症にしないための9か条」が正しいかどうかは分かりません。しかし不自然なほどの潔癖には、やはり問題があるのかもしれません。


0

2009/2/24

生きること  教育・学校・教師


 私は相田みつをという人がどうしても好きになれません。あの説教臭い、単純な物言いが嫌いなのです。しかし残念なことに、相田みつをの詩が教育的に効果のあることは認めざるをえません。


 自分の番(いのちのバトン)

 父と母で二人  父と母の両親で四人 そのまた両親で八人
 こうして数えていくとゆくと 十代前で、千二十四人 二十代前では―?
 過去無量のいのちのバトンを受けついで いま、ここに自分の番を生きている
 それがあなたのいのちです それがわたしのいのちです


 遠い過去から受け継いで、遠い未来へと続いていくはずの「いのち」を、あなたの代で(私の代で)途切れさせてはならない、それが縦の方向の宿命です。


 もうひとつ、
 私たちは、生物学的には「ヒト」ですが、社会的には「人」と「人」の「間」に生きる「人間」です。生まれたときから一定のネットワークを持っているのです。

 どんなに役に立たないように思える人でも、その人を生きがいとして生きている人がいて、ライバルのように睨みつけている人がいて、うらやむ人がいたりねたむ人がいたり、アイツでもがんばっているんだからオレも頑張ろうと思う人がいて、愛する人がいる。

 そうした人間のネットワークを断ち切る権利は、誰も持っていません。それが平面に広がる横方向の宿命です。

 このたてと横のふたつの方向で、私たちは宿命付けられています。

 いつか子どもに「なぜ人は生きていかなければならないのか」と問われたら、そのとき答えようと思っている、それが私の答えです。


1

2009/2/23

昔の子どもたち  教育・学校・教師


 土曜日の朝のニュースで、現像所に保管されている映画フィルムの劣化が進み危機的な状況にあるという話をしていました。所有権を持つ会社や人が分からなくなってしまい、適切な処置ができないというのです。ただし今はそれについて話そうという気はありません。お話したいのは、中で紹介されたドキュメンタリー映画『教室の子供たち』(羽仁進:1955)のことです。私はそれを見て、とんでもなくビックリしてしまいました。

「カメラを意識しない生き生きとした子どもの姿をとらえた」と説明された画面の中で、小学校2年生くらいの男の子が二人、鉛筆をナイフのように持って、ニコニコしながら互いに突っつきあいをしていたのです。
 それが当時の子どもたちの「自然な姿」です。
 今そんな状況があれば「学校は何をしているのだ」と瞬時に怒鳴り込まれそうな場面です。

 どっちみち戻りっこありませんから、そんな時代が「いい時代」だったか「悪い時代」だったかということは議論になりません。しかし確実に言えることは、1955年と今日では、まったく違う子どもたちがまったく違う育ちをしている、ということです。

 昔の先生たち(親たち)は「偉かった」とか「偉くなかった」ということも、問題にはなりません。
 とにかく違うんだなあという思いに、圧倒された朝でした。


0

2009/2/20

こんなのいかが? 教師の整理術H  教育・学校・教師


 ステープラー(ホッチキス)の針を取るのに、本体のお尻にある突起を使ったりしますが、なかなかうまく取れるものではありません。千枚通しのようなものを使ったり爪で引っかいたりといろいろやってみましたが、やはり専門の道具を使ったほうがよいようです。
クリックすると元のサイズで表示します

 写真の左の方は先端を針の間に差し込み、一気に引き抜くものです。最新のものはそのまま柄の部分に針を収納できてとても便利です。
 写真右は、道具の先端を針の間に差し込んだあと、ハサミを使う要領で針を曲げて引き抜くものです。

 ふたつ持っているのには訳があって、左の道具は紙が10枚20枚と大量のときにうまく抜けます。ところが紙が2〜3枚だと、紙も一緒に引きちぎってしまうことがしばしば起こるのです。

 逆にハサミ型の右の道具は、2〜3枚の時はうまく行くのに、20枚以上の厚さのものを扱うと、道具自体が壊れてしまうことがあるのです(私はそれで2個壊してしまい、現在のものは3台目です)。

 こういうものはなくても何とかなりますが、あれば仕事を飛躍的に楽にしてくれます。


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ