2008/9/1

新しい学期が始まります。  教育・学校・教師


 民間の不登校支援の専門家である富田富士也は、子どもたちが気持ちを切り替え、もう一度やり直そうとするチャンスは5回あるといいます。

 3回の新学期、誕生日、そして節分です(節分というのはちょっと意外ですが「豆をまき、邪を払ってやり直し」ということのようです)。

 長い休みの後で、ボーっとしているように見えたり、いやいや学校へ来ている様子の児童もいるかもしれませんが、1学期の自分や人間関係をチャラにして、今日からがんばろうという児童も少なくありません。また、私たちにとっても、今までのことはリセット、今日からやり直すんだよとお互いの気持ちを整えなおすチャンスです。

 朝一番、みんなでいい顔をして新たな出発をしましょう.

 
 
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ