2006/8/23

「報告2件」  教育・学校・教師


分からん?
 昨日も遠くの雷のために一瞬コンピュータ止まり、再び動いたと思ったらインターネットが使えなくなってしまいました。さっそくCLVが来て修理してくれましたので、復旧しています。
 しかし、誰も連絡していないのに、係の方が「連絡いただきましたので修理にきました」と言われたのは、ちょっとした怪談でした。
 午後の授業では小林寛子先生が遠雷を気にして、水泳をやろうかどうか迷っておられました。雷雲が突然押し寄せてくるということもあります。周囲に気を配りながら、授業を進めてください。

わかった! 
 職員室北東の「総合防災盤」。チャイムを設定する部分と非常放送装置の間に、番号の書いてあるいくつかのボタンがあります。
 長い間何のボタンかわからず首をかしげていたのですが、1学期の終わりにふざけて押していたところ、そのうちの一つが戻らなくなってしまい、それでボタンの使い道がわかりました。
 林良子先生が「壁の中から音がします」と報告に来てくれたからです。
 戻らなくなったボタンは「206」、2年2組の教室の番号だったのです。見に行くと先生の机の後ろの壁の上に、小さなスピーカが埋め込まれているのです。それで、ボタンが先生方の呼び出しスイッチであることが知れました。
 教室がつくられて23年。いろいろわからなくなっていることもたくさんあります。


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ