2006/8/25

「決定」  教育・学校・教師


 やはり惑星は冥王星を落とすかたちで8個に決定したそうです。
 昨日書き漏らしたのですが、最近の観測で飛びぬけて小さいことが分かってきた冥王星を減らし、惑星を8個にしようという話は最初からあったようです。それを何が何でも冥王星を守りたいアメリカの学者たちが、同サイズの星三個を追加することで冥王星を残そうとした、というのが本当のところのようです。

 なぜアメリカ人は冥王星にこだわるかというと、それがアメリカの天文学者(パーシヴァル・ローウェル)によって予言されアメリカの天文学者(クライド・トンボー)によって発見されたからです。しかも発見年が大恐慌の翌年だったため、熱狂的なブームを巻き起こしたといわれています。

 同じ時期に発見された新しい元素はプルトニウムと命名され、ディズニーは新しいキャラクター「プルート」を発表します。アメリカ人にはこういうお茶目なところがあります。

0

2006/8/24

「冥王星が冥府に」  教育・学校・教師


 惑星の数が12個に増えるという話があったかと思うと、今度は冥王星を格下げして8個に減らすという方向が出て、本日、それで決定しそうです。そこで薀蓄。

 毎晩同じ時刻に空を見上げると、全天の星はほぼ同じ位置にあり、1度ずつずれていることはよく知られています。したがって1年たつと、全ての星は同じ場所に戻ってきます。
 しかしその法則に合わない星、図に表すとフラフラしている星が(肉眼で)五つあり、これらは惑う星、ということで「惑星」と名づけられました。
 東洋の天文学、陰陽五行(おんみょうごぎょう)説では全ての物質は「木火土金水(もっかどこんすい)」の五つの要素(五行)によって成り立っていますから、この五つのはそれぞれ木星・火星・土星などと呼ばれ、法則に従わないあと二つの存在(太陽と月=日・月)をあわせて七曜をつくりました。ではヨーロッパではどうだったのでしょう?

 もちろん五つの惑う星というのは西洋でも同じで、惑星をあらわすPLANETという言葉はギリシャ語の「放浪者」に由来します。それらにはギリシャ神話の神の名が付けられました(水星=マーキュリー、金星=ビーナス、火星=マーズ、木星=ジュピター、土星=サターン)。

 その後、土星の外に新しい惑星が発見されるようになってから、話が厄介になります。発見者は主としてヨーロッパ人ですから迷わずウラヌス、ネプチューン(ポセイドン)、プルートといった神々の名をつけるのですが、陰陽五行の言葉を使いきった東洋では名のつけようがありません。
 そこでギリシャ神話の考え方を基礎に、ウラヌスは天の神様だから「天王星」、ネプチューンは海の神様だから「海王星」、そしてプルートは冥府(冥土=死の国)の神だから「冥王星」としたのです。今回、冥王星は冥府(死の国)に赴くことになりました。

 昔、セーラームーンというアニメが大ヒットしたとき、主人公はマーキュリー=水野亜美、マーズ=火野レイ、ジュピター=木野まこと、とそれぞれ五行説に則っていました。実は上に書いたことも「セーラームーン」を見ながら調べたことです。アニメもその気になって取り組めば様々な発見があります。

 ところで「バカボン」がインドの偉大な神様だということ、知ってます? バカボンは大変な英雄でその英雄譚「バカボン経=バカバット・ギーター」は現代でも最もよく読まれているものらしいですよ。


0

2006/8/23

「報告2件」  教育・学校・教師


分からん?
 昨日も遠くの雷のために一瞬コンピュータ止まり、再び動いたと思ったらインターネットが使えなくなってしまいました。さっそくCLVが来て修理してくれましたので、復旧しています。
 しかし、誰も連絡していないのに、係の方が「連絡いただきましたので修理にきました」と言われたのは、ちょっとした怪談でした。
 午後の授業では小林寛子先生が遠雷を気にして、水泳をやろうかどうか迷っておられました。雷雲が突然押し寄せてくるということもあります。周囲に気を配りながら、授業を進めてください。

わかった! 
 職員室北東の「総合防災盤」。チャイムを設定する部分と非常放送装置の間に、番号の書いてあるいくつかのボタンがあります。
 長い間何のボタンかわからず首をかしげていたのですが、1学期の終わりにふざけて押していたところ、そのうちの一つが戻らなくなってしまい、それでボタンの使い道がわかりました。
 林良子先生が「壁の中から音がします」と報告に来てくれたからです。
 戻らなくなったボタンは「206」、2年2組の教室の番号だったのです。見に行くと先生の机の後ろの壁の上に、小さなスピーカが埋め込まれているのです。それで、ボタンが先生方の呼び出しスイッチであることが知れました。
 教室がつくられて23年。いろいろわからなくなっていることもたくさんあります。


0

2006/8/22

「熱闘が終わって」  教育・学校・教師


 早稲田実業高校が優勝しました。私は4年のA君の言う「トマト代」(苫小牧の間違い)の方を応援していたので多少がっかりです。しかしそれにしても現代の若者、なかなか捨てたものではありません。そしてそれと同時に思うことは、わずか18年ほどの年月にどうしてこれほどの差がついてしまったのかと考えさせられるような若者が、巷にはたくさんいることです。

「敬遠のフォア・ボールに特に注意し手投げました」とか、球速140km台を連発する斉藤投手に「(よし、自分もと)釣り込まれないように注意しました」(田中選手)とか・・・、
 そうした気配りと集中力はどこから来るのでしょう? 自分の子どものことを頭の隅をかすめさせながら、なにかちょっと、気の滅入る話題でもありました。


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ