・Twitter
https://twitter.com/souvenir123

・Instagram
https://www.instagram.com/eminagaoka/

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

2020/6/25

ニューヨーク日記 2020  日々のこと

今頃、国際線に乗っている予定だった。

2020年の頭に決まっていたニューヨークへの日々は、昨今の誠に諸々なる事情により見送られることとなった。
静かに寂しいような、どこかホッとしたような、そのくせ未だ実感のないような、不思議な感覚だ。

スーベニールとして過ごして17年目。
これまで16回、毎年通い続けたこの街をこういう形で見つめることになるとは思わなかったが、トシを重ねた分イレギュラーな出来事には色々と耐性も付いてくるもので、どこか俯瞰して好意的に解釈しようと考えられるようになった。

6/25〜7/15

タダでは過ごさない3週間。
1日いちにちが貴重で、迫りくる帰国日に抗うように街を切り取り続けたあの日々を、私は今年、日本で体感する。

Unfortunately, my trip to New York has been canceled this year.
Take care of each other, and I hope you have a fulfilling day. We can meet someday again!

クリックすると元のサイズで表示します

2020/6/18

ぼくはイエローで、ホワイトで、ちょっとブルー  日々のこと

「ぼくはイエローで、ホワイトで、ちょっとブルー」ブレイディみかこ

最近問題になっている人種関連のニュースの、少し前に読んだ本だ。
自分から進んで手に取らないタイプの表紙だったが、どこの本屋でも劇的に推されていたこともあり、何か縁を感じて読んでみた。

イギリス人の夫を持つ日本人の著者が、自分の息子とその環境について書いた本である。
イギリスの公立中学に通う息子が直面した、様々な人種、信条、経済背景を持つ同級生とのあれこれ。アジア人の血を引く彼が、イギリスの多民族空間でいかにして成長するかというドキュメンタリーだ。

わたしがニューヨークで過ごした頃、記憶では一度だけ人種を原因とする差別?にあったことがある。
郊外の大きなスーパーマーケットでカートを押していると、突然10人くらいの地元男子中高生に取り囲まれた。
ラップ調でわたしの(アジア人的な)容姿を文化を嗤い、グルグル回りながら歌い、そして満足気に去っていったことがある。

ヒスパニックと黒人がメインに構成されたそのキッズ達にとっては、ニューヨークといえどもまだまだマイノリティーなアジア人である私を傷つけたつもりかもしれないが、わたしはただ無表情で、その突然のパフォーマンスを眺めているだけだった。

特に怒りも嘆きの感情も湧かなかった自分にある意味、驚いた。
アジア人、ひいては日本人としてのプライドがあるからなのか、又はないからなのか、不良少年のお遊戯に付き合うほど暇じゃないからだと思ったのか。
いや、たぶん、わたしはこれまで、人種や民族、つまり自分の意思で変えられない出自による差別を受けたことがなかったから、どう処理していいか分からなかったのだ。
では、これが毎日続いたら?暴力をふるわれたら?親兄弟も同じ目にあっていたら?

この本では、多様性とは何かということが随所に書かれている。肌の色が違うことはいけないことなのか。学校の指定制服が買えないほど貧しい同級生に、自分なら何ができるのか。教育が社会が変えられることは何か。

読んだ本はその後手放すことが多いが、これは何となく手元に置いておきたいと思った。著者の、日本人としての視点、思春期の息子を持つ母としての視点が交差する、社会問題への提起書である。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2020/2/4

インポッシブルアーキテクチャー  日々のこと

休日は夫と国立国際美術館へ。

気になっていたのは
「インポッシブルアーキテクチャー」

つまり、綿密に計画されながらも何らかの事情で実現に至らなかった建築物の展示会である。

まだ会期が始まったばかりなので詳細は控えるが、そこは国内外の名だたる建築家たちの夢がてんこ盛り。
そして畏敬の念または変態を見るような目つきで発せられる「なぜこんなものを」の連続連打。

沈黙と孤独を強いるための音楽堂。
現代のデジタルな処理ではなく、手書きで緻密に書かれた設計図。
更には私達がマスコミと世論に踊らされてきた、ザハハディド氏の新国立競技場にかける思いなども必見だ。

時間があれば、コレクション展「現代日本の美意識」もお寄りいただきたい。アートとは、芸術とは、美意識とは、と自分に何度も問うはずだ。

更に更に余裕があれば、展示室の床をご堪能ください。現代の建築ではなかなか見られない、木のカッティングが永遠に続くうつくしい波を、いつまでも眺めていられると思う。
垂涎レベルの床、ここにあり(当社比)。 ・

クリックすると元のサイズで表示します

2020/2/4

スーべニール教室 1/16(木) ご報告  日々のこと

スーベニール教室 1/16(木)組のご報告です。

平日にも関わらず、このたびも皆様のお申し込み、ご参加ありがとうございます。

各々が持ち込んだ素材、スーベニールのニューヨーク素材などを自由に使いながら、真剣に思い思いの作品を作っていただきました。最終画像が今回作ったものです。

今回の軽食はベトナムスープカレー。
鶏肉、さつまいも、人参、豆腐などを水の代わりに自家製鶏ガラスープで煮込みます。ココナッツミルクを盛大に加え、カレーパウダーを投入。豆乳も投入。ニュクマムで一気にアジアの風を運びます。
ベジブロスで作ったカボチャのスープ、 figさんのグラノーラを散らしたサラダと共にいただきます^ ^

日曜日の部もそうですが、初対面同士とは思えない見事なチームワーク。
この場所がきっかけとなり、お客さん同士で盛り上がってくださると、やはり嬉しいですね(o^^o)

主催する立場になって、初めて見えてくることもあります。至らない点もあったかと思いますが、普段の出展とは違うことをするというのは、わたしにとってもいい経験となりました。
次回の教室開催は未定ですが、忘れた頃に企画をするかもしれません。ご縁があれば、是非お会いしましょう。

そして普段の出展もどうぞ気軽にお越しください。本日までの大阪、千里阪急に続き、来週木曜からは広島福屋本店〜静岡〜富山に流れます。詳細は出展情報をご覧くださいませ^ ^

旅するスーベニールの、気まぐれワークショップ報告は以上です。お付き合いくださった参加者の皆様、行けなかったけど興味を持ってくださった皆様、ありがとうございました❤

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

2020/2/4

スーベニール教室 1\12(日)ご報告  日々のこと

スーベニール教室1/12(日)のご報告です。

4年ぶりのワークショップ。

遠くは石川県や富山県よりはるばるようこそ!
数年ぶりにお会いする方や、教室常連の方などと一緒に皆で自己紹介。そしてワイワイ言いながら素材をセッティングし、最後に樹脂を流し入れます。

はじめての自宅開催ということで、ここでしか出来ない何かを!と思いついたのが、軽食付きという特典?でした。

日曜日の部は山形の特選スパイスカレー。たっぷりの玉ねぎとトマトと牛スジ肉を煮詰めたあとに、オリジナルに調合された謎のスパイスを投入。奥行きを出すためにオイスターソースと赤ワインの追加。大人の味わいとなりました。

最後の画像は皆さんが制作した作品です。
アクセサリーは2月中旬、完成した状態で発送いたします。気長にお待ちくださいね(o^^o)



クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

2020/1/1

2019  日々のこと


あけまして
おめでとう
ございます


2010 現状維持

2011 整える

2012 静と動

2013 転じる

2014 満ちる

2015 保存する

2016 ゆるやかに

2017 暮らす

2018 しなやかに

2019 美しく

10年にわたり書いてきた毎年の指針。
意識なのか無意識なのか不思議とその時々のテーマに沿った心がけをすることが多く、振り返って言葉の力を改めて再確認するのです。

ハードルを爆上げしながら「美しく」過ごすことを心がけた2019年。
数多くの美術品や自然の造形に臨む機会を持ち、美醜というよりかは、それによる頭や気持ちの片付け方と向き合った年でした。

また、一番のイベントは引越しでした。このタイミングに合わせてファイナンシャルプランナーの勉強ができたことも本当によかった。お金を学んで改めて、FPは義務教育にするべきだと思います。

本もよく読みました。
昨年は385冊を読破。読書の習慣化で得たことは、知識は力であり、可能性であること。
昔を振り返るとずいぶん遠くまで歩いてきたなとも思うし、世界の広さを見るほど、世の中は知らないことだらけだ、とも感じます。

それでも習慣の産物は大きい。得た知識を共有することで、望む人に喜んでもらえると共に、アウトプットで整理ができるようになりました。



そして、本年の指針はこれまでの延長線上にあるかもしれません。こちらです。

2020 心技体

@心をニュートラルに整えられるよう、座禅をはじめます。

A疲れにくい身体を手に入れるべく、筋トレをします。

Bそれらの健全な心と身体を保つことを意識した料理に向き合います。

本来の心技体の意味合いとは少し異なるのですが、一年後にいずれかは習慣化できたらいいなと思い、ここに残します。


誰にとっても充実した一年でありますよう。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


追伸: スーベニール教室は両日ともに満席となりました。現在はキャンセル待ちのみ受け付けています。
仕事におけるアウトプットの大きな機会、講師という立場を全うできますように。



2019/12/23

スーベニール教室開催  日々のこと

スーベニールのワークショップが、およそ4年ぶりに帰ってきます。
お手持ちの素材や、スーベニールのニューヨークな素材を自由に扱い作り上げる樹脂のアクセサリー。

画像のようなプレート型作品を作ります。樹脂硬化後、ネックレス、キーホルダー、バッグチャームなどお好きなアイテムに仕立てておよそ1ヶ月後にご自宅など指定の場所へお送りいたします。

今回は個人宅での開催のため参加条件がございますが、たくさんの素材を扱える機会です。教室初心者からリピーターさんまで、お申込をお待ちしております。

開催日
@1月12日(日)13:00〜17:00
A1月16日(木)13:00〜17:00

教室費用
6,500円(一点制作分ニューヨーク素材、講習費、成形、完成後発送料込)
なお、同一日参加、同一送付先に限り+3,500円で追加制作が可能です

場所
大阪府吹田市(お申込後に集合場所をお伝えいたします)

注: 今回は個人宅を使っての開催のため、申込いただける条件がございます。ご了承くださいませ。

@スーベニールと実際に会ったことがある方
A女性
の両方の条件を満たす方とさせていただきます。

教室終了後にはささやかな軽食をご用意できればと思っております。こちらもお楽しみに☆

お申し込みは12/26(木)21:00より受付いたします。
SNSご利用の場合はDM、または
emi_nagaoka@hotmail.com
まで以下の情報を添えてお申込くださいませ。

@参加希望日
Aお名前
Bお電話番号
C性別
D制作予定個数
Eスーベニールとの接点、出会いなど
Fその他ご質問、メッセージなどあれば
既定人数に達し次第、お申込を締め切らせていただきます。

初めての試みですが、これまでのギャラリー開催とは違った利を活かした時間を作れたらと思います。

どうぞ宜しくお願いいたします(o^^o)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

2019/10/3

マイストーリー  日々のこと

「マイストーリー」ミシェルオバマ

どうしても読みたかった本。

はじめて出会ったのはニューヨークだった。
「Becoming」という題でストランドブックストア(ニューヨークの有名書店)で平積みになっていたのを手に取り、パラパラと頁を繰り、そのボリュームに「私の英語力だとこれは睡眠導入剤になるな」と判断。後ろ髪を引かれながら諦めて置いた本だ。

その後今月上旬に偶然立ち寄った本屋で、日本語訳が発行されたばかりだと知り迷わずレジに向かった。
大阪高島屋出展の行き帰りの電車で、休憩時間に、出展終了後も時間を見つけては読み進め、ようやく二週間かけて読破した。

オバマ元大統領の奥さん、という立ち位置は周知なものの、彼女個人のことを私は何も知らなかった。
幼少時代の家庭環境、学生時代のボーイフレンド、弁護士時代のこと、バラク氏と出会ってから、プロポーズ、そして結婚、出産、選挙戦へ。
いわゆる、ファーストレディに「なるまでの」くだりが全体の7割を占める。

ひとりの女性の自伝が、累計1,000万部を突破したのは「元大統領の奥さんが書いた本」というのが理由のひとつだろう。しかし彼女自身の魅力に惹かれて手に取った層も確実にいるはずだ。

教育(特に、今まで軽視されていた女子や有色人種、移民などのマイノリティに対するもの)が世界を変えると信じ、実践してきたこと。
「口煩い大柄の黒人女性」と共和党支持者から非難されることへの気持ちの整理方法。
夫が大統領になってからの、家族の日常を守るためにしたこと、マスコミやシークレットサービスへの距離。

どれもが縁遠いように思えて、実は我々にも身近なことなのだ。それが感じられるのは、労働者階級出身のどこにでもいる女性だと何度も自己紹介していたことと、迫害された日常をリアルに表現する力、加えて彼女が自分を俯瞰して見ることができたからだろう。

579ページにおよぶ大作は、読み終えた時の達成感がひとしおだった。

オバマ夫妻の指針として、私の好きな言葉がある。 ・

‘When they go low, we go high’ ・
(低俗な相手に絡まれたら)相手と同じところまで落ちるのではなく、私たちは誇り高く上がろう。

黒人という属性のために生まれながらに被差別の運命となった彼らが、学びと信念によって合衆国初の黒人大統領およびファーストレディとなった、その全てが詰まっている。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

2019/7/12

日米経済比較考察  日々のこと

帰国して感じることは、日本は本当に安全な街で、店員さんが素晴らしい接客で、物価が安いということ。

そう。ニューヨークは物価が高い。
地価がうなぎ登りだから仕方ない面もあるけれど、それにしてもありえない上昇率。缶ジュース一本、サンドイッチひとつに日本の倍はする価格設定。ちょっとカフェでランチでもしようかとミートソースパスタと食後のコーヒーを頼んだら、1人で軽く3000円は飛んでいくという恐ろしい街なのだ。

もちろん行きたくて行き、納得した上で支払っているのだが、色々と考えさせられることもある。

たとえばここ近年で、訪日客がとても増えた。
これまでの欧米のみならず、アジアからの方々も日本に来て、大量のお金を落としてくれる。それは我々にとってとても有難いことだけれども、もしかして、日本そのものに魅力を感じている層に加えて、(自分の国が発展することによって相対的に日本が)安く過ごせる国だからということで訪日する人も多くなってきたのではないかと仮定してみる。

それが良いか悪いかはまた別問題だし、国内の物価上昇をむやみに追い求めるのは危険だけれども、なにやらが、ゆっくりと変わりつつあるのを、うまく説明できない体感として実感した。

帰国後の八百屋で夏野菜を選びながら、ふと考えたことを並べてみた。
今日は茄子と牛肉のオイスター炒めにしよう。


2019/6/27

Vintage brooches   日々のこと

仕入先としてお世話になっているスティーブンのところへ。

コネチカット州からニューヨークに通う彼はさすらいのヴィンテージジュエリーベンダー。
やあやあ今年も来たね元気かいと迎えてくれる、白髪髭が見事なおじいちゃんでもある。

スーベニールが扱うブローチ、鍵、チケット、切手などは、近年はほぼ固定の人からそれぞれ購入することが多い。
ただベンダーの高齢化や、地価が高騰しているので、仕入価格が上がったり出展場所が少なくなっているのもやや感じる。スーベニール側も今後の方向性を柔軟に考えないとな、とも思う。

ニューヨーク滞在1周目が終了。経過は順調である。
たくさんのブローチと素材を仕分けして、今週末に備えよう。

クリックすると元のサイズで表示します

2019/6/27

The vintage apartment in newyork  日々のこと

3泊の臨時ホテル暮らしを終えて、アパートに戻ってきた。
ようやく買い出しに行けるわ、と近くにある大きなスーパーへ。色々と食材を調達して、これからの過ごし方を考えましょうそうしましょう。

セルフレジに初めて挑戦。日本でさえやったことがないのに出来るかしら、と超絶挙動不審になりながらバーコードスキャン。しかし次第におお!これは便利だ!楽しい!と無駄にスキャンしたくなる罠(要注意)

アパートのオーナー(素敵なおばさま)は料理研究家。
フードショー(展示会)などで活躍したり、新しいレシピを生み出したり。現在は執筆のためにも動いているそう。

台所にある、ありとあらゆる種類のスパイス、名のない謎の粉。
「いつのまにか増えちゃった。気になるのがあれば自由に使いこなしていいからね。」
と簡単におっしゃいますが、使いこなせないです先生。。!


下宿のようなアパート暮らし。大好きなこの部屋から、また毎日が始まる。
鳥が巣に色々を集め帰るように、スーベニールも出掛けようと思う。


クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

2019/5/30

引越完了  日々のこと



無事に引越し完了いたしました。
画像は旧家です。

引越し屋さんに頼む引越しは人生初でしたが、もう段取りが素晴らしいです奥さん!
「こんな技をこの価格で良いんですか」
「この奥の細道をその冷蔵庫が通るとは!」
「資材が劇的重量でマジすみません!」
とただただあらゆることが有難い。

新しい場所は、まだ他人様の家にお邪魔しているような不思議な感覚。「お手洗い借りていいですか」など言いそうになりますね(笑)

資材用コンテナと大量の段ボールに囲まれながらも、ゆっくりと日常と体力を取り戻してゆきましょう。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

2019/5/30

引越し日和  日々のこと



約四年半住んだ我が家。
駅から近く、お隣さんにも恵まれ、好きな間取りで過ごしやすい家でした。近くには日々通い詰めた、素敵なコーヒーショップがありました。

荷造りのほかに、せっかくだからと家具家電も掃除三昧。思いのほか時間と体力を奪われつつも、この機会に頑張ってよかった。。 このたびは建て壊しに伴う退去となりましたが、新しい家に移ることもこれはこれで楽しみ。

転居先は、とても古いけれどとても明るい住まい。
手探りながらも、また少しづつ暮らしを作ってゆきたいと思います。



#クリックすると元のサイズで表示します

2019/5/26

ファイナンシャルプランナー三級  日々のこと

今日は、ファイナンシャルプランナー受験日でした。

以前より気になっていた、FPのこと。
本業に直接役立つ訳でもないし、株や保険業で食べていく予定もない。
国家資格でありながら(特に3級は)合格率も比較的高いので、これに受かることが特段偉いとか凄いとかでもないのも承知だ。というか、むしろ資格はどうでもいい。

それでも学びたいと思ったのは、これからも確実に付き合う、お金との向き合い方を知りたかったからだ。

もうね、これ、義務教育にしたらいいと思う。それほどに濃い情報の数々。
生命、損害保険の仕組みや税、不動産、金融資産運用について知っていること、知らないことは何ですか。
私たちの身近にあるお金の仕組み、法律を効率よく学べる機会です。

久しぶりに机に向かってフワフワしていますが、大人になってからの勉強って楽しいね。
自分たちの資産を守り育てるための、第一歩に。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

2019/5/26

The Big Issue  日々のこと

ビッグイシューを、時々購入する。

気になるテーマがあれば手に取ることが多い。ただし決まった販売員さんからではなく、なるべく色々な方から買うようにしている。

原価も売価も同じ条件で、販売物は一種のみで路上に立つ人々。参考になるのは、その販売戦略である。
戦略というと語弊があるかもしれないが、例えばある人は自家製の小冊子を作り挟み、ある人は自身で企画したイベントの案内を加える。

ただ売るだけではなく、いかに社会と接点を持ち、自己実現をしようかという工夫に満ちた人が時にいる。その目が、申し訳ないほどにまっすぐで、色々と省みる瞬間がある。

歩道橋で、スクランブル交差点の脇で、駅前で。目的地へ急ぐ数多の流れを見ながら、何を思うのだろうか。

今回購入した森特集は、自然との優しい共鳴が心地よい記事でした。
盛夏に向かう折、ご自愛くださいませ。

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ