・Twitter
https://twitter.com/souvenir123

・Instagram
https://www.instagram.com/eminagaoka/

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

2010/8/24

鎌田純子さんのこと  日々のこと



昼間のお仕事をもりもり終えて。
訓子さんとかき氷を食い散らかして。
色々乗り継いでふわりふわり。

どんぶらこと辿り着いた茨木のカフェ。
てんこ盛りのお客さん。
3番、スーベニールですと言ってみる。
ソウルドアウトおめでとーう。
アリーナシートに通される。
どう見てもCD物販関係者(笑)
レモンスカッシュが美味しい。

いよいよライブスタート。
歌声に酔いしれる夜。
この表情もすき。
あの曲も大好き。
おや、その歌も聴けるのですね。
「10時で」とか「12時で」とか業界用語。
この席ならではの特権。
ギターの華麗なる指さばきにも目が離せない。
そこでそのコードを使うのね!という感動。
お客さんの表情を見られるのもいい。

咲恵先生にハッピーバースデー
純パパにハッピーバースデー
だーまにハッピーバースデー
まさかの3名同日誕生日。

金網越しにボールペンの旅立ちを見送る。
金網の後ろでオカマショートーク。
恥ずかしいから読まんとって〜(笑)
ナマ足は、封印いたしますよってに。
お送りいただき、ありがとうございます。




それはそれは何年も前の話。
スーベニールの原点時代、
ニューヨークで出会った素材、
特に鍵を使ったアクセサリを
どう表現しようか試行錯誤していた日々。

作風も、収入も、これからのことも
手探りというコトバを地でいきながら
路上で販売していた時に、
歩道橋で出会ったひとりのシンガーソングライター。

その後お互いにそれぞれの道を歩み進んだけれど
驚くほどの偶然に偶然の重なりで、ここにいる夜。


咲恵先生、ありがとうございます。
http://sky.ap.teacup.com/sakue/

カフェなかちよさん、ありがとうございます。
http://cafe-nakachiyo.net/

そして、カマジュンこと鎌田純子さん、ありがとうございます。
http://ameblo.jp/kama-jun/



また会える日を心より楽しみに
ゆるりこれからも歩いてゆきます(^−^)





この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ