・Twitter
https://twitter.com/souvenir123

・Instagram
https://www.instagram.com/eminagaoka/

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

2010/7/8

マンハッタンの葛藤  ニューヨーク日記’10

 

ニューヨークを語るに欠かせない街、マンハッタンは、南北に細長い島である。
ご存知の方も多いかもしれないが、基本的には街が格子状のブロックになっており、それを分けるものが東西に走る通りのst(ストリート。○丁目にあたる)と、南北に走る通りのav(アベニュー。○番街にあたる)なのだ。(例外もあり)
分かりやすい都市計画と巡らされている地下鉄、バスのお陰で、旅行者にとっては比較的訪れやすい街かもしれない。

さて、この東西に向かってバシバシ引かれたストリート。
北に行くにしたがって「○丁目」というその数字が増えてゆく仕組みなのだが(マンハッタンの最北は確か210丁目くらい)、かつてニューヨークで出会った京都在住の友人に言わせると
「ややこしいことこの上ない」らしい。

よくよく聞いてみると、京都の市内は一条からはじまり九条十条と、これまた分かりやすい格子状の合理的都市計画にかなっているのだが、北に向かって数字が減ってゆく仕組みなので、マンハッタンを歩くときは南北間違ったまま進むことが多く、とっても混乱するらしい。

なるほどねい。



クリックすると元のサイズで表示します



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ