・Twitter
https://twitter.com/souvenir123

・Instagram
https://www.instagram.com/eminagaoka/

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

2008/7/13


7月11日

窓を覗き込むと、眼下に広がる白い粒の集合。
雲かと思ったら、北極海に浮かぶ氷の大群だった。

ニューヨークから日本までの帰国便。
気流の関係やら何やらで、ぐぐっと北上して
カナダ、アラスカ、北極海、ロシア、カムチャッカ、北海道を
経由して運行することになったらしい。

帰国のフライトでは、この24日間のこと
これからのことを考える。
手を真っ黒にして素材を探した毎週末。
スーベニールの代名詞でもある「鍵」は
郵便事故を避けるためにいつも一緒に連れて帰る。
空港の荷物預け入れで異常な重さのカバンを、
そしてX線で映し出される光景を最大級に怪しまれながら(笑)

仕入れは良好。
何度も何度も通って、お店の人と顔なじみになっていく過程。
時間はかかるけど、でも着実に育っている実感が嬉しい。

新しい素材と、不安と、希望と。
これら一気に抱えながら、これからのスーベニールがはじまる。
1年間で生まれ行く4000個のアクセサリ。
誰のもとへ行き、どんな景色を見るのだろう。



未来に絶対なんてないけれど
歩いてきた道程は目に見えて残り
5年、10年と刻まれるであろう小さな歴史を
私は大事に持っていたいと思う。

窓に広がる大きな青。
海は、どこまでも繋がっていて
空は、どこまでも高くて
私には、帰る場所がある。

きっとそれが、幸せなのだと思う。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ