・Twitter
https://twitter.com/souvenir123

・Instagram
https://www.instagram.com/eminagaoka/

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

2006/3/28

至福のひととき  日々のこと

Lushという石鹸屋さんがある。イギリスを発祥の地とし、今や世界中に支店を持つナチュラルコスメの会社だ。
良質なエッセンシャルオイルを使用したバスグッズ、ヘアケア、ボディケア用品は評価が高く、外国のお総菜やさんに入る感覚で商品を見入るとついつい時間が経つのを忘れてしまう。
気さくなショップスタッフとカラーコントロールされた店内。外まで香る独特の雰囲気。
商品のひとつひとつにこだわりが感じられるところも魅了だ。原料にはじまりネーミングやエピソード、そして企業理念。知れば知るほど手作りの愛情が感じられる。

その精神を私のアクセサリー制作に生かしていければ、と思う。お客さんを魅了するような作品を作り、ひとりひとりの日常に溶け込むエッセンシャルオイルのような存在でありたい。世界進出までは行かずとも大阪の街からオンナノコの日々を応援する作品を作り続けたい。
Lush製品を愛用しながら、そんなことを考えた。

前を向いて
上を向いて
進んでいけますように。

2006/3/28

クーパーヒューイットの話  日々のこと

クリックすると元のサイズで表示します
↑クーパーヒューイット国立デザイン美術館

はじめてニューヨークへ行った2年前、私の渡米目的のひとつにこの美術館への興味がありました。3階建ての美術館に中庭がついています。中庭ではハロウィンパーティーの準備をしていました。
入館料を払って入るとちいさなラウンジ。寄せ書きノートが無造作に置いてあり、様々な旅人が足跡を記していました。階段を上るとそこはデザインの館。洒落た家具や絵画やオブジェが並ぶフロア。もちろん自由にさわれるし写真撮影も可。落書きができる建築物もありました。
意外だったのは子どもの姿が多かったこと。美術館自体、いやその前にニューヨーク自体に子どもの姿を見かけることは少なかったのですが、ここは多かった。家族でスーパーにでかける感じで美術館に足を運ぶ。そんな印象を受けました。ちいさな頃から日常に美術の感性を取り入れる。意識はしていないのでしょうが、ああ、こういうのっていいなと思いました。





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ