・Twitter
https://twitter.com/souvenir123

・Instagram
https://www.instagram.com/eminagaoka/

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

2017/6/15


ここ数年は、ニューヨーク滞在中に絵を買って帰っている。

必ず何かを!と思っている訳ではないのだが、たまたまユニークな作家とドキドキする作品に出会うことが多いのだ。


ニョロニョロ出かけて行ったリンカーンセンターで開催されていた、屋外クラフトフェスティバル。
アクセサリーや洋服、絵画など様々なアート作品が展示販売されている。
生バイオリンの演奏などもあり、なかなか楽しめる空間なのである。


American Craft Festival
http://www.craftsatlincoln.org/showinfo.html




今年出会ってしまった一枚は、こちら(´∀`)
「Patchwork Moon」by Lavonne Nicole

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

主に独特なタッチを生かした絵画を展開することが多いらしいが、圧倒的なパワーで目に留まったのが、この作品だった。

絵の具の余り(!)を贅沢に使い、立体的に重ねあげるドラマチックな世界。
そのあまりにも奇抜な発想に

「本当に何でもアートになるんやね〜」
「えっ触ってみてもいいんですか?」
「こんなの初めて見た!」

知らぬうちに口から出たのは、私が日本で出展中によく言われていたセリフそのもので、驚きは世界を循環するんだと思った。


とても暑い日でした。写真を撮らせてくれてありがとう( ^ω^ )
クリックすると元のサイズで表示します

彼女のサイトはこちらから見られます(´∀`)
http://www.pruddygurl.com


どこに飾ろう、どう使おう。
様々なことが未定なままの絵画購入だが、ふわっと心躍る瞬間を忘れないために買う絵もまた、いいものである。




トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ