・Twitter
https://twitter.com/souvenir123

・Instagram
https://www.instagram.com/eminagaoka/

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

2013/7/14

ビジネスクラス搭乗記(前編)  ニューヨーク日記’13


忘れた頃に書く、ニューヨーク日記。
今回はビジネスクラス搭乗記でございます☆



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。




「調和を乱しては、いけない。」


それが最優先かつ最重要目標であった。



私にとって古くからの夢であり希望であり野望であったニューヨーク→日本便ビジネスクラスの旅。
これまで溜めに溜めて溜めまくったマイルを使って、10年目にしてやっと願いがかなったことはいつか書いたが、いざユナイテッド航空に乗り込む段階になると、これまでにない種類の緊張が私を襲った。


あくまでもイメージだが、ビジネスクラス(やファーストクラス)というものは、私の中でオトナの社交場。実際に社交するかどうかはさておき、経済的クラスとは明らかに一線を画す座席およびサービスおよびお料理およびお値段。

そう!お値段。

往復で約50万円するこの価格を知った時は、目玉が転がって旅に出るのではないかというほど驚いた。
乗客全員が自腹を切って乗っているとは思わないが、この搭乗を何かの記念にと心から楽しみにしている人々もいるだろう。
そういう人たちの調和を乱してはいけない、と固く心に誓った出発準備であった。


搭乗にあたって一番初めに悩んだのが、服装である。
ドレスコードがあるかどうかは知らないが、セレブリティな(と私が思っている)人達に違和感を与えないように、と頭をひねって考えること3日間。

現地で散々使い込んだリュックサックとボロボロのズボンはスーツケースの奥深くにしまい込み、シンプルで仕立ての良いシャツとボトムスで無難に仕上げることに。
ニューヨークで見つけた新しいショルダーバッグを小脇に抱えるなど、何事もなかったかのように出発するのに苦労した。


クリックすると元のサイズで表示します


こうして参上した空港のゲート。
ユナイテッド航空ニューヨーク発サンフランシスコ経由日本への旅。
スーベニール10年目記念のビジネスクラス搭乗機は後編に続くのであった。







トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ