2006/2/26

日向神マルチピッチルート登攀(SKルート他)  岩登り

<山行報告>
日向神マルチピッチルート登攀(SKルート他)

【日   時】2006年2月25日(土)
【メンバー】洲鎌猛雄、松井清明
≪コースタイム≫     
  取付点(10:30)===終了点(13:30)――懸垂下降(3回)―-取付点(14:10)
≪ 報 告 ≫
  今年に入って日向神のマルチにトライし始めて3度目になる。1月29日に洲鎌さんと挑んだ「パウダー」ルートのリベンジのつもりであった。K1さんにメールで尋ねたところ、1月の取り付き点より少し上部の藪の中に稲妻型のクラックが走っているのでそれが目印だということだったがどうしても見つけられない。洲鎌さんが到着するまで、向かいの斜面に登って全容を観察し、トポと見比べるが納得できるルートはいまいち見出せない。
  洲鎌さんの到着を待って、とりあえず前回と同じ取り付き点から登って観察しようということにした。今回は1ピッチ目を松井リードで取り付く。1ピン目に洲鎌さんのショルダーを借りてプリクリップ。この最初の1ムーブをフリーで抜けようと頑張るがやはり無理。A0になってしまった。今回はワイヤーブラシを準備しており埋もれたホールドは掘り出すことにした。5m直上から右へルートを取った。10m付近から真っ直ぐ上に向かうと前回のルートとなる。今回はさらに右上へとトラバースしてみた。しかしながら20mを越えた辺りでヌンチャク不足となってしまった。仕方ないのでRCCボルト一本をビレイポイントとする。洲鎌さんがフォローで登ってきた。ここで、ビレイ点手前のランニングビレイをはずしてしまうとRCC1本で二人を支えることになるので、最後のランニングははずさずにZクリップのような格好になるがそのまま登ってもらうこととした。僕がビレイしているポイントからすぐ上が細かく厳しい。右側に回りこむと何とか抜けられた。5m上にビレイポイントがあった。次のピッチは直上から右に移動して、ハングを左から巻き込むように越えるようだ。ここには大きな浮石あり。慎重に越えて松の木を回り込むとビレイポイント。
  4ピッチ目は大きなハングの下に人工で達するものだ。洲鎌さんは少しのA0でクリア。ここも、フリーなら極めて厳しい。ここからは本来なら左へのトラバースなのかもしれなかった。が、はっきりしないし左上には完全にA1〜A2の人工ルートがあるののみなので右上へ向かうこととした。今にも落ちそうな草付きで形ばかりのビレイをとって、右のスラブを見るとビレイ点が見える。そこに向かってロープを伸ばした。ここには、懸垂下降用のカラビナが残置してある。ここからは右上にブッシュが、左のハングにもRCCボルトが見えるが1本しか見えないのでそちらは無理と判断。洲鎌さんが右上のブッシュに向かって登っていく。途中には水をたっぷり含んだ苔がありその下はべちゃべちゃに濡れている。慎重に越えて立ち木でビレイ。ここで、終了とする。
 ここから、3回の懸垂で最初の取り付き点の下の方、おそらくSKルートの取り付き点と思われる地点に降りたった。
 一応、上まで抜けられたのでよしとしよう。3ピッチから上はSKルートだったようだ。さらに右上したのでまた別のルートで終わったようだ。左側の「パウダー」に向かうルートはどうしても見出せなかった。
 洲鎌さんお付き合いありがとうございました。今度はK1さんにリードしてもらわなくては・・・
では、

写真は懸垂下降中の洲鎌さん。湖面には春の息吹が・・・
クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ