2011/12/18

蹴洞岩-中央稜(日向神)  岩登り

<山行報告>
蹴洞岩―中央稜(日向神)・・・マルチピッチライミング

【報 告 者】キーボウ
【日   時】2011年12月18日(日)
【参 加 者】ますも(M)、キーボウ(K)
【時   間】スタート(13:30)-終了点(15:30)-(懸垂下降)-取付(16:00)
  
≪ 報  告 ≫
 忘年会明けの日曜日、午前中は日向神の道路わきのコンクリート壁での救助訓練。午後からは、ますもさんと2人で最近T村さんらがリボルト(フリー化)された蹴洞岩の中央稜を登ることにした。サンセットエリアの最上部エリアまで登ると、右にカンテが見える。これが中央稜だ。取り付きまでは綺麗に整備されておりFIXロープも張ってある。見上げると、ほぼ垂直に伸びたカンテを登るようだ。

クリックすると元のサイズで表示します
【中央壁の上部(ゲンゾウルートの終了点)から見下ろした蹴洞岩全景。中央の赤丸が中央稜】

・1ピッチ(25m)5.8くらい。
 (K)やさしいとはいえ、いまいちホールドは信用できない。丁寧に土はおとしてあるが、手にざらついた感じ。慎重を期して危ないところではA0。1、2ピッチは通して45mくらいなので一回で登れるのだが、ヌンチャクを10本くらいしか持って行かなかったので25mの本来の1ピッチで切る。

・2ピッチ(20m)5.9くらい。
 (M)5mくらい直上すると被り気味になる。ホールドも見つけにくい。少し微妙な部分を抜けるとガバになり安心。立木もあり、縦に張り出したテラスはしっかりしている。
クリックすると元のサイズで表示します
【2ピッチ目をリードするますもさん】

・3ピッチ(15m)5.10b/cくらい。
(K)フリーのルートなら快適だろうが、ここはなにせ左右がすっぱりと切れ落ちた細いカンテの本ちゃんルート。フリーにはこだわらず、A0でスピード重視の方針とする。
3ピッチ目のビレイポイントから向かいの東稜を見ると、登り終えたK嶋さんら3人のパーティが懸垂下降しているのが見える。左奥の正面岩下のバルコニーエリアにはフリークライマーが見えた。若干被っているので下でビレイしているますもさんは見えない。

クリックすると元のサイズで表示します
【東稜を登って懸垂で降りるK嶋パーティ】

クリックすると元のサイズで表示します
【正面岩を望む。右下にバルコニーエリアで登るクライマーが見える】

・4ピッチ(20m)右ルート;5.11a、正面ルート5.11c。
 (K)迷わず右の11aルートへ。右へトラバースしてハングを越える。この辺りが5.11のムーブか。足元は100mくらい切れ落ちている。空中に投げだされるような凄い高度感だ。次は、左に回り込んで、ハングの下をまた右へ。弱点を突いた好ルート。古いA1用のリングボルトが多く残っている。最初に開拓した人は本当に挑戦的な人だ。頭が下がる。ここも当然A0で。
でも、これだけをフリーで登りに来ても面白そう。RPは可能そう。

・5ピッチ(20m)5.10bくらい。
 (M)ますもさんは4ピッチ目で腕がパンプしてしまったようで、結構てこずっていた。僕もセカンドなのでフリーで抜けようとしたがやはりA0へ。
終了点の松の木で終了。

下降は、真っ直ぐブッシュ帯を登って、左の稜に進み東稜ルートを2回懸垂下降して、サンセットエリアに戻るようだが、今回は登ったルートを下降することに。
まず、5ピッチ目のみを懸垂下降。4,3ピッチは一気につないで懸垂下降。このピッチは完璧に被っているので空中懸垂となる。着地が難しい。2、1ピッチも一気につないで懸垂下降。
これで、ようやく取り付きに到着。100m程度の短いルートでしたが、充実したクライミングが出来ました。
まだまだ剥がれる岩があるようです。慎重に取り付くことが必要でしょう。
パートナーのますもさん、お疲れさまでした。
クリックすると元のサイズで表示します
【フリーのサンセットエリアを見下ろす。道路は真っ直ぐ下に見える】
6



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ