2011/9/23

緑仙峡の岩場でクライミング  岩登り

<山行報告>
緑仙峡の岩場・・・フリークライミング

【報 告 者】キーボウ
【日   時】2011年9月23日(金)
【参 加 者】マミリン、イッセイ、りりぃ、キーボウ
      

≪ 報  告 ≫
今日はトレランの前日ということで、緑川流域の緑仙峡の岩場で登ることにしました。
穿神社の近くに車を止め、緑川に降りて行きます。洞窟の右側で緑川を渡渉するのですが、今日は水量が多い。去年はくるぶしあたりしか無かったのですが、今日は膝まで浸かる状態。そして猛烈に冷たい。なんとか渡り切り急な岩場を登るとイラクサだろうか触れると刺激を感じる草に捕まる。

クリックすると元のサイズで表示します
【緑川の渡渉】

5分も登らないうちに穿エリアに到着。ここは、左から「プリンセスストリート(5.10a)」、「クイーンストリート(5.10a)」、「ティータイム(5.9)」の三本がある。

「山遊浪漫」という素敵な名前のHPを持つ興梠博隆氏が中心となって開拓したエリアだ。最近、全く登られていないのか、HPの写真と違って草付が多い。草を引き抜きながらの登攀となった。まず、イッセイさんが「クインストリート」をオンサイト。続いて僕が「プリンセスストリート」にトライ。下半分はピンが無いのでカムで支点を取る。核心部に辿りつくと土のようないろをしていたのは苔(?)、ヌルっとする。ホールドの少ない右の方へ移動すると、そこであえなくテンション。もう少し乾かないと駄目なようだ。続いて、イッセイさんが右端の「ティータイム」をマスターオンサイト、さらにマミリンもりりぃもフラッシュで続く。
やがて日が当りだして暖かくなり岩も乾いてくる。マミリンとりりぃが「クインストリート」に取り付く。二人とも核心部を越えられない。僕が、登ってムーブを確認。マミリンはリーチが足りないようだが、りりぃは完璧に越えて2便でRP。

クリックすると元のサイズで表示します
【クインストリートの核心を越えるりりぃ】

イッセイさんは「プリンセスストリート」もオンサイト。僕もなんとか再登。
たった3本のルートだったけど、自然に帰りつつある岩場のため結構グレードが高くなったようで、十分楽しめました。
すでに、3時を回ったので、引き上げることにしました。
皆さん、お疲れさまでした。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ