2007/2/25

日向神マルチ(八女ルート)  岩登り

<山行報告>
八女ルート(日向神 正面岩)・・マルチピッチクライミング
【報 告 者】松井
【日   時】2007年2月25日 (日)
【参 加 者】洲鎌猛雄、松井清明

≪コースタイム≫     
日向神正面壁下駐車スペース(10:00)〜登攀開始(10:30)〜 終了点(14:30)〜奥壁エリア(15:30)

≪ 報 告 ≫
「ゲンゾウルート」に続き二回目の正面壁マルチルートとなった。「ゲンゾウルート」よりは難しいとの情報を得ていたがどんなものか期待を持って取り付いた。
今日は久々洲鎌さんとのペアで登ることとした。前回の「ゲンゾウルート」をご一緒した川上さんには申し訳ないが、やはり結構厳しい(同行しなくて良かった)と思った。
天候は曇り、だが雨の気配はない。スタート地点は、2週前の「ゲンゾウルート」から20mあまり上部(左)だ。
「ゲンゾウルート」と同じようなボルトラダーが真直ぐ上に伸びている。
全6ピッチなのでつるべで登るとして各3ピッチのリードの分担になる。かなり線のルートのように感じられたので10.5mmのシングルで登ることにした。敗退を考えて、9mmロープをセカンドが引きづることとした。荷物も一つにまとめ、これもセカンドが背負うことにした。

1ピッチ目;松井リード、
苔コケの1ピッチ目は、しょっぱなからスタンスがずるずる滑って立てない。アブミをすぐに出してA1からスタートだ。アブミを使ってしまうとフリーへの切り替えは精神的に至難の業だ。
ということで、1ピッチ目はオールアブミで突破。
【1ピッチ目をリード】
クリックすると元のサイズで表示します

2ピッチ目;洲鎌リード、
ここはしょっぱなからA2のハング越えとなる。リングボルトが真直ぐハングの正面にあるが、右側にハングを避けるようにRCCボルトとその上にペツルのハンガーがある。これはフリー化されたのかと思い洲鎌さんも右上するがペツルのハンガーの上には何もないようだ。
仕方なく正面のボルトダラーに戻って、ハングを越え、続く渋いフェースを登る。ビレイしている僕の手の感覚から厳しさが伝わる。「ビレイ解除!!」の声を聞いた時は、かなり時間が経っていた。セカンドでハング越えをしたがこれは厳しい。右側のヌンチャクが回収できない。テンションを掛け、振り子トラバースで回収することになった。
【2ピッチ目、ビレイ中の洲鎌さんとフォローする松井】
クリックすると元のサイズで表示します

次の3ピッチ目はそこそこ。でも、1〜2回、アブミを出してしまった。だが、高度が上がるにつれ傾斜は緩くなる。
4ピッチ目は洲鎌さんの番、少し手前でピッチを切ったようだ。5ピッチ目は凹角のはずがフェース登りだ。少し左にずれていたことが解る。左にはRCCのボルトが適宜打ってあるのでフリー化のプロジェクトかな?フェースから右手にトラバースして凹角の上部でビレイ。
最後の6ピッチ目は洲鎌さんの番。しかし、こちらも厳しい凹角だ。濡れている上に苔がびっしり。プロテクションも2ピン目が縦に伸びたリングボルトと精神衛生上大変悪い。洲鎌さんが取り付くも、危険は冒せないと降りて来られた。まあ、こんなぐずぐずのピッチは僕の方で何とかするしかない。
幸い、左のカンテ上に掛の良さそうなホールドを見つけていた。足は、ステミングとして凹角の中には決して立たないようにすることだ。ここは、絶対落ちれないところだ。グレードは5.8くらいだろうがこの場所でこの環境ではめちゃ厳しい。なんとか気合で乗り越えた。その先は、階段状のスラブだが終了点がわからない。正面の一番高いところをと思ったが、ロープが足りないようなので左のブッシュの松の木でビレイ。
40m以上ロープは伸びているし、ルートが屈曲しているのでなかなかコールが届かない。何とか、洲鎌さんが登ってくることがわかったが、ロープに強いテンションを感じる。後で聞けば、マッシャーでゴボウのようにして登ってきたとか。やはり、厳しいピッチだったようだ。
ここを終了点としてブッシュを左に巻いて登るとピークに到着。ここは、先週川上さんと来たピークだ。これでもう安心。休憩して、赤テープを頼りに下れば奥壁エリアに到着した。
【正面岩頂上からの展望】
クリックすると元のサイズで表示します

ここでは、山道さん、加藤さん、それから枝村さんのグループ(中野さんも入られていた)、古川さんのグループと合流。
加藤さんに「影法師(5.10c)」を登ってもらい、日向神のグレードを体感してもらった。最後に、枝村さんにセットしていただいたヌンチャクを使って「つくつくほうし(5.8)」でクールダウン。でも、これも疲れた体には厳しかった。

川上さん一緒に登れず申し訳ありませんでした。山道さん、フォローありがとうございました。
加藤さん、また日向神で登りましょう。マルチを含めて・・・

最後に、お相手くださった洲鎌さんお疲れ様でした。ありがとうございました。
ルートは、いまいちでしたが、岩は良いところでした。いつかは、リーズナブルなフリーのルートを引きたいと思ったものでした。では、
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ