2011/9/25

比叡山開拓50周年行事の後はニードルへ!  岩登り

<山行報告>
ニードル左岩稜(比叡山)・・・マルチピッチライミング

【報 告 者】キーボウ
【日   時】2011年9月25日(日)
【参 加 者】シロキリ、A東、りりぃ、キーボウ
  
≪ 報  告 ≫

 比叡山開拓50周年記念行事で菅原公民館に泊った我らは、日曜日に比叡山を登ることにした。当初はりりぃと2人でIII峰の「左方カンテ」を登ろうと思っていたけど、天候がいまいち。標高1000m以上ではもう雨のようだ。このため、時間が短いニードル左岩稜を登ることとした。更に、シロキリさん、A東さんも我らのチームに入るということで、4人で登ることにした。また、84、タミーペアも同じルートを登ることになった。

 千畳敷から10分くらい登って、取り付きに到着。なんとシロキリさんはクライミングシューズがザックに入っていない。運動靴で登るという。オーダーは僕がリードでりりぃとシロキリさんがセカンドに、シロキリさん後ろにシングルロープでA東さんが繋がるというスタイルをとった。ダブルフレークは僕の場合フィストが決まらないのであっさりあきらめ、ノーマルルートからスタートする。ところどころに浮き石(岩)がありグレード以上に怖い。

 2ピッチ目は核心のVI-だ。小さなカムは無かったので、シロキリさんのナッツを決める。しっかりと固定できた。昨年はきっちりノーテンで抜けたのに今回は気合いが入らずA0になってしまった。フレークの上側に残置のナッツがあり、ありがたく使わせてもらった。ここで、ナッツを固定するのは厳しい状態なので助かりすぎ。右側になんとかトラバース。ここから真っ直ぐ上を目指す。なんと、残置のヌンチャクがあるではないか。核心は越えたので敗退ではなく単に回収を忘れただけだろう。このヌンチャクの横にも浮き石がある。

 次の3ピッチ目はニードルの頭に抜けるハイライトのピッチだ。もともと、ニードルを目標に来たわけではないのでカムの数が不足。下の方でかなり使ってしまったので上部はかなりのランナウトだ。まあ、クラックに足を捩じりこめば落ちることはないだろう。

クリックすると元のサイズで表示します
【3ピッチ目をフォローのりりぃ】

 やがて、ニードルの頭に到着。まだ9時過ぎだ。1時間ちょっとで登って来たことになる。続いてシロキリさんがガシガシと登ってきた。運動靴での登りにしてはずいぶん速い。なんか基本的にレベルが違うのかも。りりぃも続いて登って来てすごく満足そうな笑顔。最後にA東さん、ビレイのシロキリさんはグリップビレイだ。ここでも、クラシックスタイル?

 ここから、ニードルのコルへの懸垂下降。皆さんが降りる頃、84さんが登って来た。シングルロープなので懸垂は僕らのロープを使って全員下降。
コルではなく左側の微妙な隙間を越えた地点に降りることにした。
狭い隙間を抜けてきた3人はメタボチェックのようだったとのこと。84、タミーさんとみんな揃って帰途に着いた。

クリックすると元のサイズで表示します
【今回のメンバー、左からA東、シロキリ、りりぃ、キーボウ】
4

2011/9/23

緑仙峡の岩場でクライミング  岩登り

<山行報告>
緑仙峡の岩場・・・フリークライミング

【報 告 者】キーボウ
【日   時】2011年9月23日(金)
【参 加 者】マミリン、イッセイ、りりぃ、キーボウ
      

≪ 報  告 ≫
今日はトレランの前日ということで、緑川流域の緑仙峡の岩場で登ることにしました。
穿神社の近くに車を止め、緑川に降りて行きます。洞窟の右側で緑川を渡渉するのですが、今日は水量が多い。去年はくるぶしあたりしか無かったのですが、今日は膝まで浸かる状態。そして猛烈に冷たい。なんとか渡り切り急な岩場を登るとイラクサだろうか触れると刺激を感じる草に捕まる。

クリックすると元のサイズで表示します
【緑川の渡渉】

5分も登らないうちに穿エリアに到着。ここは、左から「プリンセスストリート(5.10a)」、「クイーンストリート(5.10a)」、「ティータイム(5.9)」の三本がある。

「山遊浪漫」という素敵な名前のHPを持つ興梠博隆氏が中心となって開拓したエリアだ。最近、全く登られていないのか、HPの写真と違って草付が多い。草を引き抜きながらの登攀となった。まず、イッセイさんが「クインストリート」をオンサイト。続いて僕が「プリンセスストリート」にトライ。下半分はピンが無いのでカムで支点を取る。核心部に辿りつくと土のようないろをしていたのは苔(?)、ヌルっとする。ホールドの少ない右の方へ移動すると、そこであえなくテンション。もう少し乾かないと駄目なようだ。続いて、イッセイさんが右端の「ティータイム」をマスターオンサイト、さらにマミリンもりりぃもフラッシュで続く。
やがて日が当りだして暖かくなり岩も乾いてくる。マミリンとりりぃが「クインストリート」に取り付く。二人とも核心部を越えられない。僕が、登ってムーブを確認。マミリンはリーチが足りないようだが、りりぃは完璧に越えて2便でRP。

クリックすると元のサイズで表示します
【クインストリートの核心を越えるりりぃ】

イッセイさんは「プリンセスストリート」もオンサイト。僕もなんとか再登。
たった3本のルートだったけど、自然に帰りつつある岩場のため結構グレードが高くなったようで、十分楽しめました。
すでに、3時を回ったので、引き上げることにしました。
皆さん、お疲れさまでした。

0

2011/9/12

のんびり法華院温泉&大船山  ハイキング

<山行報告>
法華院温泉〜大船山(久住山系)・・ハイキング

【報 告 者】キーボウ
【日   時】2011年9月12日〜13日
【参 加 者】キーボウ(O田)

≪コースタイム≫     

9月12日(月) 植木IC(8:45) 〜〜阿蘇経由〜〜久住本山登山口(11:15)――稲星山分岐(13:45)――中岳分岐(14:00)――法華院温泉山荘(15:15)
9月13日(火) 法華院温泉山荘(8:00)---段原(9:30)---大船山山頂(10:00/10:30)
---立中山分岐(11:20)--立中山方面わからず---坊がつる(12:00)---鉾立峠(12:30/
13:00)---佐渡窪(13:30)---本山登山口(15:15)

≪ 報 告 ≫

福岡の友人に誘われて久々の山歩きをしてきました。
今回は法華院山荘泊まりという豪華楽勝コースです。

植木ICで友人を乗せて、久住の南側に回り込みました。僕は北側のメジャーな登山ルートよりもこちらからのルートの方が好きです。
沢水キャンプ場先の本山登山道入り口に駐車。平日にもかかわらず、すでに一台の車があった。
準備を整えて、本山登山道を一気に登り始める。平地では好天だったのに登るにつれて雨雲の中へ入って行く。展望も得られずあまり楽しくない。
途中、先般の車の持ち主の女性を追い越した。このルートは昔はメジャーだったのだろうが、今は登る人は少ないようだ。 
途中大きな崩壊地の傍らを登って行き、詰まったところを左に左にトラバース。仰ぎみれば右手上部は大きな岩壁となっている。
そのうち、左に稲星山を分ける分岐に到着。真っ直ぐ中岳方面に進む。正面が中岳、右手が法華院の別れに到着。中岳に登っても何も見えないので即右手の法華院方面の道を辿る。
ここは、ところどころ崩壊もあり、少し危険なルートかもしれない。
でも、3時過ぎには法華院温泉に到着。

クリックすると元のサイズで表示します
【法華院温泉山荘】

山荘でゆっくりできる。夕食は6時からなので、温泉にちょっとのお酒とまったり過ごす。
登山道の始めの方で追い越した女性がまだ到着していない。少し心配だったが18時頃には到着。聞けば、白口岳から鉾立峠に降りてくるところを間違えたようだ。久住分かれまで進んで北千里浜のメインルートをダッシュで降りてきたそうだ。お疲れ様!
混む季節を外し、なお平日ともあれば山荘の宿泊者は少ない。食事つきが6人、食事無しが2人の計8人か。乾燥室も使えて濡れた衣類にとっては嬉しい。
雨も止み、夜中には中秋の名月も見えたそうだが、僕は熟睡。
翌日は晴れ。ゆっくりと朝食を食べ、8時にスタート。大船山を目指す。今日は昨日同じルートを登ってきたK坪さんも加わり、3人での行動とした。時々ガスはかかるが基本的には好天。昨日のように濡れることはない。段原を経て大船山には予定通り10時頃の到着となった。

クリックすると元のサイズで表示します
【大船山から北大船山方面】

時々、ガスが切れて三俣山や中岳が顔を出す。由布岳も山頂付近が見え隠れする。ゆっくり展望を楽しんで、下山。途中、立中山分岐の看板を左に進みテープを目印に進むが元の登山道に戻ってしまった。きっちり地図を読まなくてはいけないルートのようだった。今回は立中山方面はあきらめ、元来た道を戻ることにした。法華院から九州自然歩道を鉾立峠へ。

クリックすると元のサイズで表示します
【鉾立峠】

鉾立峠で昼食休憩をとり、佐渡窪、鍋割峠、くたみ分かれを過ぎて登山口に戻った。
相棒のO田さん、お疲れさまでした。二日目から合流したK坪さん、楽しい登山になったでしょうか?
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ